2021年07月17日

Xiaomi Mi 11 Lite 5G 2週間使って思ったこと!?

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gは、発売日(7月2日)にミントグリーン、7月16日にトリュフブラックを手に入れました。

s-20210717_211858.jpg

二週間ほど使いまくって、ブログ記事も毎日のように更新しています。(^^)/

このブログをご覧の方はご存じかと思いますが、Redmi Note 10 ProもMi 11 Youth(青春版)も無事に売却が済んでひと安心しています。(o^^o)

今改めてどういう風に感じているかと言いますと...。

・手に持った感じが心地が良い
・画面は大きいのに薄くて軽くて気持ちいい
・SoCはSnapdragon 855以上で高性能でサクサク
・スピーカーの音が良い
・キャリアフリーなのが良い
・指紋センサーのロック解除が簡単で快適
・スーパー壁紙が斬新で心地よい
・1080pの動画の手ぶれ補正が効くことに感動
・MIUIが使い慣れると心地良い
・不要アプリの無効化が簡単に可能
・日本語フォント変更が簡単に可能

なので、大変気に入っています。

なにせ2台持ちしている程、気に入っていますからね。(^^;

ただ、

販売価格を無視して欲望のままに発言すると...。

・無線充電は欲しかった
・外部映像出力は欲しかった
・防水防塵はもっとレペルを上げて欲しかった
・nanoSIMx2+microSDにして欲しかった
・Dolby Atmosは欲しかった

そんな感じです。

要するに、

これ以上のハイエンドスマホは、

あたしのような人間には無用の長物だということを感覚的に知ることが出来ました。

注:無職老人かつ金銭的に余裕無しの身です。(^^;

間違いなく、Snapdragon 855以前のスマホの買い換えを考えている人には、

これさえ買っておけば間違いない。(@_@)!?

そう言えるだけの製品だと思っています。

あたし的にはシトラスイエローも欲しくなっている、今日この頃です。(^^;

ただそれだけのこと。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 21:23| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Lite5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IIJmioからMi 11 Lite 5Gが届いて最初にすること!?

7月11日に注文していたMi 11 Lite 5GとSIMが、昨日(7月16日)にやっと届きました。

s-1626509559834.jpg
トリュフブラックです。

最初にやることは以下の通りです。

・Mi 11 Lite 5Gの動作チェック
・アップデートとファクトリーリセット
・MNP開通手続き
・SIM設定
・データ通信量確認アプリのインストール

では、詳しく説明していきます。

・Mi 11 Lite 5Gの動作チェック

 あたしは過去にMi 11 Youth(青春版)をメルカリで購入しましたが、リアカメラが故障していました。

 なので届いたその日に、Mi 11 Lite 5Gに不具合箇所は無いかをチェックすることが重要です。

 仮に不具合があれば、交換申請しましょう。

 チェック方法は以下の通りです。

 設定画面の「デバイス情報」を開いて、「すべての仕様」をタップします。

 01.jpg

 すべての仕様で「カーネルバージョン」を4回連続タップして、


 02.jpg

 
 CIT(診断ツール)を表示します。

 s-1626480662598.jpg

 センサー類やデバイス類をタップして診断して問題が無いことを確認します。

 s-1626482550193.jpg

 今回の機種はハード的には問題ありませんでした。(^^)v

・アップデートとファクトリーリセット

 MIUI V12.0.1で設定画面の「デバイス情報」を開くと、アップデートの案内があるので、

 案内に従ってMIUI V12.5.2にアップデートしましょう。

 アップデート後に最初にすることは、過去記事をご覧下さい。↓


・MNP開通手続き

 同封の書類の中に「おうちでナンバーポータビリティ開通手続きのご案内」という書類があるので、

 s-1626480871732.jpg

 IIJmioオンデマンド開通センターに電話して、音声ガイダンスに従って電話番号とSIM番号の下4桁を入力して開通手続きを完了します。

 開通自体は、10分も掛からずにIIJmioのSIMが使えるようになります。

・SIM設定

 設定画面の「SIMカードとモバイルネットワーク」をタップします。

 s-1626480033548.jpg

 1番のSIMをタップします。

 s-1626480033546.jpg

 アクセスポイント名をタップします。

 s-1626480033544.jpg

 最初からIIJmioの設定は用意されているので、IIJmioをタップしてチェックを入れるだけで使えるようになります。

 ちなみに、アクセスポイント情報は以下の通りです。

 s-1626480033542.jpg

 設定マニュアルの通りでした。

・データ通信量確認アプリのインストール

 2021年7月15日からGoogle Play Storeで「My IIJmio」が公開されたんですけど、

 セキュリティ上の問題が発生して公開停止になっています。(´д`)ナサケナイ

 なので今は、IIJmioのホームページへのショートカットをホームページに追加しましょう。

 s-1626497377888.jpg

 ログインサイトを、ホームに追加すると良いでしょう。

 s-1626497377886.jpg

 会員ページからデータ利用量を確認出来ます。

 s-1626497377884.jpg

以上で、IIJmioへの乗り換えは完了です。

近くの比較的最近のローソンで電波状況を確認してみると、

s-1626512639091.jpg

4G+で認識しました。

通信速度をチェックしてみるし。

s-1626512639093.jpg

優秀な通信速度を記録しました。(^^)/

ちなみに、

ディスプレイは当たりか?ハズレか?

s-1626509263275.jpg

ペンタイルタイプの当たりでした。(^^)v

IIJmioでMi 11 Lite 5Gを購入した方は、参考にしてみて下さい。

ただそれだけのこと。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 14:05| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Lite5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mi 11 Lite 5G MIUI V12.5.2にアップデートして最初にすること!?

MIUI V12.5.2にアップデートしたら、まずファクトリーリセットすることを勧めます。

設定画面の「デバイス情報」を開きます。

s-1626478043797.jpg

一番下にある「ファクトリーリセット」をタップして進めます。

s-1626478043795.jpg

全てのデータを消去から、リセットします。

ただし、

登録したアプリや設定した情報は全てクリアーされるので、

事前にバックアップしておくなど対策が必要です。

ところで、

初期設定からやり直すのは面倒なことなのに、

何故ファクトリーリセットするか?

ペアリング済みのBluetoothイヤホンでも、MIUI V12.0.1の場合にはBluetooth設定画面を開いて手動で接続する必要がありました。

MIUI V12.5.2にアップデートしただけでは、その不具合が引き継がれていました。

それがファクトリーリセットすることで、

ペアリング済みのBluetoothイヤホンはケースから取り出すだけですぐに繋がるようになりました。

問題解決です。(^^)v

なので、あたしはファクトリーリセットすることを勧めます。(^^)/

Bluetoothイヤホンの問題だけで済めば良いですが、

MIUI V12.5のパフォーマンスに影響を与える部分が他に無いとも限らないので、

一度ファトクリーリセットするのが良いと思っています。

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 08:32| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Lite5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

Mi 11 Lite 5G MIUI V12.5.2降臨で最強ミドルスマホ!?

2021年7月15日の17時過ぎですが、Mi 11 Lite 5G(日本版)にMIUI V12.5.2が降ってきました。

日本版である「RKIJPXM」に対して、こんなに早い段階でMIUI V12.5を搭載できるとは思っていなかったので、大変ビックリしました。

ROMのアップデートサイトに「RKIJPXM」が公開されました。

Xiaomi Japan最高!(^^)v

アップデートが完了したシステム情報は↓

s-1626345203241.jpg

MIUI V12.5がどう進化したかは、MIUI 12.5のサイトをご覧下さい。

ちなみに、このブログの過去記事は↓


このアップデートは嬉しいんですけど...。

アップデートして、V12.0.1での問題点は解消したのか?

・再起動しないとAntutuスコアが低い問題は解消したようです。

 s-1626345203244.jpg

・スーパー壁紙が追加されていました。

 s-1626345203229.jpg

・日本語フォント変更でテーマがリセットされる問題は、Mi Wallpaperを無効化することでも解消しました。

 s-1626349797691.jpg

・Dolby Atmosという表記はありませんでした。

 s-1626349797689.jpg

・Bluetoothイヤホンの自動接続は駄目で、手動接続のままでした。

 s-1626349797687.jpg

そうは言っても、

MIUI V12.5が使用したくてグローバル版ROMに書き換えようかと思っていましたが、昨日まで待っていて無謀な挑戦をしなくて済んで良かったです。(o^^o)

セーフ!

が、思っていた状況とはちょっと違っていますねぇ。

期待しすぎたようです。(^^;

本当に悔やまれるのは、

Mi 11 Youth(青春版)をROM焼き練習用にしようと、買ってしまったことです。

メルカリでカメラが動かない不良品を掴まされて、後悔が半端ないです。(--;オオゾン

ということで、

Mi 11 Youth(青春版)とRedmi Note 10 Proは売却することに決めました。

本日は買取ショップに持ち込む予定です。(^^)/

今後は、

Mi 11 Lite 5Gのミントグリーンと、本日届く予定のトリュフブラックの2台体制にします。

MIUI V12.5.2についての詳細は、近いうちにレビュー予定です。(^^)v

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 05:30| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Lite5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月15日

文鎮化したMi 11 Youth(青春版)を修復した方法!?

あらかじめ断っておきますが、ここで言う文鎮化とは、電源を入れるとfastboot画面になって、電源を切ることも出来ずにただこの画面↓をループしてしまう状況です。

s-1625915645295.jpg

またこの状態でPCと接続して、正常にデバイスを認識出来る状況にあるということです。

photo_2021-07-13_16-20-43.jpg

まるっきり電源が入らないのは、既に文鎮なので対象外です。(^^)/

ここに記載するのは、

文鎮化した端末をfastboot画面の状態でPCに接続して、
ロシアの@unbrickRUさんに、修復代金を事前に支払って、
TeamViewerというソフトを使ってもらって、
リモートでロック解除とROM焼きしてもらうという方法です。

それでも、以下に関しての知識は事前に必要です。↓

・Telegramというチャットアプリについて
 @unbrickRUさんとはチャットでやり取りするのに必要です。

・TeamViewerというアプリについて
 @unbrickRUさんにリモート操作してもらうのに必要です。

・Mi 11 lite 5GのROMの所在と形式について
 指定のROMをこちらでダウンロードして展開するのに必要です。

・7-Zipについて
 fastbootのROMを展開するのに必要です。

・PayPalによる支払いについて
 PayPalの支払先の連絡があるので、そこに指定金額を支払います。

まぁ後は、片言の英語でもロシア人とチャットする根性と、

ROM焼き完了後に起動するまでの数分間をじっと待つ忍耐力が必要です。(^^;

ということで、

作業としては、以下の通りに行いました。↓

@fastboot画面でPCに接続しておく

 当然ですが、USBドライバーなどが必要になる場合があります。
 fastbootで端末に接続できているかは確認しておく必要があります。

ATelegramでUnbrick.ruさんに接続

 接続先はこちら
 
B後はチャットで指示通りに対応

 01.jpg

 あたしの場合は、こういう機種でこういう状態だとアピールしました。

 中国版かグローバル版か問われましたが、最終的には箱の裏を撮影して送ることになりました。

 02.jpg

 03.jpg

 04.jpg

 TeamViewerを使用してフラッシュする対価として2200 rubをPayPalでの支払うように言われました。

 中国版のfastbootのROMをダウンロードするように言われました。

 TeamViewerも準備するように言われました。

 グローバル版では駄目かと聞いてみると、

 ロックブートには中国版だと言われました。

 07.jpg

 中国版のダウンロードが完了したことを伝えました。

 TeamViewerのスタンバイが完了しIDとパスワードを伝えました。

 PayPalの支払先を告げられ、支払うように依頼されました。

 PayPalで指定先に支払って、修復を依頼しました。

 ROMを解凍するように依頼があったので、7-Zipで解凍しました。

 スマホの画面が変わるまで何もするなと伝えられたので、そのまま待ちました。

 リモートで操作されていたのは、約15分くらいでした。

 電源ボタンを20秒長押しするように言われたので、そうしました。

 約5分後には、リセットされた状態で起動しました。↓

 s-Screenshot_2021-07-15-08-04-51-749_com.android.provision.jpg

振り返ってみると、

こちらからのファーストコンタクトが13:57で、

@unbrickRUさんからのコンタクト開始は16:08分で、

コンタクト終了は17:13分でした。

以上が文鎮化からの修復の行程の全てです。

もし、あたしのようにMi 11 Youthを文鎮化した人は、参考にして下さい。

今日の教訓

Xiaomi端末を文鎮化しても、@unbrickRUさんという駆け込み寺がある。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 11:18| 山口 ☁| Comment(0) | Mi11Lite5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする