2024年03月03日

格安中華タブレットの機能テストアプリを紹介!?

購入した格安中華タブレットの仕様の再確認、初期不良は無いか機能テストするのに使用しているアプリを紹介しようと思います。

それはCPU Xです。↓

s-Screenshot_2024-03-02_201408.jpg

起動すると↓

s-Screenshot_20240302-201417.jpg
Home画面

Homeタブでは、SoC、メモリとストレージの使用状況、WIFI状況、電池状況が表示されます。

その下のボタンから機能テストの一部を実行できます。

s-Screenshot_20240303-171444.jpg
ルーラー スケールとして使えます。

s-Screenshot_20240303-171454.jpg
コンパス 磁場センサーを搭載しているとコンパスになります。

s-Screenshot_20240303-171504.jpg
レベルツール 重力センサー?を搭載していると水準器のように使えます。

s-Screenshot_20240303-171512.jpg
カラーライト

s-Screenshot_20240303-171525.jpg
広告なし 広告を消すこともできます。

s-Screenshot_20240303-171534.jpg
機能テスト 各種の機能テストで不具合がないかチェック出来ます。

その他のタブの画面は以下の通りです。

s-Screenshot_20240302-201424.jpg
CPU 搭載しているSoCのスペックを確認できます。

s-Screenshot_20240302-201431.jpg
システム システム情報を確認できます。

s-Screenshot_20240302-201439.jpg
電池 電池情報を確認できます。

s-Screenshot_20240302-201447.jpg
通信網

s-Screenshot_20240302-201454.jpg
センサー 搭載しているセンサーを確認できます。

s-Screenshot_20240302-201501.jpg
カメラ カメラ情報を確認できます。

どういうところが気に入って使っているかというと、

・システム情報を確認できる
・電池に関する情報を確認できる
・搭載しているセンサーを確認できる
・機能テストからタブレットに不具合が無いか確認できる

今回はDOOGEE T20 Miniの画面を掲載しています。

その関係で他の格安中華タブレットと違ってセンサーの種類が多く、コンパスやレベルツールのチェックも出来る点は強調しておきたいと思います。

ちなみにAvidPad A30やHeadwolf FPad3やその他の格安中華タブレットのセンサーは加速度計のみのようです。

以上、参考まで。

posted by シニアな年金生活者 at 17:40| 山口 ☁| Comment(0) | DOOGEET20MINI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]