2021年11月12日

Mi 11 Pro/Ultra Xiaomi.euに2021-11-10版が公開された!?

本日未明のことですが、Xiaomi.euにMi 11 Pro/Ultraの2021-11-10版が公開されました。

s-211110.jpg

ファイル名は「xiaomi.eu_multi_MI11Pro_MI11Ultra_21.11.10_v12-12-fastboot.zip」です。

解凍すると、↓

s-2021-11-12.jpg

2021-11-03版をインストール済みなので、今回のROM焼きは「windows_fastboot_update_rom.bat」を使用しました。

アップデートしてスペックを確認しました。↓

s-1636678143307.jpg

Androidのセキュリティパッチレベルが2021-11-01になりました。

使ってみた感想としては、

もうリリース版で良くない?

それほど普段使いしていて、問題ない感じです。

過去記事は、↓


ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 12:13| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月09日

Mi 11 ProのAndroid 12の実装は超優秀かも!?

Xiaomi.euは2021年11月3日付けで、以下の端末に対して、Android 12のベータ版を公開しました。

s-xiaomieu.jpg

本日はこのベータ版についてのお話です。

最初に言っておきたいことは、日本語使用に対してはメニューの一部が英語のままにはなっていますが安定性と性能は十分で、充分普段使いも可能になったと思える仕上がりになっているということ。

特にパフォーマンスについては、Antutuベンチマークでは過去最高のスコアを叩き出しました。↓

s-1636413540644.jpg
パフォーマンスのチューニングも最終段階かな?

では、これからAndroid 12の実装はどのようになっているかを説明していきます。

Android 12のバージョンは、リリース版を元にカスタマイズが行われているようで、セキュリティパッチも2021年10月5日になっています。

s-1636417499105.jpg

設定画面のメニューは一部ローカライズが英語のままになっています。

s-1636438911199.jpg

ロック画面の顔認証時は、カメラを使用しているということが分かります。

s-1636413540595.jpg

ホーム画面の下部には、デフォルトで検索バーが表示されています。

s-1636413540582.jpg

コントロールセンターは従来のMIUI12.5から変更は無いようですが、MIUIとしてのアイコン形式の使い易さが残っていて安心感があります。

s-1636413540608.jpg

WiFiボタンの右下をタップしてWiFiを切り替えられます。

s-1636433468802.jpg

壁紙とスタイルの変更は新しくなっています。↓

s-1636433468793.jpg


Android 12の「Material You」というデザインはMIUIの進化には合わないようで、アイコンのデザインの基本は以下の4種類が基本になっています。

s-1636418416525.jpg

それでも、アプリドロワーの背景は「システム」設定にしていると、壁紙の主なる色合いを判断して黒または白に変わります。

s-1636433468848.jpg

テーマも従来通りで基本は以下の4種類です。

s-1636416749719.jpg

ホーム画面はダブルタップしてロックできるようになりました。

s-1636413540627.jpg

片手操作モードが搭載されました。

s-1636413540629.jpg

プライバシーダッシュボードが搭載されて、カメラやマイクを使うアプリを特定できます。

s-1636413540640.jpg

本体背面を2回、3回タップすることで、スクリーンショットを撮ったりカメラを起動したり出来ます。

s-1636413540631.jpg

指の関節部でホーム画面を水平にスワイプして、簡単にディスプレイの輝度を調節できます。

s-1636433468800.jpg

スマホを使いすぎる人向けに?、指定時間使えないようにすることが出来ます。

s-1636415521434.jpg

近い将来PC上にスマホ画面を表示したり出来るMIUI+という機能のベータ版が搭載されています。

s-1636413540624.jpg

カメラアプリは以下のようになっています。

s-1636417318596.jpg

倍率変更をロングップすると、50倍も簡単に設定できます。

s-1636417318587.jpg

右上のメニューで撮影条件を設定できます。

s-1636417318576.jpg

設定は以下のようになっています。

s-1636441793242.jpg

プロモードの画面は↓

s-1636417318574.jpg

プロモードのメニューは、↓

s-1636417318572.jpg

ビデオモード画面は、↓

s-1636417318570.jpg

ビデオモードのメニューは、↓

s-1636417318568.jpg

ポートレートモードの画面は、↓

s-1636417318566.jpg

ポートレートモードのメニューは、↓

s-1636417318562.jpg

夜景モードの画面は、↓

s-1636417318560.jpg

夜景モードのメニューは、↓

s-1636417318558.jpg

その他に用意されたモードは、↓

s-1636417318542.jpg

どうでしたか?

あたし的にはバグらしいものの発見は出来なかったです。

MIUIのカスタマイズも以前とあまり変わりが無いので使い易さはそのままでした。

ということで、

今日の教訓

Mi 11 Pro Android 12(2021-11-03版)はあたしの使用には充分な完成度!?

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 16:30| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月07日

Xiaomi Mi 11 Proは今日からAndroid12で使います!?

GoogleのPixel(3以降)がAndroid 12に対応したので、Xiaomiも自社スマートフォンのAndroid 12へのアップデートについて注力しているようですよ。

本日の時点では、Mi 11 Pro/Ultraに2021-11-03版が公開されています。

s-mi11pro211103.jpg

あたし的には昨日「さわらび明朝」で使うというハードルがクリアできたので、再度最新版のAndroid 12にアップデートして使うことに挑戦してみました

ということで、再度のROM焼きです。(^^;

ROM焼きについては過去記事を見てください。


初期設定を終えたホーム画面は、↓

s-1636272091546.jpg
既にroot化済みなので、Magiskがあるのはご愛敬と思ってください。

プリインストールアプリはこれだけです。↓

s-1636272091542.jpg
こんなにプリインストールアプリが少ないのは他にないでしょうね。

↓My Device(デバイス情報)は以下の通りです。↓

s-1636272091530.jpg
V12.6 21.11.3というバージョンです。

すべてのスペックをタップすると、↓

s-1636272091525.jpg
Android 12かつセキュリティアップデートは2021-10-05となっています。

要するに、

Mi 11 Pro/Ultraでの最新のソフトウェアを搭載しているということです。(o^^o)

気になるのはパフォーマンスとアプリの互換性かな?

まずはどの程度のパフォーマンスを発揮するかでしょう?

Antutuベンチマークを3回連続実行してみました。↓

s-1636285314369.jpgs-1636285314358.jpgs-1636285314355.jpg
これを見ただけでGoogle Pixel 6 Pro以上に凄いと思うのが普通かと思います。

温度変化を見ても明らかなように、安定度は抜群です。

Android 12になって、そんなに変わった部分は無いですが、カメラ機能にも追加された機能がありました。↓

s-1636285826677.jpg
ウォーターマークにAIが関与してくる!?

まだ使い始めてそんなに時間も経っていないですが、これは使えると感じいています。

ということで、

今日の教訓

Xiaomi Android 12は、2021-11-03以降は実使用に耐えるかも!?

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 20:57| 山口 ☀| Comment(0) | Mi11Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

Android 12 Magiskでシステムフォントを「さわらび明朝」にしてみた!?

Xiaomi Mi 11 ProにAndroid 12のeu版(2021-11-03)が公開されたので、いつものごとくROM焼きしてみました。

結果としては過去記事と変わりませんでした。↓


ついでなので、root化してフォント変更してみましたが...。

先日のGoogle Pixel 3aと同じように、root化は簡単にできてもフォント変更がうまくいきませんでした。

ということで、

Android 12にしてフォント変更出来ないならroot化する意味は無いので元のEEA版に戻すことにしました。

さて、ここからが本題です。

フォント変更に関しては以下の記事を参考にしました。


こちらからダウンロードしたツールがAndroid 12では動作しなかったので、ダメ元でコメント欄から連絡してみたら...

バージョンアップしてくれました。(^^v

「magisk-module-kururi-font」がv16になって、Android 12に対応です。

ということで、Google Pixel 3aでフォント変更してみました。↓

Pixel 3aの過去記事は、↓


今から、Koruriフォントではなく、さわらび明朝に変更する手順を説明します。

公開されたツール(magisk-module-koruri-font.zip)をいったん解凍します。

s-2021-08-06 (5).jpg
system/fontsには、5個のKoruriフォントと18個のRobotoフォントがあります。

system/fontsのKoruriフォント5個を、同じ名前にした「さわらび明朝」フォントに置き換えて、それとRobotoフォント18個を、同じ名前にした「Noto Serif」フォントに置き換えました。

これらを元通りにZIP圧縮して、「magisk-module-sawarabi-font.zip」という名前にしました。

注意
Kururiフォントが好きだという人は、magisk-module-koruri-font.zipをそのまま使ってください。

このファイルをPixel 3aの内部共有ストレージのDownloadフォルダに置きました。

s-1628220127098.jpg

Magiskを起動してインストールします。

01.jpg

右下のコマンドボタンをタップします。

02.jpg

「ストレージからインストール」をタップします。

03.jpg

magisk-module-sawarabi-font.zipをタップして選択します。

s-1628220067706.jpg

フォントの置換処理が実行されます。

これで再起動すると、システムフォントがさわらび明朝体になります。↓

s-Screenshot_20211106-133225.jpg

Android 12でも、「さわらび明朝」が使えるようになって良かったです。(o^^o)

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 13:39| 山口 | Comment(0) | Mi11Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月05日

Mi 11 Pro/Ultra Android 12 fastboot 2021-11-03版が公開された!?

Xiaomi.euにおいてMi 11 Pro/UltraのAndroid 12 2021-11-03版が公開になりました。

s-mi11pro211103.jpg

zipファイルを解凍してimageを見てみると、↓

s-2021-11-05 (1).jpg
サイズ的には、modem.imgとsuper.imgが変更されているようです。

過去記事は↓


あれから約1週間経ってどうなっているでしょう?

気にはなるので、時間があればROM焼きしてみたいと思います。

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 17:41| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする