2020年03月15日

LG G8X ThinQ 音への拘りが半端ない!?

LG G8X ThinQはデュアルディスプレイばかりが強調されていますが、実はLG 自体は音にも随分拘りを持ってスマートフォンを開発してきた歴史があります。

その証拠がHi-Fi Quad DACの搭載です。

DACとは、Digital to Analog Converterの略で、デジタル信号をアナログ信号に変換する装置のことらしいです。

このDACに内蔵されるデジタルフィルターを使用して音質調整が可能です。

具体的には?

設定アプリのサウンド設定に「音質とイフェクト」があって、ヘッドフォンを接続したときにだけ有効になる設定があります。

Screenshot_20200314-212439.png

ここのデジタルフィルターには3種類の設定があります。

Screenshot_20200314-212504.png

この設定をしっかり確認してみたくて、新たにヘッドフォンを買ってみました。

それはTDKの「JN-WH140CG」(^^)↓

20200315_052305.jpg

原音に忠実なワイヤレス伝送を実現するKleerワイヤレステクノロジーを採用して、豊かな重低音と透明感のある音質を実現しているらしいです。

同じタイプに関する情報はこちら

不幸にも製作元のTDKがすでにヘッドフォン業界から撤退しているので、手に入れるには中古しかないという現実があります。

それでも、手に入れる価値は十分にあるかと思います。

実際に購入して使ってみて、JN-W140CGで聴く音楽はクリアーで音の広がりの違いを実感しました。

デジタルフィルターとしては、ナチュラルやクリーンではなく、ベーシック設定が一番の好みでした。

普段はAKG製のカナル型イヤホンで聞いていましたが、こちらの音がクリアーで広がりがあり、音楽に対する没入感が半端ないと感じました。

時にはLG G8X ThinQと高性能ヘッドフォンで音楽に没入するのも良いですよ。

20200315_054924.jpg

ただそれだけのこと。


posted by 62歳のガジェットオタク!? at 05:41| 山口 ☀| Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

LG G8X ThinQ セキュリティ・アップデートが降って来た!?

本日午前10時を過ぎて、G8XThinQにセキュリティ・アップデートが降ってきました。

Screenshot_20200310-101006.png

Android 10を期待したのに、セキュリティ・アップデートのようです。

Screenshot_20200310-101354.png

インストールが完了すると再起動を要求されました。

Screenshot_20200310-101639.png

一部のアプリの更新も同時にあったようです。


最終的に、Androidセキュリティパッチレベルが、2020年2月1日に更新されました。

Screenshot_20200310-101727.png

Softbankでの情報公開はまだ無いようです。

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 10:26| 山口 ☔| Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

LG G8X ThinQ フィルムで飾ってみたら意外に良い感じ!?

令和2年2月7日にLG G8X ThinQを購入してからひと月が経ちました。

この間に、保護フィルムは今日で5つ目です。

01.jpg
貼り付けた後にちょっと力を掛けたら、端っこが欠けてしまい、没になりました。

02.jpg
一週間ほど使いましたが、反射防止は画面がクリアではなくなるので、カバー外面を覗いて没になりました。

03.jpg
本体背面はいつものカーボンタイプで今も貼り付けたままです。

04.jpg
本体ディスプレイとデュアルディスプレイ用に買いましたが、両方がガラスだとピタッと閉まらなくなりました。

05.jpg
デュアルディスプレイをガラスからこれに変えると基本的に閉まるようになりました。
カバーのカメラ側面がカバーの傷防止に役立つと同時にカーボンシールでカッコ良くなりました。
5フィルムありますが2枚しか使っていません。

というのも、

本体だけで使う場合は、やはりガラスに限るという思いがあったのでこうなりました。

debian001.jpg
4つ目のガラスです。

debian002.jpg
3つ目のカーボンタイプシールです。

IMG_0062.jpg
2つ目の反射防止フィルムです。

IMG_0060.jpg
左は5つ目のクリアフィルム、本体は4つ目のガラスフィルムです。

IMG_0058.jpg
5つ目のカーボーンタイプシールです。(カメラ部分は3つ目のシールが見えています)

ただの無駄遣いかも知れません。(*´ω`)

それにしても、トータル4,416円は掛け過ぎたなぁ。(--;

今日の教訓
片方がPETフィルムだと何とかカバーを閉じれた。(*´▽`*)

IMG_0067.jpg
ガラスにPETフィルムが合わさるのは良いことかも!?

ただそれだけのこと。



posted by 62歳のガジェットオタク!? at 15:44| 山口 ☁| Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

LG G8X ThinQ 神SIMでテザリングは無理でもauSIMなら可能だった!?

先日報告した通り、神SIMのテザリングはSoftbankの呪縛で無理でした。

実験的にではありますが、Galaxy Note9で使っているauのSIMを挿してテザリングしてみました。

まずは、アクセスポイントを登録しました。

Screenshot_20200216-090715.png

登録したAPNを使用するようにしました。

Screenshot_20200216-090706.png

WiFiテザリングは警告もなくオンにできました。

SoftbankのSIMでないと、すんなりオンにできました、(*´▽`*)

Screenshot_20200216-090739.png

設定画面にテザリングがオンであると強調されました。

Screenshot_20200216-090647.png

テザリングの設定をしたら、Galaxy Note9からWiFi接続できました。

Screenshot_20200216-090748.png

ということで、

LG G8X ThinQでテザリングしたい人は、Softbank以外のSIMでやりましょう。

Softbankに望むこと!?

自社との直接契約回線以外のテザリング規制を無くしてくれ( `ー´)ノ

ただそれだけのこと。


posted by 62歳のガジェットオタク!? at 13:57| 山口 ☔| Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

LG G8X ThinQ ワイヤレス充電器を買ってみた!?

やっぱり時代はワイヤレス充電!?

LG G8X ThinQのバッテリーの仕様としては?

こちらにバッテリーに関する情報がありました。

・Non-removable Li-Po 4000 mAh battery
・Fast battery charging 21W (Quick Charge 4.0)
・USB Power Delivery 2.0
・Wireless charging 9W

となっているようです。

なので、

ワイヤレス充電器としては、ワイヤレス充電規格「Qi」対応の10W以上の製品が充電速度の点で有利だということで買ってみました。(^^)↓

何を買ったか?

今回はブランド品!?の、「au+1 collection 急速ワイヤレス充電パッド 15W」を買ってみました。

20200215_165424.jpg
パッケージ表

20200215_171503.jpg
パッケージ裏

20200215_165704.jpg
付属品

20200215_165811.jpg
充電器背面(電源アダプタ装着)

20200215_165913.jpg
充電中は緑のLEDで分かります。充電完了で赤のLEDが点滅しました。

充電が完了して充電器の表面を触ってみると、冬だからこそかも知れませんが結構暖かくて助かりました。

熱いというレベルではないのでご心配なく。(^^;

最後に、

ワイヤレス充電規格「Qi」としては、5Wと7.5Wと10Wと15Wがあるようで、多分今まて使っていたのは5Wのものだと思うので、今後は2倍弱(5W->9W)の速度で充電できるのではないかと期待しています。

ちなみに購入したのは、リサイクルショップの新品未開封品で、値段は2,090円(税込)でした。

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 17:41| 山口 ☁| Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする