2021年10月29日

Mi 11 Pro Xiaomi.euにAndroid 12 21.10.27版が 公開されてる!

Xiaomi.euにAndroid 12の21.10.27版が公開されました。

s-2021-10-29.jpg

前回の21.10.22版に関する記事は、↓


この時は動作には特に問題は無かったものの、メニュー関係がまだしっかりと日本語対応していないことと、AntutuベンチマークスコアがMIUI v12.5.10以上で78満点出るのに74万点しか出なかったので、最適化が十分でないと判断して今現在はEEA版(RMXEUXMMIUI) V12.5.10に戻している現状があります。

今回のROM(xiaomi.eu_multi_MI11Pro_MI11Ultra_21.10.27_v12-12-fastboot.zip)を解凍してみました。↓

s-2021-10-29 (1).jpg

imageフォルダは、↓

s-2021-10-29 (2).jpg

サイズ的に変更があったのは、「boot.img」と「modem.img」と「super.img」だけです。

なので、

21.10.22版と大きな変化は無いと推察するのが妥当かなと思います。

確かに安定感は増したと予想は出来るものの、

UI的には大きな変化は無いことは確認済みだし、Android 12そのもの(Pixel 3aで確認)ではMagiskツールやアプリ自体動作しないものがありそうなので...。

今回はスルーすることにしました。

ということで、

今後は、以下の公式発表ROMサイトに公開されるものだけをROM焼きしようかと思います。

2021-10-29 (3).png

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 19:26| 山口 ☀| Comment(0) | Mi11Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SoftBank版Pixel 3aでもRakuten UN-LIMIT VIは使える!?

SoftBank版のPixel 3aを購入して、自分でSIMロック解除しました。

過去記事は↓


これはRakuten UN-LIMIT VIで使えるのか?

楽天のサポートサイトの情報によると、↓

s-2021-10-28 (4).jpg

実際に本当に使えないのか設定してみました。

下記のサイト情報を見ましたが、それ以外に特殊なことはしていません。


このサイトでは使えないように記載されていましたが、あたしが使えたのと環境的に大きな違いがあるのは、Android 12にアップしたからかと思います。

結論から言えば、

SoftBankのPixel 3a(Android 12)をSIMロック解除して使えました。(^^)v

楽天LinkのSMS認証も問題なく自動で出来ました。↓

s-Screenshot_20211029-070241.jpg

アンテナ立っていて、電話の受信も出来ました。

s-Screenshot_20211028-204246.jpg

楽天回線を掴んでいました。

s-Screenshot_20211028-204302.jpg

設定関係は以下の通りです。

SIMはRakutenを認識しています。↓

01.jpg

APN設定は新規にrakutenを追加作成しました。


02.jpg

APN名:rakuten
APN:rakuten.jp
MCC:440
MNC:11
APNタイプ:default,supl
APNプロトコル:IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6

携帯電話情報は以下のように変更しました。

s-Screenshot_20211028-204616.jpg

電話アプリから「*#*#4636#*#*」をダイヤルしてテスト中画面を表示します。

s-Screenshot_20211028-210759.jpg

携帯情報をタップします。

s-Screenshot_20211028-204550.jpg

優先ネットワークを「LTE only」に変更しました。

以上でRakuten UN-LIMIT VIは使えるようになりました。

WiFiを切って、データ通信だけでテストしてみました。↓

s-Screenshot_20211028-213223.jpg

ちょっと遅いですが、居住地としては普通だと思います。

Pixel 3aはAndroid 12にアップデートすることで最新の機能が使えるし、普通にアプリを使ったりWebブラウジングするにはまだまだ快適に使えますよ。

s-Screenshot_20211028-061744.jpg

バッテリー持ちもハイエンドモデル並みには持ちます。

そんなPixel 3aをRakuten UN-LIMIT VIで使いたい人は参考にしてください。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 06:59| 山口 ☀| Comment(0) | Pixel3a | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月28日

Realme GT Master Explorer グローバル版が発売される!?

Realme GT Master Exploreをサブスマホとして使っていますが、セキュリティパッチレベルは2021年8月5日のままです。

s-Screenshot_2021-10-28-15-13-59-93_fc704e6b13c4fb26bf5e411f75da84f2.jpg

それが、一昨日あたりから、アップデートがあるような雰囲気です。↓

s-Screenshot_2021-10-28-15-11-35-41_fc704e6b13c4fb26bf5e411f75da84f2.jpg

1件のアップデートがあるようなので、タップするんですけど...。

s-Screenshot_2021-10-26-20-29-25-41_341863684efb323a7ec188c6aa7460f3.jpg

確認中となるだけで、何も変化しないことがほとんどですが、エラーとなる場合もたまにあります。↓

s-Screenshot_2021-10-28-15-11-29-66_341863684efb323a7ec188c6aa7460f3.jpg

何度やり直しても駄目なんですけど!?

まぁ今の時期にアップデートがあるとしても、せいぜいセキュリティパッチレベルが9月か10月になるだけだろうとは思いますが、ひょっとするとColorOS12だったりすることも考えられなくもないのでネットで情報を探してみると!?

s-realme.jpg

2021/11/21にグローバル版?が発売される模様です。(^^)/

追記:
下記のサイトでも販売されるようです。

s-2021-10-28 (1).jpg

スペックを確認すると、

「Network 2G, 3G, 4G (compatible with India), VoLTE, 5G」と記載されています。
日本の4大キャリアの4Gバンドにも対応しています。

s-2021-10-28 (3).jpg

本ブログのカテゴリ「realmeGT」からスペックや性能の高さなど、実際に使ってみて分かるいろいろな情報を確認できます。

ということで、

あたしとしてはアップデートにトライしながら、グローバル版のROM公開を期待して待ちたいと思います。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 15:25| 山口 ☀| Comment(2) | realmeGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月27日

SoftBankのPixel 3aを購入してSIMロック解除してroot化してみた!?


昨日のことですが、今更ながらPixel 3aを購入しました。

今現在使っているメインスマホと比較してみました。↓

 Pixel 3aMi 11 Pro
 pixel3a.jpgE382BFE382A4E38388E383ABE381AAE38197-thumbnail2.jpg
OSAndroid 12Android 11
ディスプレイ
5.6 inches 有機EL
1080 x 2220 pixels,
18.5:9 ratio (~441 ppi density)
6.81 inches 有機EL
1440 x 3200 pixels,
20:9 ratio (~515 ppi density)
リフレッシュレート60Hzリフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート???Hzタッチサンプリングレート480Hz
ピーク輝度 ???nitsピーク輝度 1700nits(HDR時)
 HDR10+、Dolby Vision
Asahi Dragontrail GlassCorning Gorilla Glass Victus
CPUSnapdragon 670Snapdragon 888
メモリ4GB LPDDR??12GB LPDDR5
ストレージ64GB UFS?.?256GB UFS3.1
カメラ広角 1220万画素広角 5000万画素
F1.8
センサーは1/1.12インチ
Samsung GN2
 画素1.4㎛(2.8㎛ピクセル統合時)  F1.95 OIS
 超広角 1300万画素 123度、F2.4
 望遠 800万画素 光学5倍 最大50倍 OIS
前面 800万画素 F2.0前面 2000画素 F2.2
バッテリー3000mAh5000mAh
18W急速充電対応有線・無線で67W急速充電対応、無線給電10Wに対応
セキュリティ背面指紋認証画面内指紋認証/顔認証
オサイフ×
防塵防水IP52IP68
デュアルSIM
スピーカーデュアルスピーカー
デュアルスピーカーharman/kardon
重量147g208g
サイズ151.3x70.1x8.2mm164.3×74.6x8.53mm
価格13,200円(リサイクルマート)74,400円(PayPayフリマ)

性能も購入価格も随分な違いです。

どうしてPixel 3aを買うことになったか?

最新のAndroid 12にアップデートが可能なことと、値段が安いことだけが決め手になりました。

意外だったのは、有機ELディスプレイで、デュアルスピーカーでした。(o^^o)

残念だったのはSIMロック解除されていないことでした。(>_<)

ということで、まずはSIMロック解除しました。

昨日はMy SoftBankにユーザー登録して本人確認まで済ませて、本日SIMロック解除手続きしました。

s-2021-10-27 (4).jpg

すぐにSIMロック解除されたとSMSで通知がありました。

このようにMy SoftBankにユーザー登録していれば簡単かつ即SIMロック解除できました。

次にしたのは、ブートローダーのアンロックです。

fastbootモードで起動しました。

s-1635308075118.jpg
Lockedになっています。

PCと接続してから以下のコマンドを発行しました。

fastboot flash unlock

s-1635308075116.jpg

ボリュームボタンを操作して、「Unlock the bootloader」にします。

s-1635308075113.jpg

電源ボタンで決定します。

s-1635308075110.jpg
unlockedになりました。

以上のように簡単にブートローダーはアンロックできました。(^^)/

次は以下の手順でroot化しました。

内部共有ストレージのDownloadフォルダに以下のファイルを置きました。

・Magisk-v23.0.apk
・Pixel 3a Android 12ROMのboot.img

ちなみに、Pixel 3aのROMは以下サイトからダウンロードできます。

s-2021-10-27 (15).jpg

Magiskをインストールして起動したら、

s-Screenshot_20210805-121846.jpg

インストールをタップして、

s-Screenshot_20210805-121937.jpg

パッチするファイルを選択から「boot.img」を指定して、はじめるをタップしました。

s-Screenshot_20210805-134425.jpg

すると、内部共有ストレージのDownloadフォルダに、パッチ後のimgファイル(magisk_patched-23000_xeEAV.img)が作成されました。

これを焼く為に、ファーストブートモードで起動してPCにつなぎました。

s-1635308075110.jpg

fastbootコマンドのあるフォルダにmagisk_patched-23000_xeEAV.imgを置いて、

コマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドを実行しました。

fastboot flash boot magisk_patched-23000_xeEAV.img
fastboot reboot

これで、root化は完了しました。

フォント変更も慣れたもので、

内部共有ストレージのDownloadフォルダに以下のファイルを置きました。

・magisk-module-sawarabi-font.zip
 注:このファイルは、magisk-module-koruri-font.zipをさわらび明朝フォントに差し替えたものです。

Magiskを起動したら、

s-Screenshot_20210805-123317.jpg

右下のコマンドアイコンをタップして、

s-Screenshot_20210805-123335.jpg

ストレージからインストールをタップして、magisk-module-sawarabi-font.zipを指定しました。

s-Screenshot_20210805-130625.jpg

実際にやってみるとフォント変更ツールがAndroid 12には対応していないようで変更できませんでした。

なのでroot化する意味が無くなってしまいました。(>_<)

ということで、

ブートローダーをアンロックしていると起動時に派手にアンロックされていると強調されるし、Googleのロゴ画面はダーク調になるしで、あまりにも良い印象が無いので、結局はroot化を解除してブートローダーもロックして終わりにしました。

今日の教訓

Android 12では、Magiskに対応したフォント変更するツールでは駄目。

きっとAndroid 12のフォント関連の環境が変更になっているのでしょう。

残念!

最後にGoogle Pixel 3aは非常にオタクな人が扱いが簡単で良いスマホなのでした。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 20:03| 山口 ☀| Comment(0) | Pixel3a | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mi 11 Pro eu版のAndroid 12にアップデートしてみた!?

Xiaomi Mi 11 Proを謝ってブートローダーをロックしてしまってから一週間後の昨日午後10時30分に、やっとのことでブートローダーをアンロックできました。

写真は撮っていないんですけど、アンロック後に再起動が掛かって、何やら見たことも無い画面になって起動しませんでしたが、電源ボタンを長押しして再起動したら何とか言語選択画面が出てきて初期設定できました。

こういう何気ない想定外の動きはヒヤッとしますね。

そしてすぐにfastbootモードで起動して、xiaomi.eu_multi_MI11Pro_MI11Ultra_21.10.22_v12-12-fastboot.zipを解凍したフォルダにある「windows_fastboot_first_install_with_data_format.bat」を管理者として実行してアップデートしました。

s-2021-10-26 (1).jpg

この時はrealmeのロゴで5分程度待たされる以外に何も問題なく起動しました。

簡単に初期設定したホーム画面は、↓

s-1635281994660.jpg
以前と変わりなし。

左上には緑のマイクアイコンがありますが、これは標準Android 12の右上に表示されるインジケーターをより分かりやすくしたもののようで、アプリが勝手にマイクやカメラを使おうとする場合に表示される注意喚起のためのアイコンで今回搭載されたようです。

設定画面のメニューは、↓

s-1635281994648.jpg
以前と変わりなし。

My device(デバイス情報)は、↓

s-1635281994681.jpg
更新が利用可能と表示されるも更新するものはなし。

すべてのスペックは、↓

s-1635281994677.jpg
セキュリティパッチは最新の10月1日。

Androidバージョンを連打するとイースターエッグが出現しました。↓

s-1635281994674.jpg
これがAndroid 12である証拠!?

時計の針を12時に合わせると、↓

s-1635281994671.jpg
ゲーム的な要素は無いようです。

コントロールセンターは、↓

s-1635281994669.jpg
以前と変わりなし。

コントロールセンターのスタイル選択は、↓

s-1635281994666.jpg
以前と変わりなし。

片手モード指定画面は、↓

s-1635281994663.jpg
これって以前からあったかも?

時計アプリは、↓

s-1635281994653.jpg
以前と変わりなし。

電卓アプリは、↓

s-1635281994657.jpg
以前と変わりなし。

その他の使い勝手はAndroid 11と何ら変わらない印象です。

というのも、Google Pixel 3aようにアイコンスタイルやテーマなどがGoogleオリジナルのUIであるのに対して、XoamiではMIUI 12.5という独自形式のもので、Android 12になろうが従来のUIを継承していて、以前との違いは感じられないということです。

パフォーマンスの最適化、消費電力の低減などはどんな印象か簡単にチェックしました。

Antutuベンチマークの結果では、過去最高とはいきませんでした。↓

s-1635292748379.jpg
プロダクト名がMi 11 Proではなくなって、比較データが無いようです。

s-1635292748377.jpg
以前と変わりなし。

バッテリー消費については、良さそうな雰囲気はありました。↓

s-1635292891482.jpg
使わないときの減りは緩やかになった感じ。

総合的に評価すると、

設定画面などの一部に英語表記が残っていたり、MIUIがAndroid 12の特徴を生かし切れていなかったり、性能的なチューニングもイマイチなように感じました。

しかし思った以上に安定して動作するので、最終的なリリース版には期待したいところです。

ということで、

あたしとしてはしばらくはAndroid 11のMIUI 12.5.10のEU版(RMXEUXM)に戻すことにしました。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 09:19| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする