2017年07月27日

OMEN by HP 15-ax207TX Ultra HD「君の名は。」再生できない!?

当然再生できるものと信じていたんですが?

はっきり、現状の装備ではダメだと分かりました。( 一一)

そもそも、Ultra HDを再生するには以下の条件が必要なようです。

@CPU
 Intel 第7世代デスクトップ向けCorei7/i5プロセッサー(KabyLake-S)
 Intel 第7世代ノートブック向け Core i7/i5プロセッサー(KabyLake-H)
 (Uプロセッサーは非対応)

 OMEN by HP 15-ax207txは、Core i7-7700HQなのでクリアしています。

Aマザーボード
 Intel SGX 対応intel 200シリーズ マザーボード
 HDCP2.2/HDMI2.0a出力対応Intel 内蔵GPU出力対応(HDMI出力用)

 マザーボードにIntel SGXの設定もあります。

BGPU
 Intel HD Graphics 630 第7世代プロセッサー向け内蔵GPU

 これもクリアしています。

Cメインメモリ
 6GB以上

 これもクリアしています。

D外部ディスプレイ
 4K解像度(3840 x 2160以上)HDMI2.0a(要HDCP2.2)対応ディスプレイ

 これもクリアしているはずだし、LG 24UD58-Bでも大丈夫でしょう。

E再生ソフト
 PowerDVD17などの対応製品が必要

 PowerDVD16ではダメみたいです。

FBlu-rayドライブ
 Ultra HD対応と明記されている必要があるようです。

 ロジテックのLBD-PUB6U3VWHを買う時に型落ちで安くなっているのは分かっていながら、「4K再生可能」とも書いてあったのでこのことかと思っていたら、どうも違うみたいです。
 新製品ではUltra HD対応としっかり明記されていました。(>_<)

つまり、

Blu-rayドライブと再生ソフトを新たに買わないとダメみたい!

せっかく買ったUltra HDの「君の名は。」なのに、今のところ眺めるだけになりました。

Blu-rayドライブを買うと言っても、

安いもので1万越え、信頼できるパイオニア製で14000円くらいするみたいですねぇ。

もう既にブルーレイ版で「君の名は。」を見てしまったので、本編をもう一度見る為だけに出費するというのはキツイなぁ。

ということで、しばらくお預けかな?

いや、

明日には再生してみせるぞ!?( `ー´)ノ

参考まで。


posted by 62歳のガジェットオタク!? at 10:53| 山口 ☁| Comment(0) | OMEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

OMEN 15-ax207TXで「君の名は。」見たよ!?

昨日アマゾンで注文した「君の名は。」コレクターズエディションが本日届きました。

71aij+9dPEL._SL1500_.jpg

娘が昼前に受け取ってくれていたので、奥方様にばれないように昼までで早退して、梱包の段ボールを片付けました。

そしてブルーレイディスクで本編と特典を鑑賞しました。

なので、夕方にご帰宅された奥方様は何一つご存知ないという状況を作れたので一切のお咎めはありません。

あーぁ良かった。(^_^;)

それにしても、Ultra HDは見られませんでした。(T_T)

ブルーレイドライブも今回は新調したし、PowerDVD16だから見られないはずはないはずなのになぜ?

まぁ今週末にでも調査してみたいと思います。

思ったんだけど?

アマゾンのレビューにあったように、台本はなくて良いものだね。

それだけのこと。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 21:55| 山口 ☁| Comment(0) | OMEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

OMEN 15-ax207TXでYouTube 4K動画をダウンロードする!

OMEN by HP 15-ax207TXはUHDTV(3840x2160)の解像度を誇るゲーミングノートですが、普段はゲームなんて全くしないので、写真や動画でそれなりの使い方を模索しています。

昨日はYouTubeから4H動画をダウンロードして鑑賞してみました。

YouTubeから4K動画をダウンロードするのに使用したソフトは、「4K Video Downloader」。

ダウンロードはこちらから。

@ブラウザで観たい動画を選んで、URLをコピーする。

 2017-07-19 (4).png

A4K Video Downloaderにリンクを貼り付ける

 2017-07-19 (3).png

B画質を選択してダウンロードする

 2017-07-19 (2).png

Cダウンロードした動画を再生する

 デフォルトではビデオフォルダにダウンロードされたので、それを再生します。

たったこれだけの操作でYouTubeの動画をダウンロードして鑑賞できるので助かります。

ただ、あまりに素材が少ないような気がするのはあたしだけ?

近いうちに、UHD BDのソフトでも買ってみたいと思います。

その前に!?

ここで見つけた「モアナと伝説の海」が気に入ったので、

ヤフオクで未開封のブルーレイとブルーレイ3Dをポチッて、

アマゾンで3Dメガネをポチッておきました。(^^;

今週末は奥方様もいないので... 

これらが届く週末には、孫たちと鑑賞したいと思います。(*^▽^*)

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 13:31| 山口 ☁| Comment(0) | OMEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

OMEN 15-ax207TX Biosは初期設定で使うな!?

OMEN by HP ゲーミングノートのパフォーマンスモデル 15-ax207TXのBiosを見るには、電源投入直後にESCキーを押してスタートアップメニューを出した後にF10でBiosセットアップに入ります。

IMAG0769.jpg

Main画面

IMAG0.jpg
この画面では日時、時刻が合っているか、CPUやメモリは正常に認識しているか確認が大事ですね。

Security画面

IMAG0771.jpg
パスワードを設定しない場合は触る必要なし。

System Configuration画面

IMAG0772.jpg
ここで問題がありました。
Virtualization TechnorogyがDisableになっていました。
この状態だとVMWareなどの仮想化ソフトを利用することができません。
しっかりとEnableに設定し直しましょう。
Battery remaining TimeもDisableになっているのはおかしいと思ったので、Enableにしました。


Exit画面

IMAG0774.jpg
Exit Saving Changeで設定を保存しましょう。

念のためにBoot Optionを確認しておきましょう。

Boot Option画面

IMAG0773.jpg
USB BootがEnableと確認できました。

それにしても、Virtualization TechnorogyがDisableに初期設定されているパソコンは珍しいですねぇ。

馬鹿か! > HP

以上、簡単に見てみました。


posted by 62歳のガジェットオタク!? at 13:21| 山口 ☁| Comment(0) | OMEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

OMEN by HP 15-ax207TX 想像を超えるエンタメPC!?

main0219.jpg

欲しかったのは15.6インチ以下のノートPCで、ディスプレイは4K IPSで、CPUはCore i7-7700HQで、メモリはDDR4-2400 16GBで、ストレージはM.2 SSD256GB+1TBHDD以上、サウンドの良いもの。

で、金額は税込み・送料込みで15万円以下が絶対条件。

これだとOMEN by HP 15-ax200 価格.com限定モデルしか選択肢はなかった、ただそれだけのこと。

で、どうなんだ?

〇ディスプレイは、LGD04D4 15.3inches 3840x2160@60Hz。

このパネルはRGBWタイプらしく疑似4Kとか、画素数の横が3/4の2880になってしまうとか言われることがありますが、本当の!?4Kを見たこともないし、大画面テレビじゃないんだし、15.6インチだけど確実にWQXGA(2560x1600)よりは綺麗だと思える優れものですよ。
OMENの15.6インチのフルHD液晶の評判があまり良くないだけに4Kにしておく方が満足度は高いです。

〇CPUはCore i7-7700HQ 4Core 8Thread 14nm 2.8GHz(3.8GHz) 8GT/s DMI3 45W

この突き抜けた性能!?のCPUを搭載したノートパソコンは少なくて、ゲーミングノートだけがその恩恵にあずかれるような感じですね。
その性能はQ1'10発売の32nm 6Core 12threadのCore i7-980Xと同等で、その性能自体が今でもハイエンドなわけで、それをこのノートパソコンで味わえることが凄いことだと思います。
実際にXeon W3680をメインマシンにしていますが遜色ない性能を発揮してくれます。

〇メモリはSamsung DDR4-2400 SO-DIMM 8192MBytes 1.2V x2

価格.comモデルの標準は8GBですが、普段8GBの増設に22000円が必要なのに価格.comモデルでは追加5000円で済むし、折角のデュアルチャンネルを生かす意味でも16GBにするのは必須ですね。
実際に16GBあれば大抵のソフトを走らせてもメモリ不足になることはないでしょう。

〇ストレージはSamsung 256GB PCIe NVMe SSDとHGST 1TBのHDD

普通のSSDが500MB/sとしたらこれは3000MB/sの読み出し速度を誇る優れものです。
電源を入れてからの起動の速さには驚きますよ。
それに1TBのHDDがあるので〇〇ビデオを貯めておくには余裕です。

〇スピーカーはBang & Olufsen デュアルスピーカー

音に拘っていることは大事です。
大きな音でクリアーに再生されるスピーカーは音楽や映像を楽しむには欠かせません。

まさに、

15万円以下というコストを考えれば、

想像を超えるエンタメPC!?なわけですよ。

参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 14:13| 山口 ☀| Comment(0) | OMEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする