2021年04月29日

LG G8X ThinQをファクトリーリセットしてみた!?

メインのスマートフォンとして使っているSoftBankのLG G8X ThinQですが、ちょっとしたトラブルに遭遇しました。

s-1619520868205.jpg
快適には使えていたんですけど...。

それは、テレビの録画・視聴するために購入していた「HVTR-BCTX3」を使う為のアプリ「RecOn」が、チューナーに接続できなくなったという問題です。

起動したら、チューナーを認識する筈なのに、全く認識しないんです。(--;ナンデ?

考えられる原因としては、

・開発者オプションを有効にしてしまった。
 これは無効にしたので大丈夫でしょう。

・接続デバイスの制限に達した。
 一度登録したデバイスは削除したので多分これが原因とも考えにくいですが、何らかの制限に該当する可能性はあります。

・LG G8X ThinQに何らかの不具合がある。
 これには心当たりがあります。(^^;
 というのも、LG G8X ThinQで普段使わないアプリなどを全て削除または無効にしてしまったことではないかということです。
 何かSoftBankアプリや他にも必要なものがあったのかも!?です。

ということで、

ファクトリーリセットに挑戦することにしました。(^^)/

では、リセットから復旧までを詳細に報告したいと思います。

設定画面を開きます。

s-Screenshot_20210428-200624.jpg

システムをタップします。

s-Screenshot_20210428-200637.jpg

再起動と初期化をタップします。

s-Screenshot_20210428-200645.jpg

データの初期化をタップします。

wrong.jpg

携帯電話のリセットをタップします。

s-Screenshot_20210428-200855.jpg

すべて削除をタップします。

s-Screenshot_20210428-200951.jpg

リセットをタップします。

以上で初期化されて、再起動となります。

s-20210428_201220.jpg

起動すると、言語の選択から設定することになります。

s-20210428_201339.jpg

最終的に問題だった「RecOn」の動作はどうなったかというと、

s-20210428_202344.jpg

無事にチューナーと接続できました。(^^)v

録画と再生機能も、正常に動作するようになりました。

リセット後にしたことは?

・インターネット接続設定
・Googleにログイン
・LINEMOのSIMのAPN設定
・指紋認証設定
・Googleアシスタント設定
・ナビゲーションをジェスチャーに変更
・システムフォントの変更
・普段使うアプリのインストール
・不要なプリインストールアプリの削除

単純な作業ですが、数が多くて大変でした。(--;

今日の教訓

長く使って動作が不調な時は、ファクトリーリセットが有効かも!?

以上、参考まで。

posted by 61歳で無職になった男 at 08:50| 山口 ☔| Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

LG G8X ThinQ LINEMO契約でメインスマホに昇格して、2画面スマホの快適さを改めて知った!?

ソフトバンクのLG G8X ThinQがAndroid 10にバージョンアップしてからは、サブスマホとして使っていたのであまり気にしていなかったんですけど、LINEMOに契約変更してからメインスマホとして使うようになって2画面スマホの便利さに改めて気付いたのでその点を書き留めておこうと思います。

LG G8X ThinQはワイドモードが使えます。

ワイドモードとはメイン画面とケース画面をひとつの画面ように表示する機能です。

以前はWhaleブラウザかChomeしか対応していなかったので、「WideMode for LG」というアプリで実現していたと思いますが、Android 10に更新してからはそのアプリ自体をインストールしなくても標準アプリ側で対応しているようです。

s-Screenshot_20210425-133401.jpg
ポップアップメニューからワイドモードを選択します。

ワイドモードに対応しているアプリは以下の通りです。

s-Screenshot_20210425-132905.jpg
7種類のアプリが対応しています。

まぁ普段使いのブラウザとメールとマップがワイドモードで使えるようになっていたのは良いですねぇ。

参考までに、マップを表示してみると、

s-1619331996577.jpg
広い画面で地図を確認できます。

この状態でスクリーンショットを撮ると、

s-Screenshot_20210425-150117.jpg
境目の無い地図となります。

両画面をひとつの地図として保存できるので、タブレット並のスクリーンショットが取れます。

地図を印刷して使うような場面では、超便利になったかと思います。(o^^o)

まだまだLG G8X ThinQは、バリバリの現役として使えますよ。(^^)/

以上、参考まで。

posted by 61歳で無職になった男 at 15:39| 山口 ☀| Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

LINEMOのSIMカードが到着して最初にすること!?

スマートフォンはSoftBankのLG G8X ThinQで、LINEMOのSIM設定についての記述です。

あたしは4月20日にMNPでの申し込みを完了し、翌21日には「【LINEMO】商品発送のお知らせ」のメールが届き、本日4月22日にSIMカードが到着しました。

s-1619052492782.jpg
佐川急便の「セーフティサービス」で届きました。

パッケージを開けると、SIMカードと「LINEMOのはじめかた」という初期設定マニュアルが入っていました。

s-1619052492780.jpg
初期設定マニュアルとSIMカードと納品書が入っていました。

SIMカードはソフトバンクのロゴがプリントされたSIMカードでした。

s-1619052492777.jpg
ソフトバンクのUSIMカードが入っていました。

これから次の5つを順に設定していきます。

@回線切り替え作業
ASIMカード入れ替え
BAPN設定
Cマイメニュー登録
DLINEMOとマイメニューを連携する

では順番に設定していきましょう。(^^)/

@回線切り替え作業

 s-1619053851475.jpg

 LINEMO回線切り替え窓口に電話して、携帯電話番号と契約時に設定した暗証番号を入力します。

 しかし、午前9時半に届いたのですぐに回線切り替えしようとしたら、LINEMO回線切り替え窓口の対応時間が10時から19時と時間外だったので最初は駄目でした。(^^;

 なので10時になって再度電話して、音声ガイダンスに従って切り替える携帯電話番号と契約時に設定した暗証番号を入力して切り替え手続きを完了しました。

 するとすぐにアンテナアイコンがくるくる回り始めて、試しに携帯に電話してみると、ソフトバンクが応答して、「電源が入っていないか、電波の届かない...」となりました。

 s-1619054163885.jpg

 ということで、ほんの数分で切替は無事に終わったということです。

ASIMカード入れ替え

 s-1619053851471.jpg

 OCNモバイルONEのSIMを外して、LINEMOのSIMに差し替えました。

BAPN設定

 s-1619053851466.jpg

 APN名をLINEMOにして、指定通りのAPN設定して保存してLINEMOを選択しました。

 名前     LINEMO
 APN     plus.acs.jp
 ユーザー名  lm(エルエム)
 パスワード  lm(エルエム)
 MCC     440
 MNC     20
 認証タイプ  CHAP
 APNタイプ  default,supl,hipri

 再起動すると、LINEMOと表示されました。

 s-1619055155578.jpg

 そうしてその携帯に電話してみるとつながりました。

 以上で、携帯としては使えるようになりました。

Cマイメニュー登録

 s-1619056054103.jpg

 マイメニューのQRコードからアクセスしてログインします。

 s-Screenshot_20210422-103648.jpg

 最初はパスワードが仮設定されていて分からないので、WiFiをOFFにして自動でログインしてからパスワードを変更しました。

 それと今後の確認の為に、Webページをホーム画面に追加しました。

 s-1619077299636.jpg

 このアイコンをタップするとLINEMOのマイメニューに入れます。

 s-Screenshot_20210422-164131.jpg

DLINEMOとマイメニューを連携する

 LINEで「LINEMO公式アカウント」を友だちに追加してトークを開きます。

 s-Screenshot_20210422-110347.jpg

 マイメニューとの連携はこちらをタップして進めます。

 s-Screenshot_20210422-110418.jpg

 許可するをタップして進めます。

 s-Screenshot_20210422-110449.jpg

 WiFiをオフにして次へをタップして進めます。

 s-Screenshot_20210422-110512.jpg

 連携するをタップして進めます。

 s-Screenshot_20210422-110536.jpg

 無事に連携が完了しました。

以上でLINEMOのSIMカードに関する設定は全て完了です。

これでLINEのLINEMOとのトークを通じて、請求金額を確認したりデータ量を確認したり、契約内容を確認したり出来ます。

届いた初期設定マニュアルには、マイメニューとLINEMOの公式アカウントに関する記述が無いのでちょっとどうして良いか分からなくなりそうですが、ここに書いた通りに進めれば問題は無いでしょう。

ちなみに、

テザリングも問題無く出来ました。

s-Screenshot_20210422-125039.jpg

感想としては、

意外に切替手続きは簡単だし、時間も掛からなくて良かったです。(^^)v

ただ、LINEそのものを家族とのトーク以外に活用したことがあまり無いので、LINEで何がどこまで出来てどこまでが無料で使えるのかは、今後実際に調べて試してみないと何とも言えないところではあります。

ちなみに、

LINEMOの回線スピードを計測してみると?

s-Screenshot_20210422-130137.jpg

まぁこの程度の速度が出ていれば問題は無いでしょう。

ちょっとした不安点としては、

1年間5分以内の通話は本当に無料なのかという点と、LINEの使い放題は本当なのかという点です。

まぁこればかりは実際に使ってみて請求が来るか来ないか確認してみないと検証のしようが無いみたいです。

LINEMOのサポートにチャットして確認したら、本日から5分以内の通話は無料とのことでした。

それと分かっていたことですが、SoftBankの+メッセージには対応していません。

メッセージを使うにはGoogleのメッセージを利用しないといけませんでした。

いずれにしても、

SofatBankのLG G8X ThinQで、LINEMOに変更したことで、安価にリーズナブルなデータ通信量を確保できることになったので、変更して良かったと思います。

以上、参考まで。

posted by 61歳で無職になった男 at 12:30| 山口 ☁| Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

神SIM+OCNモバイルからLINEMOへ乗り換えてみた!?

今現在メイン回線として使っているのは、OCNモバイルOneの1GB通話SIMで、毎月1,300円が請求されています。

それに加えて神SIMは100GBプランで、毎月3,289円が請求されています。

つまり毎月4,589円も支払っていながら、実際のデータ通信量は5GB以下という、非常に無駄な契約をしていました。

ということで、

これらを契約解除して「LINEMO」にMNPしてみました。

ドコモの「ahamo」ではなく、KDDIの「povo」でもない、SoftBankの「LINEMO」を選択した理由は?

メインのスマートフォンにSoftBankから発売されたLG G8X ThinQを使うということが大きな要因です。

s-1618829117663.jpg
Softbank回線の縛りみたいなものです。

要するに、LG G8X ThinQのLTE対応バンドが、SofatBankに最適化されているからです。

一般的に言われているLINEMOのメリットは以下の通りです。

・20GB+LINEのギガノーカウント
・5分以内の国内通話が無料になる通話オプションが加入から1年後まで無料
・MNO(移動体通信事業者)品質のネットワーク
・LINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)が無料

手続きはネットから簡単に申し込みを完了できました。(^^)/

s-2021-04-20 (6).jpg
申し込みから1時間半で、発送準備中という速い対応です。

なので毎月の支払いは4,589円から2,728円に削減されて、差額1,861円×12ヶ月ということで今後1年間で22,332円の削減となります。

この削減額とMi Note 10 Liteを売却して、Redmi Note 10 Proを買う、というのもひとつの選択肢として考えられるようになりました。(^^)v

以上、参考まで。
posted by 61歳で無職になった男 at 16:31| 山口 | Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

LG G8X ThinQ Android 10にして感じたこと!?

待ち焦がれていたAndroid 10へのアップデートが届いてから2週間くらい過ぎましたが、実際に使ってみた感想などを書き留めておこうと思います。

20200804_080907.jpg
現在のホーム画面はほぼ初期化状態です。

残念なことは?

まず最初に気づいたのは、Antutuベンチマーク性能が極端に落ちたこと。

落ち幅としてはSnapdragon 855なのにSnapdragon 845並みになったこと。

具体的に総合スコアで言えば、40万点越えが約34万点に落ちたこと。

Screenshot_20200803-163155.png
落ちすぎだろ!?

勿論この結果がAndroid 10にアップデートしたからなのかは不明ですが、初期化リセットしても変わりませんでした。

それに意識していなかったUSF2.1という仕様。

Screenshot_20200803-162208 1.png
ミドルレンジか!?

最新のハイエンドモデルではUSF3.1なのに、そんなところをケチってたんだという残念な印象。

まぁ体感的には不便がないので、そういうものなのだと諦めました。( 一一)

良かったのは?

劇的に良くなったのは画面内指紋認証の精度向上。

20200804_133455.jpg
指紋を登録し直すと劇的に違いました。

以前はロック解除に戸惑うことが多かったですが、今は高い確率で一発で認証できます。

次に印象的なのは、ナビゲーションバーのジェスチャーの操作性の良さ。

Screenshot_20200804-134159.png

画面が広く使える上に、慣れればより簡単に操作できる点は気に入りました。

次はデュアルスクリーン側でATOKの入力が可能になったこと。

20200804_133321.jpg

いちいち本体画面に変更して入力する手間から解消されました。

外部ディスプレイにつなげてのデスクトップモードも便利です。

20200715_112954.jpg
つなげる機会は殆ど無いですが、テクノロジーとしては大いに有り。

もともと手に馴染むLG G8X ThinQが正当に進化したという印象で、使い勝手も良いです。

ただ、Android 10に対するパフォーマンス的なチューニングは今後のアップデートに期待したいところです。

以上、参考まで。


posted by 61歳で無職になった男 at 13:52| 山口 🌁| Comment(0) | G8XThinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする