2020年03月19日

「TWS」と「TWS Plus」 どちらのイヤホンを選ぶかは明白です!?

完全ワイヤレス(True Wireless Sound)という言われ方をするイヤホンですが、いざイヤホンを選ぶ段階で見逃しがちなので、そのあたりのキモについて書きたいと思います。

まずは、「TWS」と「TWS Plus」は知らないことには大きなハンディを背負うことになるので、下記の記事でお勉強しておきましょう。

このように、「TWS Plus」と明記された製品を選ぶことが大切です。

ただし、最近のQualcommのチップセットとしてはQCC3020とQCC3026が主流のようですが、安価なイヤホンの多くはQCC3020のようです。

まぁその点は価格との兼ね合いとなるのでしょう。

さて、アマゾンでTWSのイヤホンで検索すると多くの製品がヒットして、いったいどれを買えば良いのか、値段もピンからキリまであって迷うことでしょう。

あたしが今回製品選択のキモにしたことを書いて置きます。

イヤホンに求めたものは?

・TWS Plusに対応した製品
・Apt-Xコーデックに対応した製品
・イヤホンから音量調節できる製品
・満充電から最大7時間の音楽再生が可能な製品
・防水性能IPX7に対応した製品
・ペアリングが簡単で途切れが少ないと称する製品
・低音から高音までそこそこ良い音が出せると称する製品
・フィット感に自信が有り気な製品
・ケースを含めたデザインに拘った製品
・ケースを含めた高級感を醸し出していそうな製品
・充電ケースのバッテリーは3,000mAh以上で、充電口はType-C
・ワイヤレス充電は必要ない
・スマホなどへの充電機能はあった方が良いに決まっている
・ケースやイヤホンの充電度合いは見分けられるに越したことは無い
・価格は5,000円を超えると失くした時の喪失感が半端ないので嫌だ

で、どの製品を買ったか?

アマゾンで比較的に評価の高い製品です。(^^)↓

debian001.jpg
パッケージです。

debian002.jpg
蓋を開けました。

debian003.jpg
付属品(書類を除く)です。

debian004.jpg
書類です。

アマゾンの製品ページはこちら

この記事を書いた後に値段を確認したら、800円値下げされて3,380円かつ20%クーポンが適用されると2,704円になる!?

買うなら間違いなく今でしょ!!!

仕様的なものはリンクから確認してください。

イヤホン性能以外で特に気に入っている点は?

・ケースがエレガントなデザイン
・イヤホンもシックなデザイン

以下の写真をご覧ください。(^^)↓

debian001.jpg
クロス模様に見えるのは光の反射によるものです。

debian002.jpg
角度を変えると分かります。

debian004.jpg
背面も同じように加工されています。

debian003.jpg
側面はゴールドのマットタイプ!?

debian005.jpg
ケースの充電状態はデジタル表示です。

debian006.jpg
本体のタッチ面も光がクロス模様を描きます。周囲はツルピカのゴールドです。

あたしの求めた条件は全て満足のいくレベルで実現してくれた製品でした。

満足しました。(*´▽`*)

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 11:15| 山口 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: