2021年10月02日

今年に買ってしまったスマートフォンは8台だった!?

今年に入って8台のスマートフォンを買ったことに今更ながら気づきました。(^^;

日付型名購入先購入金額
2021/4/28Xiaomi Redmi Note 10 Proアマゾン34,800円
2021/6/24Xiaomi Mi 11 Lite 5G MGヨドバシカメラ43,800円
2021/7/07Xiaomi Mi 11 青春版メルカリ37,000円
2021/7/11Xiaomi Mi 11 Lite 5G TBIIJmio19,800円
2021/7/25motorola edge sヤフオク!38,000円
2021/8/15realme gt master explorer メルカリ53,000円
2021/9/11motorola edge s proPayPayフリマ46,400円
2021/9/30Xiaomi Mi 11 ProPayPayフリマ74,400円

ガジェット系のユーチューバーでもないあたしがどうして8台も買ってしまったか?

その理由は、今年に入ってミドルレンジスマホがある意味使えるレベルに達したからだということと、生来のガジェット好きで衝動買いの癖があるからと分析するのが正解でしょう。

そんな買ってしまったスマートフォンについて振り返ってみましょう。

・Xiaomi Redmi Note 10 Pro
 有機ELディスプレイで1億800万画素のカメラ搭載でデュアルスピーカーが話題でした。
 4Gにしか対応していないことと、処理性能の不足が人気を落とした原因でしょう。

・Xiaomi Mi 11 Lite 5G MG
・Xiaomi Mi 11 青春版
・Xiaomi Mi 11 Lite 5G TB
 そこそこ高性能なSoCを搭載して、薄さと軽さを両立した記念すべき1台でしょう。
 一部のゲームとの相性問題と、そこそこ過ぎるスペックが飽きにつながったと思います。

・motorola edge s
 高性能なSoCを搭載して、使う上での不満点はほぼ無いと言って良いでしょう。
 厚さと重さが気になる点と、尖った部分の無さが飽きにつながったと思います。

・realme gt master explore
 高性能なSoCを搭載して、メインカメラ性能に特に拘っている点が好印象です。
 比較的薄くて軽くて、持ち心地が良い点が今も気に入っています。

・motorola edge s pro
 高性能なSoCを搭載して、カメラ性能にある程度拘っている点が好印象です。
 シングルスピーカーである点を除けば、使い易いミドルレンジスマホだと思います。

・Xiaomi Mi 11 Pro
 超高性能なSoCを搭載して、ハイエンド特有の性能に拘ったスペックが印象的です。
 高精細なディスプレイ、高性能なカメラ、防水防塵、ワイヤレス充電対応が素晴らしい。
 流石にハイエンドスマホは違うなぁという印象です。

ということで、

手元に残っているのは、

 

 無題.png

それと明日届く予定のMi 11 Proとなりました。
 タイトルなし.jpg

もう貯金もなくなったし、ハイエンドスマホも手に入ることになったので、今後しばらくはスマートフォンを買うことはないでしょう。

みなさんも、こんなお金の使い方はしないようにご注意ください。(^^)/

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 14:02| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: