2021年10月19日

Realme GT Master Explorer Magisk-v23と中国版ROM内のboot.imgでroot化に挑戦してみた!?

一般的に、Android端末をroot化しようとすると、fastbootのROM(boot.imgがある)を持っている場合と持っていない場合で対処方法は変わります。

Magiskの推奨インストール方法としては、boot.imgにパッチを当ててそれをboot.imgとしてROMに焼くというのが一般的に良いとされています。

そうで無い場合は、TWRPを使ってMagiskイメージをインストールします。

あたし的にはMagiskによるroot化を、そういう風に理解しています。

幸い昨日は、Realme GT Master Explorerの「RMX3366_11_A.13」のROMを手に入れることが出来たので、早速ですが無謀にもroot化に挑戦してみることにしました。

・中国版ROM内のboot.imgを利用

 
 Realme GT Master ExplorerのRMX3366_11_A.13のROMフィルを「MTC OFP Extractor」にかけて、boot.imgを取り出しました。

 2021-10-18 (28).png

 Magiskでboot.imgにパッチを当てて、fastbootモードからパッチを当てたboot.imgをフラッシュすればroot化は成功するはずです。

 以下のような作業です。

 Realme GT Master Explorerの内部ストレージのDownloadフォルダに、Magisk-v23.0.apkとboot.imgを保存して、Magisk-v23.0をインストールしました。

 s-Screenshot_2021-10-19-12-54-05-45_55bef12f624c2b805189a6aa783c400d.jpg

 Magiskをインストールして起動しました。

 01.jpg

 赤色のMagisk部分をタップしました。

  02.jpg

 パッチするファイルを選択をタップしました。

  03.jpg

 boot.imgを選択してOKボタンをタップしました。

  04.jpg

 はじめるをタップしました。

  05.jpg

 パッチ後のブートイメージが作成されました。

 作成されたboot.imgをPCのadb/fastbootツールフォルダに入れました。

 s-2021-10-19 (2).jpg

 Realme GT Master Explorerをfastbootモードで起動しました。

 s-IMG_20211019_083219850_HDR.jpg

 コマンドプロンプトから以下のコマンドを投入しました。

 fastboot flash boot magisk_patched-23000_Gbw2u.img
 fastboot reboot

 再起動後の画面は↓

 s-IMG_20211019_085519544_HDR.jpg

 見事に破壊されてしまいました。

 s-Screenshot_20211019-122607.jpg
 Googleレンズだと中国語も理解できます。

 まぁよくある文鎮化みたいな状況ですが、root化とはそんな危険なものです。

 壊れたとしても仕方ないです。(>_<)

 まぁこの程度のトラブルは最近では慣れっこなので次のように対処しました。

 電源ボタンと音量上げボタンを押したままにして、電源が切れた瞬間に手を離す。

 電源ボタンと音量下げボタンを押したままにして、fastbootモードに入る。

 s-IMG_20211019_083219850_HDR.jpg

 PCと接続して、パッチ前のboot.imgをフラッシュする。

 fastboot flash boot boot.img
 fastboot reboot

 これで無事起動するようになりました。

 s-Screenshot_2021-10-19-13-55-31-78_3822ac0e29cfec8970059bb21d01f05e.jpg

 このように、普通のやり方では駄目な場合もあります。

 3回も失敗することを確認したので間違いないです。

 それほどRealme GT Master Explorerは改ざんに対して対策しているようです。

 ここでの教訓

 MagiskはすべてのAndroidでroot化出来るわけではない!
 昨日手に入れたROMは復旧用に使えることが分かった!

ということで、Realme GT Master Explorerのroot化の難易度は超高いことが判明しました。

lenovo motorola edge s pro(edge 20 pro)とXiaomi Mi 11 Proは超簡単なのにね。


・TWRPを使用してみた


 今現在はRealme GT Master Explorer用のTWRPは存在しないようです。

 TWRPを使用する目的としては、TWRPから起動できればリカバリーモードで起動できることが期待されます。(adb devicesでrecoveryモードでの接続になるはず)

 そうなれば、VoLTEを解放するはずのコマンドが投入できます。

 またMagiskでパッチを当てたboot.imgでは起動しませんでしたが、直接bootイメージを改変することでroot化が可能かもしれません。

 といってもパッチ当てと何ら変わらないとは思いますが。

 なので、まずはTWRPからの起動に挑戦してみました。

 TWRPにはRealme X2 Pro(RMX1931)用を使用してみることにしました。

 fastbootモードでPCと接続して、fastboot boot twrp.imgで、イメージから起動するようにしましたが...。

 s-IMG_20211019_082824955.jpg

 このようにTWRPからの起動は無理でした。

 s-Screenshot_20211019-122643.jpg
 Googleレンズだと中国語も理解できます。

 まぁrecovery領域に書き込んだわけではないので気にする問題はありません。

 単純にリブートすれば以前の通りです。

 ここでの教訓

 TWRPはRealme GT Master Explorer用が公開されるのを待とう。
 (ただし、TWRPイメージからの起動はほぼ期待できない)

ということで、

一癖も二癖もあるRealme GT Master Explorerをroot化しようなんてのは、あたしのような素人には無理だという現実をおもい知らされました。

今後は、メーカーからのアップデートだけを期待して待とうと思います。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 15:00| 山口 ☁| Comment(0) | realmeGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月18日

Realme GT Master Explorer Edition 遂にRMX3366 Flash Fileを見つけた!?

8月17日にRealme GT Master Explorer Editionを入手してから2ヶ月が過ぎました。

その間にブートローダーのアンロックには成功しました。


なので、次にやることは、

カスタムROMを焼いたり、root化したりして失敗した時に復旧できるように、ROMを見つけること。

ということで、ずっとROMを探していました。

そして本日その在処をXDAで見つけました。

s-2021-10-18 (18).jpg

リンクをクリックしてみると、

s-2021-10-18 (19).jpg

ということでダウンロードしてみました。

ファイル名は、「RMX3366domestic_11_A.13_2021090323180000_GsmMafia.Com.rar」でした。

早速解凍を試みましたが...。

s-2021-10-18 (20).jpg

パスワードが違うということで、解凍できませんでした。

ということで、これ以上は無理かと本来はここで終わる予定でしたが...。

フェイクROMに翻弄されっぱなしというのは気分が悪いので、再度検索に挑戦してみました。

すると何と!?

キチンと解凍できるROMの所在を見つけてしまいました。(^^)v

2021-10-18 (23).png

ただ、ここでもスンナリとはダウンロードとはいかなかったです。(^^;

よくある404のエラーとなりました。

s-2021-10-18 (24).jpg

そこでどうしたかというと?

このサイトにはチャットでの問い合わせができることを確認したので、思い切ってチャットでダウンロード出来ないよと報告したところ、親切にもダウンロード先のリンクを教えてくれました。

s-2021-10-18 (25).jpg
敢えて指示されたダウンロード先は明記しないので、必要であればチャットで教えてもらいましょう。

指示されたURLからダウンロードしたファイルは「RMX3366domestic_11_A.13_2021090323180000.rar」です。

7-ZIPで解凍すると以下のファイル構成になっていました。↓

2021-10-18 (22).png

一般的なRealmeのROMの形式で格納されています。

ということで、今後は?

・TWRPを探してMagiskでroot化に挑戦する
・root化したらVoLTE化のおまじないを唱えてみる
・root化したらフォントをさわらび明朝に変更する
・root化したら広告ブロックのAdAwayを使う

など、まだまだやることがありますね。(^^;

今回入手したRealme GT Master Explorer Editionの中国版のROMが正規ROMだとすると、仮に失敗しても元に戻せるという安心感があります。

そういう意味で、

今回中国版のROMを入手できたことには大満足です。(o^^o)

以上、参考まで。

P.S.
OFPファイルの中身をMCTOFPExtractorで確認しましたが、正規中国版ROMのようです。
2021-10-18 (28).png
s-2021-10-18 (26).jpg
s-2021-10-18 (27).jpg
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 12:51| 山口 ☀| Comment(0) | realmeGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

realme gt master explorer その後どうなった!?

realme gt master explorer editionをサブスマホにしようかと考えましたが、今現在はmotorola edge s proではなく、これをメインスマホにするのが正解だと考えています。

s-IMG_20210929_190810457_HDR.jpg
壁紙の評判が悪いようなので変更しました。(^^;

その理由は、

・薄さと軽さ故の持ち易さ
・Antutu 70万点越えの高性能
・標準カメラ性能の良さ
・デュアルスピーカーの良さ
・画面内指紋認証の反応の良さ
・realme UI 2.0の使い易さ

ということで、カメラ性能の良いmotolora edge s proはサブスマホに戻りました。

本来であれば...。

Galaxy S21 Ultra 5GやiPhone 13 proを使いたいですが、5万円以下で買えるスマホという条件があります。(^^;

なので「realme gt master explorer edition」と「motorola edge s pro」な訳です。

製品
realme GT Master Explorer
デザイン無題.png
OSAndroid 11, MYUI 2.0Android 11, realme UI 2.0
SoCSnapdragon 870Snapdragon 870
RAM6GB LPDDR58GBLPDDR5
ストレージ
128GB UFS3.1128GB UFS3.1
画面6.7型 (1080×2400), OLED6.55型 (1080×2400), OLED
リフレッシュレート 144Hzリフレッシュレート 120Hz
タッチサンプリングレート 576Hzタッチサンプリングレート 480Hz
メインカメラ108MP + 16MP(超広角)50MP + 16MP(超広角)
+ 8MP(望遠)+ 2MP(マクロ)
インカメラ16MP32MP
バッテリー4520mAh,33W急速充電4500mAh,65W急速充電
サイズ163 x 76 x 8.49mm159.972.5 x 8.8mm
重さ189g183.5g
通信4G:B1/3/8/26対応4G:B1/3/8/18/19/26対応
SIMnano SIM + nano SIMnano SIM + nano SIM
USB
USB Type-C
(USB 3.1・映像出力対応)
USB Type-C
スピーカーシングルスピーカーデュアルスピーカー
イヤホンジャック××
購入金額46,400円(2021/9/9)53,000円(2021/8/17)
これらを2台持ちしても値段的には10万円も行かないという現実。(o^^o)

motorola edge s proはブートローダーのアンロックもroot化も超簡単で、好きなフォントで使えているので使い勝手という意味での満足度は非常に高いです。

一方realme gt master explorer editionはどうかというと?

ブートローダーのアンロックには成功したものの...。

オリジナルのROMさえダウンロードできる状況にないので、カスタマイズに失敗したときに元に戻せないという問題があるとともに、root化はMagiskを使ってbootイメージにパッチを当てたものをフラッシュすることを前提に考えていますが、そのようなFirmwareの公開形態が期待できないということを認識しました。

あたし的には努力したんですが...(´д`)。

realmeのサイトでrealme gt master explorerのROMを公開してくれるように依頼もしました。

s-タイトルなし.jpg

残念ながらまだ返信がありません。(--;

それに、近いうちにAndroid 12に対応したrealme UI 3.0が公開されるという現実もあるわけで...。

特に現状のSIMがIIJmioなので3Gでの通信で全く問題は無く使えているので、VoLTEが開放されないと使い勝手が悪いという問題も全くないんです。

むしろ電話しないのでVoLTEなんてどうでも良いんです。(^^;

ということで、

VoLTE開放も、root化もしばらくはしないと決めました。(*^_^*)

とにかく、

realme gt master explorer editionは普段使いに最高な格安で高性能なスマートフォンであるということは自信を持ってアピールできます。

s-IMG_20210917_083941746.jpg
何という美しいボディー!

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 20:18| 山口 ☁| Comment(0) | realmeGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月26日

realme gt master editionには複数の型番が存在する!?

realme gt master explorerのROMを探し回っているうちに、realme gt master editionには3つの型番が存在することが分かりました。

motorolaの中国版の「edge s pro」もグローバル版のedge 20 proも同じ「XT2153-1」という型番で、中国版にグローバル版のROMは簡単に焼くことが出来るので、realmeというメーカーの型番体型にちょっとびっくりしました。

どのように違うかというと?

一つ目は、ヤフオク!に出品されているもので、8GB/256GBの中国版でRMX3361というもの。

s-2021-09-26 (2).jpg

あとの2つは、realmeのFiremwareのダウンロードサイトにあるもの。↓

02.jpg

これらから推察できることは?

・インド版は  RMX3360
・中国版では  RMX3361
・グローバル版がRMX3363

ということでしょうか?

ブートローダーをアンロックしてROM焼きするとしたら、RMX3363が良いことが分かりますが...。

型番が違うROM焼きが出来るのかどうかが気になりますねぇ。(^^;

中国版やインド版を持っている人には、是非挑戦してみてほしい。(^^)/

そう思った今日この頃なのでした。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 17:13| 山口 ☁| Comment(0) | realmeGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

realme gt master explorer Realme UI 3.0の更新対象か?

realme gt master explorer edition(真我GT 大师探索版)って、近いうちに公開されるRealme UI 3.0の対象になっているのでしょうか?

その答えは以下のサイトにありました。↓


s-2021-09-26 (1).jpg

答えは、

realme gt master explorer editionが含まれています。(o^^o)

2021年11月には正式版がリリースされるようです。

これに先立ち、以下のRealme UI 3.0用のアプリもダウンロード可能です。


 Screenshot_2021-09-26-12-10-29-82_035d55d4552197c94b0185899d8a326c.jpg

 Screenshot_2021-09-26-12-10-53-88_99c04817c0de5652397fc8b56c3b3817.jpg
 Screenshot_2021-09-26-12-11-05-80_55bef12f624c2b805189a6aa783c400d.jpg

ファイルをダウンロードするには「Telegram」というアプリから行えました。

s-2021-09-26.jpg

新しいものが好きな人は、いち早く使ってみるのも良いでしょう。(^^)/

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 12:24| 山口 ☁| Comment(0) | realmeGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする