2023年01月15日

Mi 11 Pro MIUI 14.0.23.1.9DEV版をTWRPでROM焼き&Magiskでroot化してみた!?

本日(2023/01/15)、Xiaomi.euからMi 11 PrpにMIUI V14.0.23.1.9DEV版が公開されました。

公開から間がなかったのか、Mi 11 Proからのダウンロードは出来なかったので、PCからダウンロードすることにしました。↓

s-スクリーンショット060742.jpg

ダウンロードしたファイル名は「xiaomi.eu_multi_MI11Pro_MI11Ultra_V14.0.23.1.9.DEV_v14-13.zip」で、TWRPからのインストールを前提にしたものでした。

これをMi 11 Proの内部ストレージのトップに転送しました。↓

s-2023-01-15.jpg

Mi 11 Proの設定の開発者向けオプションからUSBデバッグをオンにして、PCとMi 11 ProをUSBケーブルでつないで以下のコマンドを投入してリカバリーモードで起動しました。

adb devices
adb reboot recovery

s-IMG_0368.jpg

PINコードを入力してロックを解除しました。

s-IMG_0369.jpg

インストールをタップしました。

s-IMG_0370.jpg

PCでダウンロードしたファイルを選択しました。

s-IMG_0376.jpg

イメージのインストールをタップしてROM焼きしました。

s-IMG_0372.jpg

再起動をタップしました。

s-IMG_0373.jpg

スロットAをタップしました。

s-IMG_0374.jpg

再起動をタップしました。

s-IMG_0375.jpg

以上の操作で、Mi 11 Proのアップデートは完了しました。↓

14.0.23.1.9DEV版に更新されました。↓

s-1673732542319.jpg

今回から、日本語にしっかり対応しているのが分かります。

詳細情報と仕様を確認すると、↓

s-1673732542317.jpg

特に前回のアップデートからの変更は無いようですが、言語への対応などの最適化が行われたようです。↓

s-1673732542322.jpg

次にMagiskを利用してroot化するために、ダウンロードしたファイルを解凍しました。

s-2023-01-15 (1).jpg

解凍したフォルダにある「boot.img」をMi 11 Proの内部ストレージのDownloadフォルダに入れました。

Magiskを起動してboot.imgにパッチを当てるために、インストールをタップしました。

s-1673732542313.jpg

パッチするファイルを選択をタップしました。

s-1673732542311.jpg

Downloadフォルダにあるboot.imgを選択しました。

s-1673732542308.jpg

はじめるをタップしてパッチ当てしました。

s-1673732542305.jpg

パッチ当てのログから見て、正常にパッチ当てが行われました。↓

s-1673732542303.jpg

パッチ後のファイルをPCに転送して、bootイメージをフラッシュしました。↓

Microsoft Windows [Version 10.0.22621.1105]
(c) Microsoft Corporation. All rights reserved.
C:\platform-tools-windows>adb devices
* daemon not running; starting now at tcp:5037
* daemon started successfully
List of devices attached
debfdcc8 device

C:\platform-tools-windows>adb reboot bootloader
C:\platform-tools-windows>fastboot devices
debfdcc8 fastboot
C:\platform-tools-windows>fastboot flash boot magisk_patched-25200_S1Dlo.img
Sending 'boot_a' (196608 KB) OKAY [ 6.034s]
Writing 'boot_a' OKAY [ 0.230s]
Finished. Total time: 6.287s
C:\platform-tools-windows>fastboot reboot
Rebooting OKAY [ 0.000s]
Finished. Total time: 0.000s
C:\platform-tools-windows>

以上で、Magiskによるroot化が完了しました。

s-1673736631750.jpg

s-1673736631747.jpg

次にパフォーマンスチェックのために、Antutuベンチマークを実行してみました。↓

s-1673732542299.jpg

前回よりもスコアー値が下がった印象です。

MIUI+も問題なく動作しました。↓

s-2023-01-15 (2).jpg

ということで、

今回のアップデートに関しては、しっかり日本語に対応してきたというのが最大の変更点であり、それ以外の使い勝手という面での変更はほぼ無いような印象をうけました。

まぁ設定メニューが日本語に完全対応しただけでも見やすくなって良い感じです。

設定メニューに所々英語が混じっていて気に入らないと感じる人は、アップデートすることでスッキリするのでお勧めです。

以上、参考まで。


posted by シニアな年金生活者 at 06:55| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]