2021年07月29日

Xiaomi Mi 11 Lite 5G ネットで噂の残念な点!?

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gは、2021年6月24日に国内発表されて、7月2日に発売されました。

s-20210717_211858.jpg
あたしは、ミントグリーンとトリュフブラックを持っています。

Mi 11 Lite 5Gは、その薄さと軽さとそのスペックに注目が集まり、大人気のようです。

今ではMVNOとのセット割りでは、発売後すぐに完売する程ですが...。

発表されたスペックだけでは分からないことが、

発売から一月近く経つといろいろと指摘されるようになりました。(--;ヤバイ!

あたしの認識している問題は以下の通りです。

・Antutuベンチで一部のテストがスキップされてスコアが約5万点低くなる

 雪のステージがスキップされる原因としてはメモリに関連するようですが、
 単純に再起動してその直後に実行すると問題無く実行できるようです。

・負荷を掛けると発熱が大きい

 Antutuベンチなどを実行すると背面のカメラ周辺が熱くなります。
 熱さの程度にも寄りますが結構心配になる人がいるようです。
 これを回避するには負荷を掛けないことです。(^^;

・一部のゲームタイトルで画面がカクつく

 原神やプロセカやパズドラという有名ゲームでのカクつきが指摘されています。
 確かにYouTubeで観ると使えないレベルのようです。
 ゲームを期待して買った人には残念な状況のようです。

・TWSイヤホンをペアリングしても、次回から自動接続されない

 TWS(True Wireless Stereo)イヤホンで、ケースから出してすぐに接続のはずが、
 Bluetooth設定画面を開いて手動で接続しないといけない状況がありました。
 あたしの場合は、最新版にアップデートして、ファクトリーリセットして治りました。

・アマゾンのプライムビデオの再生がSD画質になる

 アマゾンのプライムビデオは再生端末を選ぶようです。
 Widevine DRMにもL1レベルで対応していてもSD画質なので...。
 アマゾンサイドで対応条件的にSD画質に制限されているようです。

・Rakuten UN-LIMIT VIでWiFi接続時に番号非通知になる

 WiFiに接続した状況で電話を掛けると、相手側には非通知としてつながります。
 Redmi Note 10 Proでも同様な現象が発生していました。
 これを回避するにはWiFiを切ってから電話することです。

・バッテリー持ちがイマイチ

 日々使えば使うほどバッテリー持ちが短くなる印象です。
 ダークモードに設定しようがリフレッシュレートを下げようが、
 目立った効果は期待できないようです。

ということで、

発売当初はハイエンドキラー的な扱いが多かったですが、

現状としてはソフトウェアのアップデート待ち、という評価のようです。

ゲームのカクつき問題に関しては、MIUI V12.5.6でも大差ないようなので、

しばらくは、ゲーム優先での購入は控えた方が良さそうです。

今日の教訓

買ってしまったからには、アップデートに期待して待つしか無し!?


ちなみに、

motorola edge s(moto g100)ではこんな問題は無しで、超快適です。(^^)v

以上、参考まで。

posted by 61歳で無職になった男 at 12:11| 山口 ☀| Comment(0) | Mi11Lite5G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: