2019年07月09日

Kindle Fire HD 10で、Debian GNU/Linux 10 「buster」日本語デスクトップ環境を構築しました!?

2019年7月6日にDebian 10(buster)が公開されたので、当たり前といえばそれまでですが、UserLAndを再インストールしてDebianディストリビューションを選択してデスクトップ環境を構築し直したところ、Debian 10(buster)になりました。

Screenshot_2019-07-09-15-12-27.png
Kindle Fire HD 10のスクリーンショットです。壁紙はダウンロードしてきたものに変更しました。(^^;

cat コマンドで、/etc/debian_versionを表示してみると「10.0」と確認できました。

それよりも、もっと重要な違いがありましたよ。

つい先日までFireFoxはまともに動かない状況でしたが、今回は正常に何の問題もなく動作することが確認できました。

しかし、apt-getしたChromiumは相変わらずSegmentaion Faultになりますねぇ。(--;

ちなみに、既存の環境からアップデートしようとしたら何時間かけても終わりそうになかったので、UserLAndを再インストールしてDebianを選択することにしました。

結果的にその判断により、大きな時間の節約となりました。

最新のDebian 10 busterを「Kindle Fire HD 10」でもお楽しみください。

環境構築方法は、過去記事をご覧ください。(^^)↓

以上、参考まで。



posted by 62歳のガジェットオタク!? at 01:00| 山口 ☁| Comment(0) | KindleFireHD10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: