2021年09月16日

最近買ったミドルレンジスマホ4台の評価表を作成した!?

定価が5万円以下のミドルハイのスマートフォン4台の評価についてのお話です。

今年の7月にXiaomi Mi 11 Lite 5G、motorola edge s、8月にrealme gt master explorer、9月にmotorola edge s proと購入して使ってきましたが、使い勝手を独自に評価してみるとどうなるか?

そう思い立ったので、数値的に評価してみることにしました。

ということで、

以下の10の項目について、5段階で相対的に評価してみました。(^^)/

 
s-s-E382BFE382A4E38388E383ABE381AAE38197.jpg
s-E784A1E9A18C-412d0-thumbnail2.jpg
s-s-E382BFE382A4E38388E383ABE381AAE381972-thumbnail2.jpg

s-mi11.jpg
デザイン5533
サイズ5434
重量5435
ディスプレイ4534
SoC5554
カメラ4533
スピーカー
5435
充電速度5434
4GLTEバンド5445
ゲーム対応5554
総合得点48453541

・デザインについては、有名な工業デザイナーによるものは良いし、高級感のある外観は良しとしました。
・サイズについては、胸ポケットに入れたりするときの高さだったり、手に持ったときの幅を考慮して評価しました。
・重量については軽い方を評価しました。
・ディスプレイについては、有機ELでリフレッシュレートとタッチサンプリングレートから評価しました。
・SoCについては、Antutuベンチマークのスコアーから評価しました。
・カメラについては、イメージセンサーと望遠などの特徴機能を評価しました。
・スピーカーはデュアルスピーカーと音質から評価しました。
・充電速度については、単純に充電の速さから評価しました。
・4GLTEバンドについては、単純に日本のキャリアへの対応度合いを評価しました。
・ゲーム対応については、ゲームの性能を十分に発揮できるかを評価しました。

気ままにデジタル生活サイトとしては、

realme gt master explorer edition(真我GT 大师探索版)を最高に評価しました。

ハンドリングのし易さは抜群で、カメラにも注力しているという判断です。

ただ、カメラ的にはmotorola edge s pro(edge 20 pro)は捨てがたい魅力です。

メインは108MPで超広角は16MPで、望遠は8MPで光学式手ぶれ補正対応のペリスコープカメラによる5倍光学ズーム・50倍ハイブリッドズームなどにも対応している点は、realme gt master explorer editon(真我GT 大师探索版)と平行して使いたいスマホだと感じています。

以上、勝手に評価した結果です。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 12:52| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: