2021年09月21日

realme gt master explorer VS motorola edge s pro バッテリー持ち対決!?

メインスマホとして使っているrealme gt master explorer editionとサブスマホとして使っているmotorola edge s pro(edge 20 pro)のバッテリー持ちについて、PCMarkというアプリでバッテリーの持ちを計測してみました。

仕様的にはどちらも高性能なスマホです。↓

製品
realme GT Master Explorer
デザイン無題.png
OSAndroid 11, MYUI 2.0Android 11, realme UI 2.0
SoCSnapdragon 870Snapdragon 870
RAM6GB LPDDR58GBLPDDR5
ストレージ
128GB UFS3.1128GB UFS3.1
画面6.7型 (1080×2400), OLED6.55型 (1080×2400), OLED
リフレッシュレート 144Hzリフレッシュレート 120Hz
タッチサンプリングレート 576Hzタッチサンプリングレート 480Hz
メインカメラ108MP + 16MP(超広角)50MP + 16MP(超広角)
+ 8MP(望遠)+ 2MP(マクロ)
インカメラ16MP32MP
バッテリー4520mAh,33W急速充電4500mAh,65W急速充電
サイズ163 x 76 x 8.49mm159.972.5 x 8.8mm
重さ189g183.5g
通信4G:B1/3/8/26対応4G:B1/3/8/18/19/26対応
SIMnano SIM + nano SIMnano SIM + nano SIM
USB
USB Type-C
(USB 3.1・映像出力対応)
USB Type-C
スピーカーシングルスピーカーデュアルスピーカー
イヤホンジャック××
購入金額46,400円(2021/9/9)53,000円(2021/8/17)

計測結果は、↓

motorola edge s pro(edge 20 pro)realme gt master explorer edition
s-Screenshot_20210920-230250.jpgs-Screenshot_2021-09-21-06-12-24-30_3ff1551ba01961a4a6c150d60bca475f.jpg

圧倒的な差が出てしまいました。(-_-;)

バッテリー持ちに大きく影響しそうなディスプレイのリフレッシュレートの違いが大きいのかもしれません。

どちらも自動設定にしていますが、144Hzと120Hzの違いは大きいのかな?

最新スマホのZenfone 8の計測結果が約7時間というのはネットで確認しています。

SoCがSnapdragon 888でリフレッシュレートが120Hzで7時間ですから、motorola edge s proもそれに比べるとまだマシかもです。

いずれにしても、

メインスマホとして使っているrealme gt master explorer editionには、次のような優位性があると分かりました。

・横幅72.5mmと薄さと軽さからくる持ち心地の良さ
・ハイエンドスマホと同じセンサーを持つ標準カメラ性能の高さ
・デュアルスピーカーの音の良さ
・バッテリーの持ちの良さ

同じくらいに高性能なSoCを持つ2機種ですが、意外にバッテリー持ちには差があると判明しました。

お勧めはrealme gt master explorer editionですが、motorola edge s proも捨てがたいのは、↓

・カメラ性能が優秀(特に望遠性能は秀逸)
・ピュア・アンドロイド
・ディスプレイのヌルサク性能の高さ
・カスタマイズ性能の高さ

ということで、2台持ちがしばらく続きそうです。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 08:29| 山口 ☁| Comment(0) | realmeGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: