2021年07月14日

IIJmioさんは楽天UNLIMITに比べて対応が遅すぎる!?

先日楽天UNLIMITを平日の午前中にMNP乗り換え手続きしたら、

翌日にはSIMが届くという神みたいな対応だったんです。

s-2021-07-13 (2).jpg

さすが楽天だと感じました。(^^)/

だけど、IIJmioさんは違いすぎますねぇ。

11日の日曜日の午前に手続きして午前中には本人確認が出来たと知らせがあって、

最短3〜4日程度で本人確認の取れた住所へ商品をお届けしますと連絡がありました。

それなのに、14日の今日になっても発送の連絡すら無い状態です。(´д`)

s-2021-07-13 (1).jpg

IIJmioさんって、やる気あるの?

楽天との対応の違いに驚きとともに、やる気の無さを痛感しました。

いったい、いつになったら届くんでしょう?

ひょっとしたら、Mi 11 Lite 5Gの在庫有りっていう納期詐欺みたいなこと?

今見たら次回入荷未定になっています。(--;

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 10:16| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月10日

Xiaomi Mi 11 Youth(青春版) MIUI V12.5.2の遺言!?

本日午後、Xiaomi Mi 11 Youth(青春版)が、逝ってしまいました。

s-1625915645295.jpg

電源が入るとFASTBOOTの無限ループです。

エンジェルスの大谷翔平のプレーを観戦しながらROM焼きに注意を疎かにしたことで、

爆死状態となりました。(--;ヤッチャッタ

昨日届いたばかりのたった1日だけの出会いでした。(´д`)

せっかくガラスシートとTPUケースも別に専用に注文して今日届いたというのに、一日も経たないのに逝ってしまうなんて...。

あ〜ぁ、何て日だ!!!(´д`)

今は、Mi 11 Youth(青春版)の冥福を祈るばかりです。m(__)m

そんなたった1日だけの出会いでしたが、重要な遺言を遺してくれました。

それは以下の通りです。↓

V12.5.2のグローバル版は、Mi 11 Lite 5G日本版のアップデートの希望です。

その遺言を伝えておきます。(^^)↓

・Antutuペンチマークの52万点以上は余裕

 本体メモリが日本語版の6GBに対して8GBあるし、メモリ効率や電力消費も少なくなるので、Aututuベンチマーク時のメモリ不足に陥るタイミングは少ないようです。

 何回かAntutuベンチマークを実行した中の最高点は↓

 s-1625860758433.jpg

・日本語フォント設定も柔軟に対応

 日本語版のMi 11 Lite 5G(MIUI V12.0.1)では、日本語フォントに変更は可能でも1時間しない間にテーマ設定がリセットされるという問題がありましたがV12.5.2では、Mi Wallpaperというアプリを無効化することで快適にテーマ設定を楽しむことが可能でした。

・Bluetoothイヤホンは電源オンで自動接続

 Apple AirPods Proモドキを普段使用していますが、普通ならイヤホンを取り出すだけで接続しますが、MIUI V12.0.1の日本語版では手動接続するしかありませんでした。

 それがV12.5.2では自動接続できることを確認しました。(^^)/

そうは言っても、

あたしが思っていたことと違う一面もありました。(^^;

MIUI V12.5からは、Dolby Atmos対応と思っていましたが、具体的な設定項目はありませんでした。(^^;

サウンドとバイブレーションの設定の中のサウンドエフェクトにDolby Atomosが表示されなかったということです。

しかし音質自体は良いと感じました。(^^)v

ということで、

Xiaomi Mi 11 Lite 5G(日本版)のMIUI V12.5.Xには期待して良いかも!?

最近しつこく言っていたように、MIUI V12.5は違うはずです。(^^)/

ただ現時点で言えることは、

ネット上に日本語版「RKIJPXM」というものが公開されていないことで、今後もアップデートが行われるか分からないと言うことです。

なので、

Mi 11 Lite 5Gユーザーは、声を大にしてXiaomiにアップデートを要求することが、自分の幸せにつながるということを言いたいです。

アップデートして!と声を上げましょう。(^^)/

今日の教訓

中華販売のスマホには手を出すな!

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 20:22| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月30日

Windows 11を実行可能か?「WhyNotWin11」でチェックしてみた!?

Lenovo ThinkPad X250とThinkPad Helix 2ndで、Windows 11は実行できないという過去記事は↓

この時は「このPCではWindows 11を実行できません」と宣告されるだけで、どの要件を満たしていないかは教えてくれませんでした。

それが先日、

Windows 11が導入できない理由も示してくれるPCスペックチェックツール「WhyNotWin11」が公開されたそうです。↓


ということで、早速「WhyNotWin11」を実行してみました。(^^)/

最新の自作PC(Ryzen 9 3900XT搭載)は?

s-2021-06-29.jpg
すべてのシステム要件を満たしていることが確認できました。(^^)v

Lenovo ThinkPad Helix 2ndではどうか?

s-2021-06-29 (1).jpg
はっきりとCPUが対象外だと宣告されました。(--;

Lenovo ThinkPad X250はどうか?

s-2021-06-29-15.jpg
はっきりとCPUが対象外だと宣告されました。(--;

HP OMEN 15-ax207txはどうか?

s-2021-06-29 (2).jpg
はっきりとCPUが対象外だと宣告されました。(--;

ただし、第7世代のCPUは救済されそうな雰囲気だとの噂なので、もう少し待ってみるのが良いようです。

ということで、

マイクロソフトは確実に第8世代より前のCPUを切り捨てることで、古いPCを廃棄させて新しいPCへ買い替えをさせるという暴挙に出ることがはっきりしました。

これは権力者による一方的なPC革命の始まりです。('Д')

世界的な人々が叫び声を挙げて、この革命を阻止したいものです。(^^)/

Windows 10のサポート終了は2025年と決まっています。

Windows 11を実行できないPCは、2025年までただ延命させるだけの存在になり果てました。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 07:15| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月29日

ダイソーの「4機能搭載タッチペン」が斬新だった!?

今回はダイソーで「4機能搭載タッチペン」を購入したので紹介します。

s-IMG_20210627_133003.jpg

ダイソーですから税込み110円の4機能タッチペンになります。

4機能というのは以下の通りです。

・LEDライト
・タッチペン
・ボールペン
・スマホスタンド

普通にボールペン付きのタッチペンのように見えます。↓

s-IMG_20210627_132410.jpg

LEDライトは、スイッチをスライドすることで点灯します。↓

s-IMG_20210627_132421.jpg

タッチペンは先端のゴムがタッチペンとして使えます。

s-Screenshot_2021-06-29-06-31-12-614_com.miui.notes.jpg

ボールペンは、先端を捻ってボールペンの芯を出してから使います。↓

s-IMG_20210627_132445.jpg

スマホスタンドは、中央から折り曲げるようにして使います。↓

s-IMG_20210627_132504.jpg

実際にスマートフォンを立て掛けることができます。↓

s-IMG_20210627_132540.jpg

以上のように4つの機能が搭載されたタッチペンですが、残念な点もあります。↓

・電池交換はできない
・ボールペンの芯の交換はできない

まぁダイソーの税込み110円商品ですから、そういうのは仕方ないでしょう。(^^;

それにしても、

こういう4機能搭載のタッチペンは、一本持っていると役に立ちそうです。

興味のある人は、ダイソーで購入できます。(^^)/

以上、参考まで。



posted by 62歳のガジェットオタク!? at 06:33| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月26日

Lenovo ThinkPad X250もLenovo ThinkPad Helix 2ndもWindows 11を実行できない!?

6月24日にWindows 11が発表されました。

6月25日には、Windows 11を実行できるマシンかを判定するアプリについても記事が公開されました。

ということで、

Lenovo ThinkPad X250とLenovo ThinkPad Helix 2ndについて実行してみました。

2021-06-26 (5).png

今すぐチェックをクリックすると?

2021-06-26 (4).png

Windows 11を実行できないと言われました。(@_@)

2021-06-26 (6).png

どの要件を満たしていないかは教えてくれません。

参考までにWindowsで重要なTPM2.0には対応もしています。↓

2021-06-26 (3).png

要するに、

2015年に発売された「Lenovo ThinkPad X250」も「Lenovo ThinkPad Helix 2nd」も駄目でした。

2017年に発売された「HP OMEN 15-ax207tx(Core i7-7700HQ搭載)」でも駄目でした。

古いPCには何らかの制約があるとしか思えませんねぇ。

調べてみると、

デスクトップ/モバイル向けCPUという範囲に絞ると、Intelは第8世代以降のCoreプロセッサ、AMDは「Zen+」以降のアーキテクチャを採用するRyzenプロセッサが対応の目安となっているらしいです。

情報源は↓


Windows 11を使いたければ、新しいPCを買いなさいということのようです。(>_<)

年末にも公開されるというWindows 11ですが...。

古いPCで動かないとなるとブーイングの嵐が起きそうですねぇ。(^_-)

システム要件を明確にするとともに、システム要件のハードルを下げてほしいものです。

古いPCを使っている人は、ご注意ください。(^^)/

ちなみに、

MSI B550 Gaming Plus + Ryzen 9 3900XT搭載機では、Windows 11は実行できると判定されました。

s-無題.jpg

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 09:56| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする