2021年08月13日

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gをroot化することに意味はあるんか!?

現在はメインスマホの「motorola edge s(moto g100)」とサブスマホの「Xiaomi Mi 11 Lite 5G」をroot化してシステムフォントを変更して使っていますが、そこに意味はあるんか?と問われることに回答したいと思います。

ハッキリ言って、

「こだわりの無い人」には、無縁の愚行でしかないでしょう。(>_<)

あたしの場合、root化した目的は、次の2点です。

・システムフォントをさわらび明朝にしたい

  s-1628233707987.jpg

・chromeのデフォルト表示はPC版表示にしたい

 s-Screenshot_20210813-194908.jpg

それが実現できて大変満足しています。

まぁ前提条件としては、root化して動作しないアプリは普段使うことが無いということです。

・パズドラ
・ポケモンGO
・RecOn

これらは自分的には、使わないのでデメリットでは無いんです。(*^_^*)

それにしても、

リスクのあるroot化が必要だったのか?

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gについてですが...。

確かにroot化しなくてもフォント変更は可能なのですが、再起動した瞬間とかことあるごとにテーマフォントを適用するようで、その時に発生する待ち時間がストレスでした。

時間的には1秒程度なのですが、ホーム画面のアイコンが表示されるまで待ち時間がありました。

root 化して、システムフォントを変更してしまうと、待ち時間が無いんです。

このストレスの無さに感動すらしました。(o^^o)

もうひとつは、スマホモードのブラウジングが嫌いということです。

パソコンと同じように表示されて欲しいという欲求がありました。

それを実現してくれるroot化必須のアプリを使っています。

s-Screenshot_20210813-195159.jpg

ということで、

人それぞれスマホの動作に期待することは違うと思いますが、あたし的にはroot化しないと満足いかなかったということです。

まぁroot化のデメリットに関しては事前に理解しておきましょう。

・保証が無くなる。
・OTAアップデートは無くなる。
・root化して使えないアプリがある。

最新版のROMが公開されたら、フルインストールして初期設定から始める覚悟があれば良いだけです。

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 20:02| 山口 ☔| Comment(0) | Mi11Lite5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: