2024年06月15日

HyperOS magiskでroot化するとこんなに便利!?

Xiaomi端末としては購入タイミングの新しい順で、Poco X6 Pro 5G、Pad 5 Pro 5G、Mi 11 Proを使っていて、それら全てブートローダーをアンロックしてHyperOSにしてMagiskでroot化して使っています。

hyperos.jpg

Xiaomi端末を最初にroot化したのが2021年の5月だから、もうそれから3年くらいウィークリーアップデートもあったりして毎月のようにMagiskでroot化している感じです。今週は毎日ですが...・(^^;

root化の主な目的はシステムフォントを明朝体化することですが、それ以外にも簡単で便利な使い方が出来ています。

本日はroot化後の便利機能について投稿しようと思います。

まずはroot化することの一般的に言われるデメリットについて、copilotさんに教えてもらいましょう。↓

Androidをroot化することにはいくつかのデメリットがあります。主なものを以下に挙げます。

セキュリティリスクが高まる:root化すると、デバイスのセキュリティ機能が低下し、ウイルス感染やハッキングのリスクが高まります。
メーカーのサポート対象外になる:root化されたデバイスは保証やサポートの対象外となり、故障時の修理などが受けられなくなります。
端末が不安定になる:root化によってデバイスのパフォーマンスが不安定になり、フリーズや処理落ちなどの問題が発生する可能性があります。
文鎮化のリスク:root化に失敗すると、デバイスが完全に機能しなくなり、修復が困難または不可能になることがあります。
ゲームやアプリが起動しなくなる:一部のアプリやゲームはroot化されたデバイスでは起動しなくなることがあります。

これらのデメリットを考慮した上で、root化を行うかどうか慎重に判断することが重要です。安全性や保証の面でリスクを避けたい場合は、root化を避けるべきでしょう。また、root化を行う際には、信頼できる方法とツールを使用し、必要なバックアップを取るなどの準備をすることが推奨されます

次にroot化の手順について、copilotさんに教えてもらいましょう。↓

・ブートローダーアンロック
 micommunityに参加して30日待つ
 OEMロック解除を有効にする
 Miアンロック状態からデバイスを登録
 アンロックツールからアンロック要求して72時間待つ
 アンロックツールでアンロック

・magiskをインストールしてroot化
 afb/fastbootツールの準備
 fastboot版のROMのダウンロードと解凍
 magiskアプリのインストール
 ブートイメージへのmagiskでパッチを当てる
 パッチ後のブートイメージの書込み


次は便利なmagiskモジュールやアプリについて説明します。

・システムフォント変更
 大抵のAndroidスマホはゴシック体の日本語表示で、明朝体を好む人には眉をひそめたくなる状況ですが、root化のお陰で好きな明朝体を好きなタイミングで切替えて使えるので、飽きが来なくて良いですよ。
 フォント変更モジュールは「magisk-module-koruri-font.zip」を改造するのが簡単です。↓
 koruri.jpg

 好きな日本語フォントへの変更方法は、こちらの過去記事を見てください。

・その他のMagiskモジュール
 タップ操作音を小さくするモジュールについては、こちらの記事を見てください。
 その他にも便利なものはありますが、ここでは割愛しました。(^^;

・不要アプリの無効化
 PlayStoreにある「アプリを無効にする」が簡単で便利です。 
使わないアプリをアンインストールできるものなら良いですが、簡単に無効化出来ないものはroot化して無効化出来るのが良いですよ。
 apurimukou.jpg

 無効にしたアプリを簡単に把握できる点が気に入っています。↓
 s-1718420792297.jpg
 無効にしたアプリが簡単に分かる

・広告ブロック
 ブラウジングする時に広告の多いサイトでは、見たい情報が見難くなったりしますが、AdAwayをインストールすると、見たい情報に簡単にアクセス出来るのは良いですよ。
 PlayStoreには無いので下記からダウンロードしました。
 adaway.jpg

 AdAwayの利用方法は、こちらの過去記事を見てください。

・リブートツール
 PlayStoreにある「Super Reboot」が簡単で便利です。reboot.jpg
 
 再起動屋シャットダウンするのは意外に面倒ですが、Super Rebootを使うと手間なく再起動出来るので便利ですよ。
 長い事使っていると動きが不安定になることも多いので助かります。

・ファイルエクスプローラー
 PlayStoreにある「Root Explorer」が簡単で便利です。
 explorer.jpg

 システムファイルの中身を確認したりするのに便利です。

・Linux Shell
 PlayStoreにある「Termux」が簡単で便利です。
 termux.jpg

 システムファイルの所在をfindコマンドで探したりするのに便利です。

・root検知アプリ対策
 root化していると、その状態を検出して動かなくするアプリがあることには腹立たしいですが、Magiskは標準機能でアプリからの検出を回避してくれる機能があるので助かります。
 s-1718423142081.jpg

 DenyListを構成から、アプリからのroot検知を回避できます。
 s-1718423254059.jpg

普段利用しているrootツールを紹介してきました。

どれもこれも実績のあるツールで、使い方を間違えなければ安全・安心・便利です。

root化を実施している人の一助になれば幸いです。(^^)/

以上、参考まで。


posted by シニアな年金生活者 at 12:57| 山口 ☁| Comment(0) | pocox6pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月14日

Xiaomi Pad 5 Pro 5G HyperOSで英数字フォント変更に成功!?

Xiaomi Pad 5 Pro 5Gについては、もともと中国国内版のみ販売されていて、それ故公開されたHyperOSも中国版しか存在しません。↓

hyperchina.jpg

HyperOS V1.0.3にROM焼きして、Magiskでroot化して、日本語化モジュールとフォント変更モジュールを適用してきましたが、問題点がひとつだけどうしても残っていました。

それはAndroPlusさんが公開されているMagiskモジュールを変更して、自分の好みのフォントに置き換えて使っても、英数字がMiSansフォント意外に変更出来ないという問題でした。

(MIUI14では問題が起きないし、HyperOSでの解決法は分かったので、AndroPlusさんにはそのうちに報告しようとは思います。)

HyperOSのグローバル版では、豊富な英数字フォントを選択して変更出来ますが、中国版HyperOSではそれも出来ません。

フォントをどうしたいか?

日本語フォントにはGoogle FontsのShippori Mincho B1を使う↓
2024-06-14 (2).png

英数字フォントにはHyperOSグローバル版にあるEndlessRoadを使う↓
2024-06-14.png

なのでroot化した特権を利用して、RootExplorerでシステム内を探索してその背景を調査しました。

そしてその解決方法を見つけたので、その内容を投稿します。

前提条件としては、

・ブートローダーをアンロックしている
・HyperOS V1.0.Xのfastboot版をROM焼きしている
・Magiskでroot化している
・Magiskモジュールmagisk-module-koruri-font.zipから日本語フォントを変更している

要はどうすれば英数字フォントを変更出来るか?

テーマアプリの使用する英数字フォントを置き換えることで解決できます。

milanpro.jpg
/product/media/themeにあるMILanProVF.mtzの中のフォントをを置き換えます。

まずこの.mtzというファイルについて説明すると、MIUI Theme Zipの略称と思われ中身はフォントファイルを含むテーマモジュールと理解しましょう。なので拡張子をzipにして解凍すれば中身を確認出来ます。↓

2024-06-14 (3).png
MILanProVFを解凍した内容

このfontsフォルダにRoboto-Regular.ttfという名の「MI LAN Pro VF Thin」フォントがあります。
このRoboto-Regular.ttfの中身をEndlessRoadフォントに置き換えました。

それとdescription.xmlのファイルの最後のタイトルのロケールを以下のように変更しました。

<title locale="ja_JP"><![CDATA[小米兰亭Pro]]></title>

そして、元のようにzip圧縮してmtzファイルにしました。

これを/product/media/themeの中のものと置換えます。

使用したMagiskモジュールは以下のものです。↓

s-2024-06-06.jpg

右上のコードボタンからZIPファイルでダウンロードしました。

ファイル名は「magisk-custom-sounds-master.zip」で、これを解凍しました。↓

s-2024-06-06 (2).jpg

このcustomize.shの中身の一部を変更しました。

mkdir -p $MODPATH/product/media/theme/
mkdir -p $MODPATH/system/product/media/theme/
for file in $(find /sdcard/ThemeFont/*); do
cp -rf $file $MODPATH/product/media/theme/
cp -rf $file $MODPATH/system/product/media/theme/
ui_print "- Copied $(basename $file)"
done
ui_print

フォントファイルの所在が/product/media/theme/で、/sdcard/ThemeFont/にMILanProVF.mtzに置くことにしました。

それとmodule.propファイルの先頭を以下のように変更しました。↓

id=Custom_Theme_Font
name=Custom Theme Font

Magiskからモジュールをインストールすれば準備完了です。

最後にフォント設定を変更して完了です。↓

lanpro.jpg

思った通りの表示になりました。↓(^^)v

device.jpg
英数字がEndlessRoadフォントになりました

ただし、時間経過とともにMiSansに戻される場合がある点は要注意です。(^^;
(この問題はあるアプリを無効化すれば解決しそうなことも分かりました。)

もし、Xiaomi Pad 5 Pro 5Gのフォントを変更したい人は挑戦してみるのも良いでしょう。

以上、参考まで。
posted by シニアな年金生活者 at 11:57| 山口 ☀| Comment(0) | Pad5Pro5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月11日

Xiaomi Pad 5 Pro 5G HyperOSよりもMIUIの方が使い易い!?

Xiaomi Pad 5 Pro 5GにHyperOSが公開されて以降、我慢してHyperOSを使ってきましたが我慢の限界を超えたのでMIUI14に戻すことにしました。

そう思ったのは、↓

・フォント変更が思うようにいかない
 AndroPlusさんが公開されているMagiskモジュールのフォントを自分の好みのフォントに置き換えて使っても英数字がMiSansフォント意外に変更出来ない
 これはXiaomi Pad 5 Pro 5Gだけの問題で、magisk-module-koruri-font.zipChina版HyperOS自体に対応できていないことが原因のようです。
 この件は別途AndroPlusさんに相談予定です。

・中国版固有の機能が動作する対象が無い
 Poco X6 ProやMi 11 Pronoのグローバル版が中国版の相互接続機能をサポートしていない
 中国版はタブレット画面にスマホ画面をミラーリング機能を搭載していますが、HyperOSのグローバル版がサポートしていないので使いようが有りません。
 Xiami Mi 11 ProもHyperOSのグローバル版にしたので使えない機能になりました。

とりわけ、思うようなフォントにならないことにHyperOSを断念することにしました。

ということで、急遽MIUI14版のfastboot ROMをダウンロードしてROM焼きしました。

スクリーンショット 2024-06-11 072450.png

ファイル名は「enuma_images_V14.0.4.0.TKZCNXM_20230920.0000.00_13.0_cn_ab52a645ef.tgz」。

これを7-Zipで解凍しました。↓

s-2024-06-11.jpg

Pad 5 Pro 5Gをfastbootモードで起動して、fastbootコマンドでROM焼きしました。

無事にダウングレード出来ました。(^^)v↓

s-1718058807118.jpg
デバイス情報

Magiskでroot化して、よく使うモジュールをイントールしました。↓

s-1718058807116.jpg
Magiskモジュール一覧

思ったように、日本語はShippori Mincho B1、英数字はEndlessRoadに変更出来ました。(^^)↓

s-1718059072107.jpg

Xiaomi Pad 5 Pro 5Gは、この状態でしばらく使おうと思います

もうしばらく試行錯誤します。(^^;

以上、参考まで。
posted by シニアな年金生活者 at 07:45| 山口 ☀| Comment(0) | Pad5Pro5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月08日

HyperOS テーマ設定をカスタマイズしてみた!?

Xiaomi Poco X6 ProとMi 11 ProをHyperOSグローバル版で使用しいていますが、変わり映えのしない画面をカスタマイズしようと挑戦してみました。

設定画面のテーマから、可愛らしいタイプを選択してみました。

s-1717805071155.jpg
テーマ画面の中のPower your productivityを展開

s-1717805071144.jpg
このテーマを適用してみました。

ロック画面が斬新な感じです。↓

s-1717805071137.jpg
ロック画面にはカメラや電話の起動ボタンもあります。

s-1717805071129.jpg
ホーム画面

アイコンだけは見難くなったので、標準を選んでみました。

s-1717805071108.jpg
アイコン設定画面

このテーマだと設定画面で壁紙が透けて見えます。↓

s-1717805071122.jpg
設定画面

s-1717805071115.jpg
デバイス情報

以上のように、テーマを選んで適用するだけで、普段とは違ったスマホになる感じです。

見慣れた画面もテーマを変更して、気分を変えてみるのも良いでしょう。(^^)/

以上、参考まで。
posted by シニアな年金生活者 at 09:20| 山口 | Comment(0) | pocox6pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月06日

Poco X6 Proのタップ操作音を小さくする(要root)!?

Poco X6 Proに限らずHyperOS(Android14)のタップ操作音をオンにすると、音が大きくないですか?

s-1717640810878.jpg
サウンド設定の追加設定画面

タップ操作音は鳴らしたいけど、人前でタップ音を鳴らすのは気が引けますね。(^^;

そこで折角Magiskでroot化しているので、音を小さいものに変更したのでその方法を投稿します。

使用したMagiskモジュールは以下のものです。↓

s-2024-06-06.jpg

右上のコードボタンからZIPファイルでダウンロードしました。

ファイル名は「magisk-custom-sounds-master.zip」で、これを解凍しました。↓

s-2024-06-06 (2).jpg

このcustomize.shの中身の一部を変更しました。

mkdir -p $MODPATH/product/media/audio/ui/
mkdir -p $MODPATH/system/product/media/audio/ui/
for file in $(find /sdcard/UISounds/*); do
cp -rf $file $MODPATH/product/media/audio/ui/
cp -rf $file $MODPATH/system/product/media/audio/ui/
ui_print "- Copied $(basename $file)"
done
ui_print
赤字部分はsystemからproductに変更しました。

Poco X6 ProやMi 11 Proの場合には、サウンドファイルの所在が/system/media/audio/uiですが、ファイルを置き換えるのは/product/media/audio/uiなので変更しました。

そしてフォルダごとZIPファイルに圧縮しなおせば、モジュールの完成です。

置換えるサウンドファイルは、内部共有ストレージに「UISounds」という名前のフォルダを作って、その中にタップ操作音の置換えファイルを「Effect_Tick.ogg」という名前でおきました。

s-1717642859288.jpg
/product/media/audio/uiに置き換えるファイル

参考までに、これらのファイルは以下から拝借しました。↓

2024-06-06 (3).png

「*_48k.ogg」が音が小さい感じです。

Magiskでのモジュールのインストールは以下のように行いました。

s-1717643473822.jpg
右下のモジュールをタップします。

s-1717643473808.jpg
ストレージからインストールをタップします。

s-1717643473799.jpg
magisk-custom-sounds-master.zipをタップします。

s-1717643473790.jpg
OKをタップします。

s-1717643473782.jpg
完了したら、再起動をタップします。

以上で、タップ操作音などを音の小さいものに置き換えることが出来ました。(^^)v

ということで、

タップ操作音が小さくなったことで、人の目を気にすることなく快適にタップ出来ます。

Xiaomi Poco X6 Proなどを使っている人で、タップ操作音を小さくしたい人にお薦めです。

ちなみにファイルの中身を空にすると、その音は鳴らなくなるようですよ。(^_-)-☆

以上、参考まで。
posted by シニアな年金生活者 at 12:21| 山口 | Comment(0) | pocox6pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする