2021年08月12日

Mi 11 Lite 5G 国内版にグローバル版ROMを焼いても、おサイフケータイを使えるように出来るのか?

Xiaomi Mi 11 Lite 5G 国内版は、グローバル版に比べてアップデートが遅いと感じたので、最新のV12.5.5のグローバル版ROMを焼きましたが、おサイフケータイは使えるように出来るのでしょうか?

ということで、挑戦してみました。

参考にした記事は以下のものです。


こちらの記事を見る限り、登録や読み取りは出来るけどiDなどの支払いができないようです。

実際にどうなんだろう?

ってことでやってみることにしました。(^^)/

ただし、事前にブートローダーをアンロックしてroot化している必要があります。

準備するものは、記事中で紹介されていた「magisk-module-renoir-jp.zip」だけです。

あたしはこのファイルからLTE関連モジュールを削除して、純粋にFeliCaモジュールだけにしました。

では、Magiskで適用します。

02.jpg

右下の適用ボタンをタップします。

01.jpg

「ストレージからインストール」をタップします。

03.jpg

FeliCa適用モジュールを指定します。

04.jpg

これで適用できたので、再起動しました。

アプリドロワーに「おサイフケータイ」が追加されていました。↓

07.jpg

これを起動すると、

06.jpg

ご覧の通り、動作すらしませんでした。

この状態は、単にGoogle Playからアプリをインストールした状態と同じです。

FeliCaモジュールは4つも有るのに...。(?_?)why?

V12.5.2の日本版のvendor_boot.imgをfastbootからフラッシュしてみたりしましたが、いっこうに動作する気配はありませんでした。

ということで、

お手上げ状態となりました。(´д`)

まぁあたし的にはおサイフケータイは使ったこと無いし、使う予定も無いので...。

今後誰かが動作したという報告が上がるのを気長に待ちたいと思います。

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 16:48| 山口 ☔| Comment(0) | Mi11Lite5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: