2021年09月11日

motorola edge s pro 中国版の未開封新品が届いた!?

2021年8月に発売されたばかりの「motorola edge s pro」は、新品未開封としてpaypayフリマで4.64万円で購入しました。

それが本日、届きました。(^^)v

物欲を刺激された点は次の通りです。

・デザイン
 トリプルカメラの配置とmotorolaロゴのデザインが気に入りました。
・SoCとストレージ性能
 Antutuベンチスコアーが70万点という高性能さに惹かれました。
・ディスプレイ性能
 144Hzのリフレッシュレート、576Hzのタッチサンプリングレートが魅力です。
・メインカメラ性能
 108MPメインと16MP広角とOISを搭載した8MP望遠に惹かれました。
・33W急速充電
 約1時間で満充電出来ることに惹かれました。
・薄さと軽さ
 カバーを装着しても200g以下という重量は魅力です。
・USB3.1の映像出力対応
 ディスプレイを接続してデスクトップ利用できるのは便利です

では、開封していきましょう。(^^)/

バッケージは?

s-IMG20210911143503.jpg
未開封は気持ちいいです。(^^)v

同梱品は?

s-IMG20210911144129.jpg
ケースと保護フィルムは装着済みで充電器とケーブルとシムピンも付属しています。

本体デザインは?

s-IMG20210911145351.jpg
このデザインは好きです。(^^)v

s-IMG20210911145410.jpg
ボリュームボタンと指紋センサー兼電源ボタンです。

s-IMG20210911145417.jpg
Googleアシスタントボタンです。

s-IMG20210911145425.jpg
上面はマイク穴のみです。

s-IMG20210911145430.jpg
下部はスピーカー、マイク、Type-C、SIMスロットです。

起動してどうだったか?

やはり中国版ということで、中国語と英語しか使えない状況で、Play Storeアプリを入れても正常動作しない感じでした。

あまりに中国版アレルギーになりそうだったので...、

・ブートローダーをアンロック
・アジア太平洋版のROM焼き
・magiskでroot化
・システムフォントをさわらび明朝に変更

と、motorola edge s同様にカスタマイズしてしまいました。

そうすると、「motorola edge 20 pro(XT2153-1)」に変身しました。(^^)↓

01.jpg

Androidバージョン情報は↓

s-Screenshot_20210911-173801.jpg

ホーム画面は↓

s-Screenshot_20210911-175405.jpg
novaランチャーにしました。

設定画面は↓

s-Screenshot_20210911-175531.jpg
さわらび明朝が心地よい表示です。

さすがに最初から日本語対応していると、カスタマイズも簡単になります。

噂によると、motorola edge 20 proは相当高価な値段みたいなので、中国版のmotorola edge s proをアジア太平洋版にROM焼きした方が安価で済んで良いですね。

ROM焼きなどの手順の記述を省きましたが、非常に簡単でした。(^^)v

今日の教訓

motorola edge s proは、アジア太平洋版のROM焼きで快適な日本語版に変わる!?

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 17:30| 山口 ☁| Comment(0) | motoEdgeS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

motorola edge s pro 購入手続きを完了しました。

気になっていた「motorola edge s pro」の購入手続きを完了したので報告します。

購入はPayPayフリマで、新品未開封品です。

s-edgespro.jpg

motorola edge sとの違いは以下の表の通りです。

製品
motorola edge s(moto g100)
デザイン無題.pngs-タイトルなし2.jpg
OSAndroid 11, moto styleAndroid 11,moto style
SoCSnapdragon 870Snapdragon 870
RAM6GB LPDDR56GB LPDDR5
ストレージ
128GB UFS3.1128GB UFS3.1 microSD対応
画面6.7型 (1080×2400), OLED6.7型 (1080×2520),IPS LCD
リフレッシュレート 144Hzリフレッシュレート 90Hz
タッチサンプリングレート 576Hzタッチサンプリングレート 360Hz
メインカメラ108MP + 16MP(超広角)64MP + 16MP(超広角)
+ 8MP(望遠)+ 2MP(深度)
インカメラ32MP16MP+8MP(超広角)
バッテリー4520mAh, 33W急速充電5000mAh, 20W急速充電
サイズ163 x 76 x 8.49mm168.4 x 74 x 9.7mm
重さ189g215g
通信4G:B1/3/8/26対応4G:B1/3/8/26対応
SIMnano SIM + nano SIMnano SIM + nano SIM
USB
USB Type-C
(USB 3.1・映像出力対応)
USB Type-C
(USB 3.1・映像出力対応)
スピーカーシングルスピーカーシングルスピーカー
イヤホンジャック×
購入金額46,400円(2021/9/9)38,000円(2021/7/25)

何が良くなったかというと?

薄型・軽量化されて、カメラ性能に注力したという製品になっています。

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gと比べてどう思ったか?

圧倒的にSoCとメモリ、ストレージ周りの性能が高いことが選択のポイントです。

ストレスなく反応することは非常に重要だと思います。

realme gt master explorerと比べてどう思ったか?

ブートローダーのアンロックもROM焼きもroot化もフォント変更も簡単みたいです。

ストレスなくカスタマイズできることは重要だと思います。

ということで、

明日には届くと思うので、今から楽しみです。(o^^o)

乞うご期待。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 11:39| 山口 ☀| Comment(0) | motoEdgeS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月07日

motorola edge s(moto g100) 日本版の新ROM「RRTS31.Q1-84-24-3-1」が公開された!?

本日motorola edge s(moto g100)のROMの更新を確認してみると、新しい日本版のROMが公開されていました。

s-2021-09-07 (1).jpg

ファイル名は、「XT2125-4_NIO_RETAPAC_JP_11_RRTS31.Q1-84-24-3-1_subsidy-DEFAULT_regulatory-DEFAULT_CFC.xml.zip」です。

これをダウンロードフォルダに解凍しました。↓

s-2021-09-07 (2).jpg

ROM焼きはもう慣れたもので、

これを焼く為に、moto g100をファーストブートモードで起動してPCにつなぎました。

s-IMG20210907115854.jpg

fastboot devicesで接続を確認してから、バッチファイルからROM焼きしました。

バッチファイルは以下のものです。

fastboot getvar max-sparse-size
fastboot oem fb_mode_set
fastboot flash partition gpt.bin
fastboot flash bootloader bootloader.img
fastboot flash vbmeta vbmeta.img
fastboot flash vbmeta_system vbmeta_system.img
fastboot flash modem NON-HLOS.bin
fastboot flash fsg fsg.mbn
fastboot flash bluetooth BTFM.bin
fastboot flash dsp dspso.bin
fastboot flash logo logo.bin
fastboot flash boot boot.img
fastboot flash vendor_boot vendor_boot.img
fastboot flash dtbo dtbo.img
fastboot flash super super.img_sparsechunk.0
fastboot flash super super.img_sparsechunk.1
fastboot flash super super.img_sparsechunk.2
fastboot flash super super.img_sparsechunk.3
fastboot flash super super.img_sparsechunk.4
fastboot flash super super.img_sparsechunk.5
fastboot flash super super.img_sparsechunk.6
fastboot flash super super.img_sparsechunk.7
fastboot flash super super.img_sparsechunk.8
fastboot flash super super.img_sparsechunk.9
fastboot flash super super.img_sparsechunk.10
fastboot erase mdmddr
fastboot erase mdm1m9kefs1
fastboot erase mdm1m9kefs2
fastboot erase carrier
fastboot erase userdata
fastboot erase metadata
fastboot erase ddr
fastboot flash fsg fsg.mbn
fastboot flash bluetooth BTFM.bin
fastboot oem fb_mode_clear
fastboot reboot

以上で、問題無く日本版の最新のROM焼きが完了しました。(^^)↓

s-Screenshot_20210907-132207.jpg

root化はもう慣れたもので、

内部共有ストレージのDownloadフォルダに以下のファイルを置きました。

・Magisk-v23.0.apk
・日本版ROMのboot.img

Magiskをインストールして起動したら、

s-Screenshot_20210805-121846.jpg

インストールをタップして、

s-Screenshot_20210805-121937.jpg

パッチするファイルを選択から「boot.img」を指定して、はじめるをタップしました。

s-Screenshot_20210805-134425.jpg

すると、内部共有ストレージのDownloadフォルダに、パッチ後のimgファイル(magisk_patched-23000_xeEAV.img)が作成されました。

これを焼く為に、moto g100をファーストブートモードで起動してPCにつなぎました。

fastbootコマンドのあるフォルダにmagisk_patched-23000_xeEAV.imgを置いて、

コマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドを実行しました。

fastboot flash boot magisk_patched-23000_xeEAV.img
fastboot reboot

これで、root化は完了しました。

s-Screenshot_20210907-144014.jpg

フォント変更も慣れたもので、

内部共有ストレージのDownloadフォルダに以下のファイルを置きました。

・magisk-module-sawarabi-font.zip
 注:このファイルは、magisk-module-koruri-font.zipをさわらび明朝フォントに差し替えたものです。

Magiskを起動したら、

s-Screenshot_20210805-123317.jpg

右下のコマンドアイコンをタップして、

s-Screenshot_20210805-123335.jpg

ストレージからインストールをタップして、magisk-module-sawarabi-font.zipを指定しました。

s-Screenshot_20210805-130625.jpg

インストールが完了したら、再起動すればフォントがさわらび明朝になりました。

以上で、

快適なroot環境とフォント環境の完成です。(o^^o)

もう、何度もROM焼きしたので慣れた作業になりました。

また新しいROMが公開されるまで、しばらくはこのままで使いたいと思います。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 13:16| 山口 ☁| Comment(0) | motoEdgeS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月25日

motorola edge S(moto g100)を手放せない!?

真我GT 大师探索版をメインスマホにして使っています。

motorola edge s(moto g100)もサブスマホとして残しています。(^^;

s-IMG20210825210009.jpg
重いですが気に入っていて手放せないスマホです。

どうしてmotorola edge s(moto g100)は手放せないのか?

それは、以下の点が気に入っているからです。

・SoC性能が快適(Snapdragon 870)
 Snapdragon 870でAntutuスコアーは65万点以上で、動作に不満は有りません

・ピュアアンドロイドかつMotoloraのUIが便利
 カスタマイズUIではなくピュアアンドロイドというのは快適な印象です。
 横に振るとカメラ起動、縦に振るとライト点灯が分かり易くて気に入っています

・アマゾンプライムビデオはHD画質で再生可能
 Mi 11 Lite 5Gも真我GT 大师探索版もSD画質になるのでこれだけが快適です

・VoLTE標準対応
 標準でVoLTEに対応しているので安心です

・バッテリーの持ち具合が優秀
 この機種の売りとっても良いでしょう、長持ちします

・大きさと重量感もハイエンド
 まぁ本体幅が丁度良いし、標準以上の重さに安定感は感じています

ということで過去に持っていたスマホでランク付けすると、

Mi 11 Lite 5G < motorola edge S(moto g100) < 真我GT 大师探索版

付け加えると、

Mi 11 Lite 5Gは、残念な部分が多い。
ゲームによってはカクつく、WiFi環境下で楽天SIMの番号通知問題、負荷を掛けた時の発熱が大きい。

motorola edge s(moto g100)は、スピーカーと重量が残念。(´д`)
これさえ解消すれば、メインスマホとしては最高です

真我GT 大师探索版は、最高に使い心地が良いです。
VoLTE非対応とプライムビデオSD画質は残念です。

ということで、

motorola edge s(moto g100)も気に入っていて、手放せないということです。(^^;

今現在は、

真我GT 大师探索版はIIJmioで、motorola edge sは楽天SIMで0円運用に利用しています。

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 20:17| 山口 ☁| Comment(0) | motoEdgeS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月10日

motorola edge s これって技適申請が必要なの?

一般的に海外から持ち込まれたスマートフォンについては、日本で使用する場合には申請が必要なようです。

総務省のホームページは↓

s-2021-08-10.jpg

今現在、motorola edge sをメインスマホとして使っています。

s-1628473580742.jpg
Snapdragon 870で快適なスマホです。

あたし的には、申請するのは全然気にしないのですが...。

motorola edge sには最新の日本版ROMを焼いています。

設定画面の「電話情報」の「規制ラベル」を見ると次のように表示されます。

s-Screenshot_20210810-200531.jpg

当然のように、日本の技適マークは確認できません。(´д`)

国内販売のmoto g100では次のように確認できるようです。

s-8f29eaa0.jpg

何が気になっているかというと...。

同じXT2125-4という型番で、国内販売品と同じな訳ですよ。

日本版には表示される技適マークがedge sには表示されないだけなんですけど...。

それに申請した時に「承認済みだよっ!」って言われるのは避けたい思いがあります。

これって申請が必要なんでしょうか?(?_?)

あたし的には、面倒なことが嫌いなので当面は放置しています。(^^;

詳しい人がいれば、アドバイスを頂きたい、そんな感じです。

まぁ今回分かったことは、

規制ラベルの表示内容はROM焼きしても変わらずに、ハードウェア的に埋め込まれている可能性が高いということです。

やっぱ、申請した方が良いのかな?

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 20:37| 山口 ☁| Comment(0) | motoEdgeS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする