2021年08月27日

真我GT 大师探索版 5万円台のスマホとしての満足度は100%!?

真我GT 大师探索版をメインスマホとして使っています。

s-IMG_20210817_160811443.jpg
このデザインが気に入っています。

メインスマホとしてに気に入った理由は?

以下の6つの点に集約されます。

・デザインの良さ

 深澤直人さんのデザインに所有欲を搔き立てられました。
 スマホのデザインなんて余り変わりが無い印象ですが、高級感を演出するエッヂディスプレイとビーガンレザーの背面は従来のスマホには無いユニークさがあって好きです。
 カバーなど付けずにそのまま使いたいくらいに外観は気に入っています。

・ハンドリングの良さ

 本体を持った時の印象は、薄い・軽いという印象です。
 カバー込みで200gを越えるスマホが多い中で、はっきりと軽いと認識できました。
 幅についても大きすぎないので持ちやすいと感じました。

・レスポンスの良さ

 SoC性能とメモリやファイルの規格からハイエンドと同じなので何をしても快適です。
 メモリはLPDDR5、USFは3.1というのがハイエンドをアピールするには必須と感じます。
 アプリの起動も機敏で、ブラウザのリンク先の表示も爆速で快適です。

・カメラ性能の良さ

 メインカメラについてはハイエンド機と同じセンサーとOISを搭載しています。
 それほどカメラ性能に拘った製品ということでしょう。
 写真やビデオを撮ることが楽しくなる製品だと感じています。

・デュアルスピーカー

 Dolby Atmos対応のデュアルピーカーはハッキリとその違いを認識できます。
 音が良いだけでスマホの印象は大いに変わると実感しています。

・価格

 SoC性能を求めるだけなら5万円以下でも選択肢は多くなってきましたが、カメラ性能を強化したものを選ぶとなると8万円以上は覚悟しないといけない中で、貴重な存在だと感じました。

ということで何を言いたいかというと、

超高性能なSnapdragon 888の発熱とバッテリー消費が気になっていた中で、性能的には申し分の無いSnapdragon 870で安定して使えるということと、カメラ性能には拘りを持ってチューニングされた製品で、それがミドルレンジの価格帯で発売されたことに衝撃を受けて購入して、実際に使ってみて満足度が半端ないって感じです。

最高に気に入っています。(*^_^*)

欲を言えば、これが日本版としてVoLTE対応で発売されることです。(^^)/

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 20:30| 山口 ☀| Comment(0) | realmeGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: