2024年05月11日

Mi 11 Pro HyperOSはMIUIから進化しているらしい!?

Mi 11 Proは長い間MIUI14(Android13)で使ってきて、HyperOS(Android14)には更新されないのかと不安でしたが、予定通り2024年第2四半期にHyperOS V1.02(Android14)が公開されてアップデート出来ました。

本日はHyperOSはどのように進化したのかを見てみたいと思います。

s-1715386855018.jpg

XiaomiのHyperOSは、人間中心のスマートエコシステムのために設計された新しいオペレーティングシステムです。

s-1715386855017.jpg

Androidのカーネルをベースにしており、軽量デバイスのパフォーマンスを最大化するための柔軟な分散型共同コンピューティングをサポートしています。

s-1715386855015.jpg

HyperOSは、高速な処理能力とスムーズなユーザー体験を提供することに重点を置いており、正確なハードウェアリソーススケジューリングにより優れた電力パフォーマンスを実現しています。

s-1715386855013.jpg

また、超軽量ファイルシステムを採用しており、長期間にわたるIOパフォーマンスの低下をほぼゼロに抑えています。

s-1715386855010.jpg

システムファームウェアの占有領域が小さくなっています。

s-1715386855009.jpg

ロック画面のカスタマイズ性が向上しています。

s-1715386855007.jpg

さらに、異機種間互換性に優れており、多様なハードウェア要件に応じた柔軟な設定と操作が可能です。Xiaomiのデバイスエコシステム全体を統合し、クロスデバイスの動的リアルタイムネットワーキングを実現することで、コネクテッドエクスペリエンスの新たな時代を創出しています。

s-1715386855005.jpg

スマートハブ機能を搭載し、様々なデバイスにアクセスできます。


s-1715386855004.jpg

タブレットとの画面共有機能が搭載されました。

s-1715386855002.jpg

タブレットとの画面共有で、クリップボードの共有もサポートされます。

Mi 11 Proでは、Android14をベースに実装されました。

s-1715386854999.jpg

Poco X6 Pro 5G(HyperOSグローバル版)では省かれた相互接続性も搭載されています。

s-1715386854997.jpg

MIUIからカスタマイズのデザインが変わりました。

s-1715386854996.jpg

バッテリーとパフォーマンスでパフォーマンスモードを変更可能です。

s-1715386854992.jpg

ジェスチャーショートカットが拡張されています。

s-1715386854990.jpg

以上のように、

Mi 11 ProはHyperOS(Android14)を実装することで、パフォーマンスもビジュアルもカスタマイズ性も向上し、一層使い易いものに変わった印象です。

s-1715400198631.jpg
最新のミドルレンジにも負けていないスコアを叩き出します。

欲を言えばホーム画面のダブルタップで画面ロック、右スワイプでGoogle Discoverに設定できると良かったかな。

Mi 11 Proを持っている人は、是非HyperOSにアップデートすると良いでしょう。

以上、参考まで。

posted by シニアな年金生活者 at 12:54| 山口 | Comment(0) | Mi11Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]