2023年12月24日

EarFun Air Pro 3 ファームウェアのアップデートが降ってきた!?

EarFun Air Pro 3は低価格でノイズキャンセル、外音取込機能を実現したTWSですが、半月程度使用しましたが期待以上の製品でした。

s-1703388205579.jpg

この度、EarFun Air Pro 3のファームウェアアップデートが降ってきました。

s-1703384755693.jpg

アップグレードボタンから開始しました。

s-1703384755691.jpg

イヤホンをケースから取り出して、確認ボタンを押しました。

s-1703384755697.jpg

アップグレードには数分程度かかります。

s-1703384755690.jpg

アップグレードが完了しました。

s-1703384755688.jpg

ファームウェアは1.08から1.10へと更新されました。

更新内容については分かりませんが、更新前後で音楽を聴き比べてみても違いは感じられませんでした。

まぁ何らかの不具合が修正されたか何かでしょう。

そんな感じです。
posted by シニアな年金生活者 at 12:45| 山口 ☁| Comment(0) | EarFunAirPro3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月19日

EarFun Air Pro 3 シリコンケースを購入してみた!?

 アクティブノイズキャンセル、外音取込を実用的に使えるTWSイヤホンの中でもコスパに超優れたEarFun Air Pro 3を購入しましたが、充電ケースだけでは持ち歩くにはポケットがかさばったりするので、カラビナ付きのシリコンケースを購入してみました。

earfuncase.jpg

材質的にはダイソーでもありそうなものですが、まだまだメジャーではないので当然売ってないです。

特徴点としては、メーカー純正であり、EarFunのロゴが印刷されている点でしょう。

s-1702942526592.jpg

s-1702942526589.jpg

s-1702942526587.jpg

本体への装着にはあらかじめ貼られたシールで行いますが、シリコン製なので位置決めに若干苦労しました。

アマゾンの評価では、一度貼ってしまうと剥がして貼りなおせないほど強力な粘着力のように言われていましたが、ゆっくり慎重に剥がせば何とか貼りなおして正確な位置に貼り付けは出来ました。

装着後に触れてみた印象としてはサラサラとツルツルした感じで本体だけとあまり変わらない印象ですが、カラビナがあるのでベルトの通し部分に引っ掛けられて持ち運びには便利だと感じました。

ケーブルでの充電にも問題は無いし、無線充電も可能でした。

ということで、

値段的にはシリコンケースとしては高めな印象ですが、純正品としての本体とのマッチングは良好だし、カラビナのおかげで利便性も良いので、それほど値段的には不満はなかったです。

EarFun Air Pro 3に使い易いケースを探している人にはお薦めです。

以上、参考まで。

posted by シニアな年金生活者 at 09:21| 山口 ☔| Comment(0) | EarFunAirPro3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月16日

EarFun Air Pro 3 コスパ最強のノイキャンTWSイヤホン!?

世の中のノイズキャンセリング、外音取込機能を搭載したTWSイヤフォンは、1.5万円〜3.5万円するというのが常識化していたかと思いますが、今回購入したEarFun Air Pro 3は何と!6,999円で購入することができました。

earfun.jpg

購入前までは安かろう悪かろうみたいに思っていましたが、実際に使ってみるとデザインも性能も申し分なかったので紹介しようと思いました。

では、順を追って紹介していきます。

・パッケージと同梱物

 s-1702690860105.jpg
 チープさは無くしっかりとしたパッケージです。

 s-1702690860104.jpg
 必要なものはすべて同梱されています。

・デザイン

 s-1702690860102.jpg
 充電器は艶消しで指紋は目立たない感じです。

 s-1702690860099.jpg
 充電インジケーターでバッテリー状態を確認できます。

 s-1702690860100.jpg
 持ち易くてスイッチも比較的操作しやすかったです。

・主な仕様

基本仕様
タイプカナル型接続タイプワイヤレス
装着方式完全ワイヤレス(左右分離型)構造 
駆動方式ダイナミック型プラグ形状 
本体操作スイッチタッチセンサーインピーダンス  
音圧感度  再生周波数帯域 
ドライバサイズ 11 mmコード種類 
コード長 最大入力 
充電端子充電ケース:USB Type-C/ワイヤレス充電(充電器別売)  
ワイヤレス機能
ワイヤレス BluetoothBluetoothバージョンVer.5.3
連続再生時間最大9時間(ANCオフ)
最大7時間(ANCオン)
充電時間イヤホン:1時間
充電ケース(USB-C充電):2時間
充電ケース(ワイヤレス充電器):3.5時間
対応コーデック SBC
AAC
aptX Adaptive
NFC  
NFMI・MiGLO対応  TWS Plus対応  
マルチペアリング対応  マルチポイント対応
機能
リケーブル  ノイズキャンセリング 
ハイレゾ  マイク 
外音取り込み音質調整
自動電源ON機能自動電源OFF機能
防水・防塵性能 IPX5リモコン 
マグネット連結対応 折りたたみ  
サラウンド  AIアシスタント搭載 
AIアシスタント呼び出し機能  
カラー
カラーブラック  
サイズ・重量
重量5.2 g  
価格.comから引用

・ノイズキャンセリング

 ドライヤーで送風しながら音楽を聴いてみましたが、ドライヤーの送風音はほとんど聞こえないレベルで、純粋に音楽を楽しむことが出来ました。

 s-1702692852945.jpg

・外音取込

 テレビの音声で確認しましたが、音楽を聴きながらでも話が聞こえました。

 s-1702692932841.jpg

・タッチ操作のカスタマイズ

 デフォルトの操作では、タップで音量が変わるという使い難さがあったので変更しました。

 s-1702693050197.jpg

・マルチポイント接続

 スマートフォンとタブレットで簡単に接続先を変更出来ました。

 s-1702693231898.jpg

・バッテリー

 ノイキャンをオフで9時間、オンで7時間連続再生できるようで十分かと思いました。

 s-1702693307349.jpg

・プロトコル

 aptX Adaptiveでの接続を確認出来ました。

 s-1702693462134.jpg

・音声ガイダンス

 日本語で音声ガイダンスが可能です。

 s-1702695552124.jpg

・総評

 ノイキャン&外音取込のTWSイヤフォンと言えば高価なイメージでしたが、7,000円以下で十分実用になるイヤフォンであることを確認できたので超ラッキー!といった感じです。スマホのアプリもしっかりしていて使い易くて、自分好みのイヤホンに設定できる点もポイントは高いと思いました。Xiaomiの端末と接続するとaptX Adaptiveになる点も特に気に入っています。

 ということで、おススメのイヤホンでした。
posted by シニアな年金生活者 at 11:20| 山口 ☁| Comment(0) | EarFunAirPro3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする