2021年09月07日

motorola edge s(moto g100) 日本版の新ROM「RRTS31.Q1-84-24-3-1」が公開された!?

本日motorola edge s(moto g100)のROMの更新を確認してみると、新しい日本版のROMが公開されていました。

s-2021-09-07 (1).jpg

ファイル名は、「XT2125-4_NIO_RETAPAC_JP_11_RRTS31.Q1-84-24-3-1_subsidy-DEFAULT_regulatory-DEFAULT_CFC.xml.zip」です。

これをダウンロードフォルダに解凍しました。↓

s-2021-09-07 (2).jpg

ROM焼きはもう慣れたもので、

これを焼く為に、moto g100をファーストブートモードで起動してPCにつなぎました。

s-IMG20210907115854.jpg

fastboot devicesで接続を確認してから、バッチファイルからROM焼きしました。

バッチファイルは以下のものです。

fastboot getvar max-sparse-size
fastboot oem fb_mode_set
fastboot flash partition gpt.bin
fastboot flash bootloader bootloader.img
fastboot flash vbmeta vbmeta.img
fastboot flash vbmeta_system vbmeta_system.img
fastboot flash modem NON-HLOS.bin
fastboot flash fsg fsg.mbn
fastboot flash bluetooth BTFM.bin
fastboot flash dsp dspso.bin
fastboot flash logo logo.bin
fastboot flash boot boot.img
fastboot flash vendor_boot vendor_boot.img
fastboot flash dtbo dtbo.img
fastboot flash super super.img_sparsechunk.0
fastboot flash super super.img_sparsechunk.1
fastboot flash super super.img_sparsechunk.2
fastboot flash super super.img_sparsechunk.3
fastboot flash super super.img_sparsechunk.4
fastboot flash super super.img_sparsechunk.5
fastboot flash super super.img_sparsechunk.6
fastboot flash super super.img_sparsechunk.7
fastboot flash super super.img_sparsechunk.8
fastboot flash super super.img_sparsechunk.9
fastboot flash super super.img_sparsechunk.10
fastboot erase mdmddr
fastboot erase mdm1m9kefs1
fastboot erase mdm1m9kefs2
fastboot erase carrier
fastboot erase userdata
fastboot erase metadata
fastboot erase ddr
fastboot flash fsg fsg.mbn
fastboot flash bluetooth BTFM.bin
fastboot oem fb_mode_clear
fastboot reboot

以上で、問題無く日本版の最新のROM焼きが完了しました。(^^)↓

s-Screenshot_20210907-132207.jpg

root化はもう慣れたもので、

内部共有ストレージのDownloadフォルダに以下のファイルを置きました。

・Magisk-v23.0.apk
・日本版ROMのboot.img

Magiskをインストールして起動したら、

s-Screenshot_20210805-121846.jpg

インストールをタップして、

s-Screenshot_20210805-121937.jpg

パッチするファイルを選択から「boot.img」を指定して、はじめるをタップしました。

s-Screenshot_20210805-134425.jpg

すると、内部共有ストレージのDownloadフォルダに、パッチ後のimgファイル(magisk_patched-23000_xeEAV.img)が作成されました。

これを焼く為に、moto g100をファーストブートモードで起動してPCにつなぎました。

fastbootコマンドのあるフォルダにmagisk_patched-23000_xeEAV.imgを置いて、

コマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドを実行しました。

fastboot flash boot magisk_patched-23000_xeEAV.img
fastboot reboot

これで、root化は完了しました。

s-Screenshot_20210907-144014.jpg

フォント変更も慣れたもので、

内部共有ストレージのDownloadフォルダに以下のファイルを置きました。

・magisk-module-sawarabi-font.zip
 注:このファイルは、magisk-module-koruri-font.zipをさわらび明朝フォントに差し替えたものです。

Magiskを起動したら、

s-Screenshot_20210805-123317.jpg

右下のコマンドアイコンをタップして、

s-Screenshot_20210805-123335.jpg

ストレージからインストールをタップして、magisk-module-sawarabi-font.zipを指定しました。

s-Screenshot_20210805-130625.jpg

インストールが完了したら、再起動すればフォントがさわらび明朝になりました。

以上で、

快適なroot環境とフォント環境の完成です。(o^^o)

もう、何度もROM焼きしたので慣れた作業になりました。

また新しいROMが公開されるまで、しばらくはこのままで使いたいと思います。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 13:16| 山口 ☁| Comment(0) | motoEdgeS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: