2021年09月17日

realme gt master explorer ひと月使ってみた感想!?

realme gt master explorer(真我GT大師探索版)は8月17日に入手してからひと月が経ったので、感想などを書き留めておこうと思います。

最初に断っておきますが、10万円を超えるようなハイエンドスマホではないので、以下のような機能はコスト的に省かれています。

・おサイフケータイ非搭載
・無線充電非対応
・防水防塵非対応
・USB Type-Cからの映像出力

まぁ5万円台のスマホとしては、当然の仕様だと感じています。

ただ、VoLTE非対応に関してはちょっと残念でした。

VoLTE非対応機種でも裏技的なことを駆使すればVoLTE解放は実現できると思っていましたが、この機種に関しては9月17日現在もブートローダーをアンロックするアンロックツールさえ対応したAPKを見つけることが出来ない状況なので、今後も関連情報を探し続けたいと思っています。

では、感想を述べていきましょう。(^^)/

・何というカッコ良いボディー!

 両端がエッヂディスプレイになっていますが、これには訳があります。

 画面占有率を上げるとともに横幅を小さく出来るメリットがあるんです。

 s-IMG_20210917_083854834_HDR.jpg

 その証拠に横幅はrealme gt master editionのフラット画面の73.5mmに対して、こちらは72.5mmに抑えられているおかげで、手に持った時の持ち心地がスリムで快適です。

 最近はいろいろなスマホを取っ替え引っ替えしてきましたが、この横幅については75mmという寸法に持ち易さを分ける境界があるような気がしています。

 つまり、72.5mmという幅は持ち易さが半端なく良いですよ。

 また厚みも8.8mmと比較的薄く、重量も185gと比較的軽くて、長時間のハンドリングも苦にならない感じです。

 デザイナーに深澤直人さんを起用して背面はスーツケースデザインにデコレートされていますが、ビーガンレザーという材質にも拘ったそのフォルムと触感も所有欲をくすぐる仕上がりです。

 s-IMG_20210917_083941746.jpg

・何というSoC性能の高さ!

 アプリを開く時のスピードやブラウザでリンク先をタップした時の反応の速さについては、搭載したSnapdragon 870というハイエンドなSoCと高速なLPDDR5のメモリとストレージのUFS 3.1が大きく影響していて非常に高速に反応します。

 Antutuベンチマークスコアで70万点を超えるのですから当然です。

 

 ミドルレンジのSnapdragon 780Gや778Gでは得られない快適性能です。

・何というディスプレイ性能!

 フルHD+(2400x1080)で画面比率は20:9で、サムスン製の有機EL AMOLEDを採用していますが、1100nitsという明るさと6,000,000:1というコントラスト比は鮮やかであり、リフレッシュレートが120Hz、タッチサンプリングレートが480Hzと今時のヌルサクなディスプレイを快適に実感できます。

・何という標準カメラ性能!

 標準カメラのセンサーが超高級スマホと同じで5000万画素のソニー製IMX766 1/1.56型 84.4° 24mm F1.88 光学式手ブレ補正OIS を搭載している点が感激です。

 s-IMG20210917104646.jpg
 庭に咲いた雑草も雑草とは思えない色鮮やかさで撮れます。

 s-IMG20210917104801.jpg
 ポートレートの背景のボケ具合も素晴らしいです。

 超広角に関しても1600万画素 IMX481 123° 14mm F2.2 を採用している点は比較的高性能かと思います。

 ただマクロに関しては200万画素 F2.4 (4cmマクロ)で物足りなさを感じます。

・何というデュアルスピーカー!

 有名メーカーとの協業は無いですが、デュアルスピーカーから発せられる音としてはクリアーで広がりがあり、低音も高音も素人のあたしには申し分のない音を鳴らしてくれます。

 やはりスピーカーはデュアルに限ります。

・何という高速なバッテリー充電速度!

 4500mAhという容量のバッテリーは必要かつ十分な容量ですが、何といっても65Wの急速充電に対応していて、約1時間で満充電にすることが出来るのは素晴らしいです。

 s-IMG20210917105848.jpg
 65W充電器は存在感があります。

 以前は寝る前に充電していましたが、今では朝起きて支度する間のわずかな時間に充電できるので、便利でかつバッテリーにも優しい状況かと思います。

以上簡単に感想を書いてみました。

一言でいうと、

大満足できるミドルハイなスマートフォンなのでした。(^^)v

以上、参考まで。

posted by 61歳で無職になった男 at 11:23| 山口 ☁| Comment(0) | realmeGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

買取に出したスマホはどうなったか?

この二ヶ月の間に買取に出したスマホは以下の通りです。

・Xiaomi Redmi Note 10 Pro
・Xiaomi Mi 11 Lite 5G ミントグリーン
・Xiaomi Mi 11 Lite 5G トリュフブック
・motorola edge s

これらはどうなったか気になったので、店舗を訪ねてみました。(^^)/

陳列されていたのは↓

s-IMG20210916150434.jpg
左からmotorola edge s、Mi 11 Lite 5Gの2台、Redmi Note 10 pro。

いまだにひとつとして売れていませんでした。(-_-;)

そりゃそうかもしれませんねぇ。(^^;

iPhoneじゃないし、知名度の低いSIMフリースマホですからね。

山口県下関市という片田舎では、SIMフリースマホなんて普通に考えたら売れないと思いますよ。

4台の買取価格は9万1千円でしたが、販売価格は13万4700円で売れれば店舗は丸儲けです。

それなのに、売れると思って買取りした店舗には同情します。

ところで、

買取価格は低いのに何故メルカリに出品しなかったか?

あたし的には中古品の取引っていろいろ面倒だという意識からです。

その点、リサイクルショップだと店舗なりにチェックして後腐れ無く買取りしてもらえます。

確かにメルカリに出して売れたとしたら、1台あたり5千円くらいは買取り金額がアップしますが、取引後の後腐れ無い方があたしにとっては気分的に楽で買取りに出しています。

スマホに限っていえば、

最低5千円くらいは安く叩かれるでしょうが、後腐れ無い買取りはお勧めかと思います。

ただそれだけのこと。

posted by 61歳で無職になった男 at 21:32| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近買ったミドルレンジスマホ4台の評価表を作成した!?

定価が5万円以下のミドルハイのスマートフォン4台の評価についてのお話です。

今年の7月にXiaomi Mi 11 Lite 5G、motorola edge s、8月にrealme gt master explorer、9月にmotorola edge s proと購入して使ってきましたが、使い勝手を独自に評価してみるとどうなるか?

そう思い立ったので、数値的に評価してみることにしました。

ということで、

以下の10の項目について、5段階で相対的に評価してみました。(^^)/

 
s-s-E382BFE382A4E38388E383ABE381AAE38197.jpg
s-E784A1E9A18C-412d0-thumbnail2.jpg
s-s-E382BFE382A4E38388E383ABE381AAE381972-thumbnail2.jpg

s-mi11.jpg
デザイン5533
サイズ5434
重量5435
ディスプレイ4534
SoC5554
カメラ4533
スピーカー
5435
充電速度5434
4GLTEバンド5445
ゲーム対応5554
総合得点48453541

・デザインについては、有名な工業デザイナーによるものは良いし、高級感のある外観は良しとしました。
・サイズについては、胸ポケットに入れたりするときの高さだったり、手に持ったときの幅を考慮して評価しました。
・重量については軽い方を評価しました。
・ディスプレイについては、有機ELでリフレッシュレートとタッチサンプリングレートから評価しました。
・SoCについては、Antutuベンチマークのスコアーから評価しました。
・カメラについては、イメージセンサーと望遠などの特徴機能を評価しました。
・スピーカーはデュアルスピーカーと音質から評価しました。
・充電速度については、単純に充電の速さから評価しました。
・4GLTEバンドについては、単純に日本のキャリアへの対応度合いを評価しました。
・ゲーム対応については、ゲームの性能を十分に発揮できるかを評価しました。

気ままにデジタル生活サイトとしては、

realme gt master explorer edition(真我GT 大师探索版)を最高に評価しました。

ハンドリングのし易さは抜群で、カメラにも注力しているという判断です。

ただ、カメラ的にはmotorola edge s pro(edge 20 pro)は捨てがたい魅力です。

メインは108MPで超広角は16MPで、望遠は8MPで光学式手ぶれ補正対応のペリスコープカメラによる5倍光学ズーム・50倍ハイブリッドズームなどにも対応している点は、realme gt master explorer editon(真我GT 大师探索版)と平行して使いたいスマホだと感じています。

以上、勝手に評価した結果です。

posted by 61歳で無職になった男 at 12:52| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

motorola edge s pro(edge 20 pro) 保護フィルムを買ってみた!?

motorola edge s pro(edge 20 pro)は発売から間もないこととmotorolaという知名度の薄さもあって、ケースや保護フィルムはまだまだ市場に出回っていないという寂しい状況にあります。

そんな中、楽天ショッピングで保護フィルムを見つけたので、余っていたポイントで買ってみました。


s-antishock-top.jpg

買う前に心配したのは、motorola edge 20 pro用が見つけられなかったことです。

仕方が無いのでほとんど前面のサイズが同じであろうと勝手に推測して、motorola edge 20用のものを買ってみました。

結果は↓

s-IMG20210914204918.jpg
バッチリでした。

最初から貼り付けてあったものは左右に画面端から1mm程度の余裕がありましたが、今回購入したものは左右の隙間は0.3mmくらいしか無いので、慎重に位置決めしないと失敗する感じのシビアなサイズでした。

s-IMG20210914205005.jpg
端が浮くこともなくピッタリです。

上下方向の余裕も0.3mm程度しか無くて、やはり位置決めに苦労しました。

本来はガラスタイプを購入したかったのですが、今後発売されるようなら追加購入する予定です。

貼り付けた印象としては、

さすがに老舗のPDA工房らしい安定感のあるフィルムで、指滑りなども特に問題は無かったです。

ただし、どう考えてもたかが保護フィルムごときに1,236円という値段は高いと感じます。

まぁ最所から貼ってあるフィルムに飽きたら、選択肢は限られるので仕方ないですね。

次はケースを新調したいんですけど...。

気長に探してみたいと思います。

ただそれだけのこと。




posted by 61歳で無職になった男 at 08:57| 山口 ☔| Comment(0) | motoEdgeS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

motorola edge s pro 驚きのコスパ最高なスマホ!?

motorola edge s proが届いて3日目です。(^^)v

RETAPAC版(アジア太平洋版)のROMを焼いたので、motorola edge 20 proの双子機となりました。

ネットでのレビューでは、その仕様が不明確だった点も使ってみて明らかになりました。↓

製品
realme GT Master Explorer
デザイン無題.png
OSAndroid 11, MYUI 2.0Android 11, realme UI 2.0
SoCSnapdragon 870Snapdragon 870
RAM6GB LPDDR58GB LPDDR5
ストレージ
128GB UFS3.1128GB UFS3.1
画面6.7型 (1080×2400), OLED6.55型 (1080×2400), OLED
リフレッシュレート 144Hzリフレッシュレート 120Hz
タッチサンプリングレート 576Hzタッチサンプリングレート 480Hz
メインカメラ108MP + 16MP(超広角)50MP + 16MP(超広角)
+ 8MP(望遠)+ 2MP(マクロ)
インカメラ32MP32MP
バッテリー4520mAh,33W急速充電4500mAh, 65W急速充電
サイズ163 x 76 x 8.49mm159.972.5 x 8.8mm
重さ189g183.5g
通信4G:B1/3/8/26対応4G:B1/3/8/18/19/26対応
SIMnano SIM + nano SIMnano SIM + nano SIM
USB
USB Type-C
(USB 3.1・映像出力対応)
USB Type-C
スピーカーシングルスピーカーデュアルスピーカー
イヤホンジャック××
購入金額46,400円(2021/9/9)53,000円(2021/8/17)
メインスマホとしてはrealme gt master explorer editionを使っています。

ここからは、motorola edge s pro(edge 20 pro)の好きなポイントについて説明したいと思います。

・デザインが好き


 人それぞれに好みの問題はあると思いますが、背面のカメラ配置と背面素材の色合いや材質については深みがあって気に入りました。

 s-IMG20210913135923.jpg
 望遠レンズが四角い形状というのは斬新で良い印象です。

 s-IMG20210913140134.jpg
 四隅が角張っていなくて適度に丸みがあって好きです。

 幅はちょっと広めですが、高さと厚みは十分軽量化に貢献している良い印象です。

・CPU性能が快適


 Snapdragon 870ということで、Antutuベンチマークスコアは70万点を超えます。

 s-Screenshot_20210913-085517.jpg

 Geekbench 5のスコアも優秀です。

 s-Screenshot_20210913-090712.jpg

 Performance Testも高スコアです。

 s-03.jpg

 このスコアーを叩き出しているのは、単にSoCがSnapdragon 870というだけではなく、メモリがLPDDR5ということとストレージがUFS3.1に対応していることだと思います。

 最新のSoCのSnapdragon 888だと発熱が凄くてバッテリーの消費も大きいと評判ですが、Snapdragon 870を搭載するこの機種に関してはそれらの問題とは無縁のようで安心です。

・ディスプレイ性能が凄い


 有機ELディスプレイというのは最近のトレンドですが、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート480Hzが一般的な中で、それを凌駕するリフレッシュレート144Hz、タッチサンプリングレート576Hzのディスプレイを搭載していることは素晴らしいと思います。

 s-Screenshot_20210913-202536.jpg

 実際に使ってみて、ディスプレイの表示に関して不満点は一切感じないです。

・カメラ性能が優秀


 カメラに拘ったという印象が伝わってくる印象です。

 メインカメラは広角108MP、超広角カメラは16MP、ハイエンドスマホにしか搭載されない望遠カメラは8MPでしかもOIS搭載という、ミドルレンジのスマホとは思えないカメラ構成を実装しています。

 それだけでなく、カメラの使い勝手の良さもひと味違うと感じるほど好印象です。

 望遠は意外に使えるということと、撮影シーンに応じたアドバイスがあって、それに従うことで撮りたかった瞬間を記録できることに感動しました。

 具体的には、従来であれば夜景モードは自分で積極的に選択していましたが、カメラを向けるだけで夜景モードへの切替を推奨してくれるスイッチを表示してくれます。

 つまり普通に撮影しようとしたら、最適な撮影方法をアドバイスしてくれるということです。

 動画撮影もフルHDの30fpsでは、マクロから標準そして5倍望遠までシームレスに撮影中の切り替えが可能です。

 s-Screenshot_20210912-100610.jpg

 これって本当にミドルレンジスマホには無いことで、凄いと思いました。

・ピュアアンドロイドが好き


 大きなお世話なアプリが標準搭載されていないことと、設定メニューがピュアアンドロイドで分かり易い点は好印象です。

 s-Screenshot_20210913-201501.jpg

 そのためか分かりませんが、何をするにしてもレスポンスも快適です。

 手首を素早く2回捻るとカメラが起動したり、2回振り下ろすとライトをオンオフできるのも便利です。

・映像出力対応


 普通の人はあまり使うことは無いでしょうが、ディスプレイ出力できるというのはアドバンテージです。

 s-Screenshot_20210913-202252.jpg

 プライムビデオを大画面で鑑賞するとか、Windowsのようにデスクトップ環境でAndroidを使えるというのは使う人にとっては便利この上ない機能です。

まとめると、

ハイエンドスマホと比べると、FeliCaや防水防塵や無線充電に対応していないなどの弱点はありますが...、

ハイエンドに負けないディスプレイ性能やSoC性能やカメラ性能を搭載していて、それでいてコストは4万円台を実現しています。

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gと変わらない値段で、この高性能を搭載したことには驚きです。

ある意味でユーザーは選ぶでしょうが、納得して買った人には満足度は非常に高いと思います。

万人にはお勧め出来ませんが、気になった人は買って損はしない性能・使い勝手かと思います。

以上、参考まで。
posted by 61歳で無職になった男 at 00:07| 山口 ☔| Comment(5) | motoEdgeS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする