2019年02月21日

ThinkPad Helix 2015 Intel AMTは使えるのか?(導入編)

ThinkPad Helix 2015に搭載されている「Intel AMT(Active Management Technology)」では、リモートから電源ON/OFFをしたり、PCをリモートから操作したりする機能を利用できるはず!?ですが、知ってましたか?。

そもそもそんな機能は搭載されているのか?

UEFI/BIOSではIntel AMTの設定項目があります。(^^)↓

20190221_100253.jpg

では、Intel ME(Management Engine) BIOS Extentionは起動するのか?

電源を入れて、Ctrl+Pキーで起動しました。(^^)↓

20190221_100513.jpg

ログインしたら何を設定するのか?

色々な設定項目があることが分かります。(^^)↓

20190221_100550.jpg

これらに対して適正な設定を行う必要があります。

そうすると?

Windowsから「http://IntelAMTマシン:16992」で設定状態を確認・変更できるようになります。

2019-02-21.png

ログインすると?

2019-02-21 (2).png

これはこれで確認ツールとしては良いのですが、もっと良いツールを見つけました。

それは、「MeshCommander」というオープンソースなツール!?

2019-02-21 (4).png

こちらの方が、使いやすいですねぇ。

で、使えるのか?

家には2台のThinkPad Helix 2015があって、無線LANで使用していますが、両方のHelixのIntel AMTを有効にして、片方のHlixからもう一方のHelixの電源をオフにできるか確認してみることにしました。

結果は?

電源Offに成功しました。(^^)/

なーんだぁ、簡単じゃん!?

しかし、昨晩はお酒も沢山入っていたので、確認はここまでで終了しました。(^^;

次回は、電源投入とリモートコントロールに挑戦してみようと思います。(^^)/

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 00:00| 山口 ☁| Comment(0) | Helix2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

ThinkPad Helix 2015 TPMモードは2.0に設定すべき!?

そもそもTPMとは何か?

セキュリティ技術のひとつである「TPM(Trusted Platform Module)」は、安全な暗号化処理を実現するためのハードウェア耐タンパー性を持つセキュリティチップの仕様を指すらしく、2014年10月にリリースされたTPM2.0は、前身のTPM1.2に比べて利用可能な暗号アルゴリズムが増えるなどの強化が行われているそうです。

ちなみに、Windows 10固有の機能「Credential Guard」や「Device Encryption」などはWindows 10 + TPM 2.0の組み合わせのみ利用できるそうです。

それに、2016/7/28以降に出荷されるWindows 10 PCはTPM 2.0が必要なんだそうです。

2015年に発売されたThinkPad HelixはTPM1.2だったと判断できそうです。

では、ThinkPad Helix 2015の設定はどうなっているか?

UEFI/BIOSを起動して、Securityの中のSecurity Chipの「Security Chip Selection」は、
「Discrete TPM」(TPM1.2)となっていました。

2016年版の「ユーザーガイド」ではデフォルト「Intel PTT」(TPM2.0)となっています。

2019-02-19 (1).png

ネットを調べるとTPM1.2から2.0に変更するとWindowsが起動しなくなることがあるように書かれているサイトもありましたが、強引にTMP2.0に変更してみました。

変更時には、ごちゃごちゃと警告が出ましたが、いざ強行突破!?

起動しなくなったか?

最新の「Winodows 10 October Update 2018(RedStone5)」では何事も無く起動しました。

セキュリティデバイスの認識も問題ありませんでした。

2019-02-19.png

ということで、

最新のWindows 10を利用する場合には、セキュリティ上はTPM2.0が標準であり好ましい状態ということが分かったので、今後はこの状態で使おうと思いました。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 00:00| 山口 ☔| Comment(0) | Helix2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

ThinkPad Helix 2015 Ultrabook Pro Keyboardをもう一台買ってみた!?

ThinkPad Helix 2015を2台目として買ったときに付属していたのは「Ultrabook Keyboard」で、確かに軽いのは良いんですけど、ドッキングが微妙にやり難い(一発でカチャッとはならない)、本体の角度調整もできないし、バックライトも点かないし、これだと折角のカッコいい螺旋(Helix)ちゃんが陳腐に見えたりするんですよねぇ。

残念!(*´ω`)

だから、買っちゃいました。(^^)/

Ultrabook Pro Keyboard。

20190216_222402.jpg

破損の無いものだと6,980円で売るサイトがあったんですけど、注文しようとしたら売り切れていて、そのサイトを探してみるとそこに破損箇所のあるものが4,980円で1台あったんです。

破損個所は気になる人は確かに気になります。(^^)↓

atriopc_10022_3.jfif

これだとスルーした人がいたとしても不思議ではないかも!?

しかし、破損個所は目立つところではないし、パテで何とか補修できそうな感じがしたのでとりあえず購入して修復に挑戦しました。

パテはアマゾンで購入しました。(^^)↓

91FcydcexXL._SL1500_.jpg

修復を試みたその結果は?

20190216_215514.jpg

自分にこんな才能があったのか!?程度に修復できて感動しています。

破損個所以外に傷や擦れはないしテカリも無い綺麗なキーボードで、バッテリーがちょっとだけ劣化しているだけだったのでコストパフォーマンスは良かったです。

なので!?

敢えて破損品を買っても修復すれば満足できるかも!?

そう思いました。

ただそれだけのこと。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 22:28| 山口 | Comment(0) | Helix2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

ThinPad Helix 2015 2台目でSSD低速のトラブル発生!?

ThinkPad Helix 2015を気に入って2台目を購入したんですけど、「これはハズレか!?」と思うような事態に遭遇したことを書き留めておきたいと思います。

ハズレか!?と思ったことは?

Super-PIというベンチマークがありますが、これは基本的にCPUのシングル性能を評価するものなのですが、104万桁の実行結果が30秒を超えたんです!?

こんなことはあり得ないと何度やっても結果は同じなのでハズレかと。

CPUがCore M-5Y71で、これはあり得ない数値です。(@_@)

ここでまず疑ったのは、SSDです。

M.2 SATA3.0 128GBなので、CrystalDiskMarkのシーケンシャルリードは普通に500MB/sは出るはずなのに、125MB/s程度しか出ないんです。

SSDそのものの問題じゃん!?( `ー´)ノ

SSDは「M.2 SATA3 WD Green 128GB」です。

メーカーサイトからドライバーをダウンロードしようと思って探してみたら、見つかったのは、「Western Digital SSD Dashboard」というソフトでした。

2019-02-10 (10).png

これを起動してみると、ファームウェアの更新プログラムがあることがわかったので、更新プログラムをダウンロードしてファームウェアを更新してみたら?

CrystalDiskmarkのシーケンシャルリードはSATAの標準値である500GB/sを超えました。(*^▽^*)

これでSuper-PIもそれなりの数値を出すと思って実行してみたら、期待通り14秒で104万桁を実行してくれました。

要するに、Super-PIはSSDのアクセス速度にも大きく影響されるということでした。

それにしても、Western DigitalのSSDを購入して、そのままの状態では本来の性能を発揮できないなんて思ってもいなかったので驚きました。

SSDのファームウェアも気にしないといけないんですねぇ。( 一一;

なので、

思うようにパフォーマンスが発揮されないと思っている方は、SSDパフォーマンスをチェックしてみて、そのファームウェアの更新についても考えてみる必要があるみたいですよ。

本来のパフォーマンスを発揮できるようになったThinkPad Helix 2015はやっぱり最高のモバイルタブレットなのでした。

2019-02-10 (8).png
シーケンシャルライトが遅いのは今だ不明!?

2019-02-10 (2).png
この数値は優秀ですね。


以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 21:11| 山口 ☁| Comment(0) | Helix2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

ThinkPad Helix 2015 SIMフリーで使っていますけど何か?

もうすぐ定年老人(管理人)の所有するThinkPad Helix 2015は、2015年12月から2018年12月まで企業向けにリースされたらしいもの(シリアル番号からメーカー情報で確認)で、スペックは以下の通りです。

CPU Core M-5Y71(Surface GOのCPUよりは高性能!?)
Memory 8GB Dual Channel対応(オンボード増設不可)
Storage M.2 NVMe PCIe 2.0x2 256GB(NVMeを実装した高速起動が自慢!?)
WiFi Intel Dual Band Wireless AC7265 IEEE802.11ac 867Mbps対応
W-WAN Sierra Wireless EM7340 LTE 対応バンド B1,B3,B19,B21対応
(EM7345は避けるべし、アンテナも必要になるかも!?)

このように購入時からNVMOのSIMを使える環境がありました。

だから買ったわけですが。(^^)v

WindowsタブレットでSIMフリーなんて使ったことがなかったので最初はどうやって設定するんだ!?って少し不安でしたが、そんなことは全く気にしなくて良いほど簡単に使えるようになりました。

では、Windows10での楽天モバイル・データ通信SIMを使う場合の詳細な設定方法について書いておきたいと思います。

・SIMは?

 Huawei MediaPad M3 LTE プレミアムモデルで使用していたSIMは、楽天モバイルから発行してもらったdocomoのLTE対応のnanoSIMで、SIM発行手数料が3394円、ひと月に3GBまでで月額としては972円のものです。
 ThinkPad Helix 2015のSIMスロットはmicroSIMなので、変換アダプタを介して装着しました。
 SIMスロット自体も、押して入れて、押して取り出すタイプなので簡単に装着できました。
 20190206_104208.jpg

・設定はどうやるか?

 設定画面から「ネットワークとインターネット」を開き「携帯電話」を開きます。
 2019-02-06.png
 「詳細オプション」から、APNを追加します。
 2019-02-06 (1).png
 APNの設定情報については、楽天モバイルの場合には申込種別によって何種類かあるようなので、こちらでしっかりと確認しましょう。

 管理人の場合の設定情報は次の通りです。
 2019-02-06 (6).png
 設定が正しければ、携帯電話画面で接続済みと確認できます。

・WiFiとの切替は?

 基本的にWiFiにつながった状態であれば、WiFiで通信されて、WiFiが繋がらない状態になったときにLTEで通信されます。なのでわざわざ切り替える必要はありません。画面上では「接続済み」となっているので、神経質な人で気になる人はアクションセンター(画面最下部右端のアイコン)から「携帯ネットワーク」をオフにすることもできます。
 2019-02-06 (7).png
 ちなみに、通勤電車でブラウザを起動すると「データ通信を利用しています」というポップアップが出るので、知らないうちに通信量が増えたと誤解することも無さそうです。

・通信量の管理はできるのか?

 設定画面の「ネットワークとインターネット」の携帯電話画面にある「データ使用状況を追跡するために通信量上限を設定する」をクリックするとデータ通信量を確認できますし、データ通信の上限を設定できます。
 2019-02-06 (4).png

・WiFi通信に比べて遅くないか?

 一般的にはWiFiの理論値に比べれば遅いような印象を受けますが、実際には接続環境に大いに影響されると思います。管理人の仕事場ではWiFiによるインターネットへの接続が極端に遅いので逆転現象が起こっていて、WiFiよりは遥かに快適な通信速度が出ています。
 2019-02-06 (8).png
 WiFi
 2019-02-06 (9).png
 LTE

・アプリごとの制限はできるのか?

 設定画面の「ネットワークとインターネット」の携帯電話画面にある「携帯データネットワークを使えるアプリを選ぶ」からアプリごとに通信制限ができるようになっています。
 2019-02-06 (3).png

このようにThinkPad Helix 2015で楽天モバイル・データ通信SIMを簡単にかつ安心して使うことができています。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 00:00| 山口 ☁| Comment(0) | Helix2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする