2024年06月15日

HyperOS magiskでroot化するとこんなに便利!?

Xiaomi端末としては購入タイミングの新しい順で、Poco X6 Pro 5G、Pad 5 Pro 5G、Mi 11 Proを使っていて、それら全てブートローダーをアンロックしてHyperOSにしてMagiskでroot化して使っています。

hyperos.jpg

Xiaomi端末を最初にroot化したのが2021年の5月だから、もうそれから3年くらいウィークリーアップデートもあったりして毎月のようにMagiskでroot化している感じです。今週は毎日ですが...・(^^;

root化の主な目的はシステムフォントを明朝体化することですが、それ以外にも簡単で便利な使い方が出来ています。

本日はroot化後の便利機能について投稿しようと思います。

まずはroot化することの一般的に言われるデメリットについて、copilotさんに教えてもらいましょう。↓

Androidをroot化することにはいくつかのデメリットがあります。主なものを以下に挙げます。

セキュリティリスクが高まる:root化すると、デバイスのセキュリティ機能が低下し、ウイルス感染やハッキングのリスクが高まります。
メーカーのサポート対象外になる:root化されたデバイスは保証やサポートの対象外となり、故障時の修理などが受けられなくなります。
端末が不安定になる:root化によってデバイスのパフォーマンスが不安定になり、フリーズや処理落ちなどの問題が発生する可能性があります。
文鎮化のリスク:root化に失敗すると、デバイスが完全に機能しなくなり、修復が困難または不可能になることがあります。
ゲームやアプリが起動しなくなる:一部のアプリやゲームはroot化されたデバイスでは起動しなくなることがあります。

これらのデメリットを考慮した上で、root化を行うかどうか慎重に判断することが重要です。安全性や保証の面でリスクを避けたい場合は、root化を避けるべきでしょう。また、root化を行う際には、信頼できる方法とツールを使用し、必要なバックアップを取るなどの準備をすることが推奨されます

次にroot化の手順について、copilotさんに教えてもらいましょう。↓

・ブートローダーアンロック
 micommunityに参加して30日待つ
 OEMロック解除を有効にする
 Miアンロック状態からデバイスを登録
 アンロックツールからアンロック要求して72時間待つ
 アンロックツールでアンロック

・magiskをインストールしてroot化
 afb/fastbootツールの準備
 fastboot版のROMのダウンロードと解凍
 magiskアプリのインストール
 ブートイメージへのmagiskでパッチを当てる
 パッチ後のブートイメージの書込み


次は便利なmagiskモジュールやアプリについて説明します。

・システムフォント変更
 大抵のAndroidスマホはゴシック体の日本語表示で、明朝体を好む人には眉をひそめたくなる状況ですが、root化のお陰で好きな明朝体を好きなタイミングで切替えて使えるので、飽きが来なくて良いですよ。
 フォント変更モジュールは「magisk-module-koruri-font.zip」を改造するのが簡単です。↓
 koruri.jpg

 好きな日本語フォントへの変更方法は、こちらの過去記事を見てください。

・その他のMagiskモジュール
 タップ操作音を小さくするモジュールについては、こちらの記事を見てください。
 その他にも便利なものはありますが、ここでは割愛しました。(^^;

・不要アプリの無効化
 PlayStoreにある「アプリを無効にする」が簡単で便利です。 
使わないアプリをアンインストールできるものなら良いですが、簡単に無効化出来ないものはroot化して無効化出来るのが良いですよ。
 apurimukou.jpg

 無効にしたアプリを簡単に把握できる点が気に入っています。↓
 s-1718420792297.jpg
 無効にしたアプリが簡単に分かる

・広告ブロック
 ブラウジングする時に広告の多いサイトでは、見たい情報が見難くなったりしますが、AdAwayをインストールすると、見たい情報に簡単にアクセス出来るのは良いですよ。
 PlayStoreには無いので下記からダウンロードしました。
 adaway.jpg

 AdAwayの利用方法は、こちらの過去記事を見てください。

・リブートツール
 PlayStoreにある「Super Reboot」が簡単で便利です。reboot.jpg
 
 再起動屋シャットダウンするのは意外に面倒ですが、Super Rebootを使うと手間なく再起動出来るので便利ですよ。
 長い事使っていると動きが不安定になることも多いので助かります。

・ファイルエクスプローラー
 PlayStoreにある「Root Explorer」が簡単で便利です。
 explorer.jpg

 システムファイルの中身を確認したりするのに便利です。

・Linux Shell
 PlayStoreにある「Termux」が簡単で便利です。
 termux.jpg

 システムファイルの所在をfindコマンドで探したりするのに便利です。

・root検知アプリ対策
 root化していると、その状態を検出して動かなくするアプリがあることには腹立たしいですが、Magiskは標準機能でアプリからの検出を回避してくれる機能があるので助かります。
 s-1718423142081.jpg

 DenyListを構成から、アプリからのroot検知を回避できます。
 s-1718423254059.jpg

普段利用しているrootツールを紹介してきました。

どれもこれも実績のあるツールで、使い方を間違えなければ安全・安心・便利です。

root化を実施している人の一助になれば幸いです。(^^)/

以上、参考まで。


posted by シニアな年金生活者 at 12:57| 山口 ☁| Comment(0) | pocox6pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月08日

HyperOS テーマ設定をカスタマイズしてみた!?

Xiaomi Poco X6 ProとMi 11 ProをHyperOSグローバル版で使用しいていますが、変わり映えのしない画面をカスタマイズしようと挑戦してみました。

設定画面のテーマから、可愛らしいタイプを選択してみました。

s-1717805071155.jpg
テーマ画面の中のPower your productivityを展開

s-1717805071144.jpg
このテーマを適用してみました。

ロック画面が斬新な感じです。↓

s-1717805071137.jpg
ロック画面にはカメラや電話の起動ボタンもあります。

s-1717805071129.jpg
ホーム画面

アイコンだけは見難くなったので、標準を選んでみました。

s-1717805071108.jpg
アイコン設定画面

このテーマだと設定画面で壁紙が透けて見えます。↓

s-1717805071122.jpg
設定画面

s-1717805071115.jpg
デバイス情報

以上のように、テーマを選んで適用するだけで、普段とは違ったスマホになる感じです。

見慣れた画面もテーマを変更して、気分を変えてみるのも良いでしょう。(^^)/

以上、参考まで。
posted by シニアな年金生活者 at 09:20| 山口 | Comment(0) | pocox6pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月06日

Poco X6 Proのタップ操作音を小さくする(要root)!?

Poco X6 Proに限らずHyperOS(Android14)のタップ操作音をオンにすると、音が大きくないですか?

s-1717640810878.jpg
サウンド設定の追加設定画面

タップ操作音は鳴らしたいけど、人前でタップ音を鳴らすのは気が引けますね。(^^;

そこで折角Magiskでroot化しているので、音を小さいものに変更したのでその方法を投稿します。

使用したMagiskモジュールは以下のものです。↓

s-2024-06-06.jpg

右上のコードボタンからZIPファイルでダウンロードしました。

ファイル名は「magisk-custom-sounds-master.zip」で、これを解凍しました。↓

s-2024-06-06 (2).jpg

このcustomize.shの中身の一部を変更しました。

mkdir -p $MODPATH/product/media/audio/ui/
mkdir -p $MODPATH/system/product/media/audio/ui/
for file in $(find /sdcard/UISounds/*); do
cp -rf $file $MODPATH/product/media/audio/ui/
cp -rf $file $MODPATH/system/product/media/audio/ui/
ui_print "- Copied $(basename $file)"
done
ui_print
赤字部分はsystemからproductに変更しました。

Poco X6 ProやMi 11 Proの場合には、サウンドファイルの所在が/system/media/audio/uiですが、ファイルを置き換えるのは/product/media/audio/uiなので変更しました。

そしてフォルダごとZIPファイルに圧縮しなおせば、モジュールの完成です。

置換えるサウンドファイルは、内部共有ストレージに「UISounds」という名前のフォルダを作って、その中にタップ操作音の置換えファイルを「Effect_Tick.ogg」という名前でおきました。

s-1717642859288.jpg
/product/media/audio/uiに置き換えるファイル

参考までに、これらのファイルは以下から拝借しました。↓

2024-06-06 (3).png

「*_48k.ogg」が音が小さい感じです。

Magiskでのモジュールのインストールは以下のように行いました。

s-1717643473822.jpg
右下のモジュールをタップします。

s-1717643473808.jpg
ストレージからインストールをタップします。

s-1717643473799.jpg
magisk-custom-sounds-master.zipをタップします。

s-1717643473790.jpg
OKをタップします。

s-1717643473782.jpg
完了したら、再起動をタップします。

以上で、タップ操作音などを音の小さいものに置き換えることが出来ました。(^^)v

ということで、

タップ操作音が小さくなったことで、人の目を気にすることなく快適にタップ出来ます。

Xiaomi Poco X6 Proなどを使っている人で、タップ操作音を小さくしたい人にお薦めです。

ちなみにファイルの中身を空にすると、その音は鳴らなくなるようですよ。(^_-)-☆

以上、参考まで。
posted by シニアな年金生活者 at 12:21| 山口 | Comment(0) | pocox6pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月31日

Poco X6 Pro システムフォントを変更した!?

Poco X6 ProのシステムフォントはMiSansというXiaomiによってデザインされたものが標準になっていますが、あまり好きではありません。

s-1717124993012.jpg
日本語はゴシック、英数字もゴシック

というのは以下の理由によります。

・日本語は明朝体が好き
・英数字は太めが好き

だからブートローダーをアンロックしてroot化して、フォントを変更することを常にしています。

とういうことで、英数字を太めのイタリックに近いもの、日本語にはGoogle Fontsから明朝体に変更します。

・英数字を変更する

 設定画面のディスプレイと明るさの画面からフォント設定を選択します。

 s-1717125013467.jpg

 追加ボタン(・・・)をタップしてフォントを追加します。

 s-1717125013461.jpg

 少し太めのイタリックが好きなので、「Endless Road」を選びました。

 s-1717125013455.jpg

 無料をタップしてダウンロードしました。

 s-1717125013449.jpg

 適用をタップして英数字フォントを変更します。

 s-1717125013443.jpg

 フォント設定画面で選択が変わったことを確認できます。

 s-1717125013436.jpg
 英数字がEndless Roadになりました。

 以上で、英数字が好きなものに変更出来ました。(^^)v

・日本語を明朝体に変更する

 Magiskように開発されたフォント変更モジュール「magisk-module-koruri-font.zip」を改造して好きな日本語フォントに変更します。

 上記モジュールを開発されたAndroPlusさんには感謝です。m(_ _)m

 今回使用するのは、Google FontsのShippori Mincho B1です。↓


右上の「Get font」からダウンロードして解凍しました。

「magisk-module-koruri-font.zip」を解凍したSystem\fontsフォルダにあるKoruriフォントをShippori Mincho B1に名前を替えずに置き換えます。

フォント 置換フォント
Koruri-Light.ttfShipporiMinchoB1-Regular.ttf
Koruri-Regular.ttfShipporiMinchoB1-Medium.ttf
Koruri-Semibold.ttfShipporiMinchoB1-SemiBold.ttf
Koruri-Bold.ttfShipporiMinchoB1-Bold.ttf
Koruri-Extrabold.ttfShipporiMinchoB1-ExtraBold.ttf

 置き換えたら、解凍フォルダごとzip圧縮してMagiskモジュールとして使用します。

 ここでは、「shippori-font.zip」という名前にしました。

 s-1717125013429.jpg

 Magiskのモジュールタブをタップして始めます。

 s-1717125013421.jpg

 ストレージからインストールをタップします。

 s-1717125013408.jpg

 作成したモジュールを選択します。

 s-1717125013401.jpg

 OKボタンをタップします。

 s-1717132232081.jpg

 インストールが完了したら再起動ボタンをタップして完了です。

 Magiskのモジュールタブで追加されたことを確認できます。

 s-1717131182820.jpg

 s-1717129174876.jpg
 日本語がShippori明朝になりました。

 以上の作業で、日本語を明朝体に変更出来ました。(^^)v

やはり好きな書体でPoco X6 Proを使えるって、超気持良いものなのでした。

システムフォントを好みの書体に変更したい人は、挑戦してみるのも良いでしょう。

以上、参考まで。
posted by シニアな年金生活者 at 13:06| 山口 ☔| Comment(0) | pocox6pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月30日

Poco X6 Pro Android14のイースターエッグで遊んでみた!?

Androidの場合のイースターエッグとは、Androidに隠された意図的なお楽しみ要素を指します。

これは、ユーザーが通常の操作や機能を使用して発見できるもので、開発者が秘密裏に追加したり、遊び心を込めて作成したりすることがあります。

Android 14では、宇宙船を操作して新しい惑星を目指す隠しゲームが用意されています。

以下は、Android 14でイースターエッグを表示して遊ぶ方法です。

設定画面のデバイス情報に進みます。

s-1717050901731.jpg

詳細情報と仕様を選択します。

s-1717050433920.jpg

Androidバージョンを素早く3回タップします。

s-1717050433913.jpg

Android 14のロゴが表示されたら、ロゴを長押ししてゲームを開始します。

長押しすると、ワープ状態になります。

s-1717050433903.jpg

ワープが終わると惑星探索画面になります。

s-1717050433895.jpg

ゲームでは、宇宙船を操作して広大な宇宙を飛び回り、新しい惑星を見つけることが目的です。

画面をタップして進みたい方向を押し続け、青い線に沿って進むと新しい惑星が現れます。

大きな円(惑星など)が見えたら[宇宙船]を着陸させますが、2本の足を円の方に向けないと着陸できません。

s-17170504339262.jpg

無事着陸できれば、左上に表示されるBODIESの数値がカウントされます。

これだと8個の惑星が存在するのかな?

ちょっと慣れないと難しいですが、ぜひ挑戦してみてください。(^^)/

以上、参考まで。
posted by シニアな年金生活者 at 15:46| 山口 ☁| Comment(0) | pocox6pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする