2021年07月28日

motorola edge s(moto g100) 初めて使ってみた印象は?

motorola edge sという機種は中国で最初に発売された謂わば「moto g100」です。

s-1627429326692.jpg

日本版との違いは、中国仕様とLTE対応バンドと価格の違いくらいでしょう。

あたしの「motorolga edge s」は今年3月に3万円台で発売されたようです。

なのに「moto g100」は5万円台で発売となっています。(>_<)タカイケドソレナリ?

現在の「motorola edge s」は「moto g100」のROMを焼いているので、

ハードウェア的にも、ソフトウェア的にも「moto g100」と全く同じです。

ということで、

今回、初めて「moto g100」として使ってみたので、

どういう印象を持ったのかを述べておきたいと思います。(^^)/

・Xperiaサイズ(ディスプレイ21:9)は手に馴染む

 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの横幅は75.73mmに対して、73.97mm。
 わずかな違いのようで持ち易さは段違いです。
 やっぱり横幅って大事なんだと思いました。
 ただちょっと縦に長いのでポケットからはみ出して不便かも!?

・機敏な動作が気持ち良い

 SoCがSnapdragon 870というのは、最新の888の熱問題とは無関係で
 性能としてはハイエンドと言って良いでしょう。
 何をするにも機敏に快適に反応してくれます。

・ピュアアンドロイドは余計なアプリが無くて良い

 メーカーの余計なアプリがインストールされていないことが好きです。
 フォントも明朝体っぽいのが選択できるのも気に入りました。
 ただGoogleアプリも最低限にして欲しかったかも!?

・ピュアアンドロイド故に使い勝手が悪い

 ホーム画面のカスタマイズが思うように出来ないのは残念です。
 まぁサードパーティーのランチャーを使うのが正解のようです。
 それと、デュアルアプリとセカンドスペースも使えないです。

・Rakuten UN-LIMIT VIと相性が良い

 Xiaomi Mi 11 Lite 5GだとWiFiに繋がった状態でRakuten Linkで
 電話すると相手には番号非通知となって繋がります。
 それがmoto g100ではキチンとこちらの番号が通知されます。
 この問題ってXiaomiだけみたいですね。(--;

・アマゾンプライムビデオをHD画質で観られる

 Xiaomi Mi 11 Lite 5GだとSD画質でしか観られなかったものが
 moto g100ではHD画質で観られるので、より映像を楽しめます。
 案外これって大事ですよね。

・モノラルスピーカーはやはり寂しい

 確かに音量とクリアー感はありますが、音の広がりがありません。
 せめてステレオスピーカーは標準にして欲しかったです。

そんな感じです。

ということで、

はっきり言ってちょっと重いですが...

FeliCa非搭載でも、無線充電非対応でも、防水防塵非対応でも、

性能重視の玄人には、納得できる1台だと思います。(o^^o)

ちなみに、Xiaomi Mi 11 Lite 5Gとベンチマークを比較してみました。

 motorola edge s(moto g100)Xiaomi Mi 11 Lite 5G
Antutu V9.0.12s-Screenshot_20210727-203642.jpgs-1625396011649.jpg
Geekbench 5s-Screenshot_20210727-221304.jpgs-1625229693231.jpg
PassMarks-Screenshot_20210727-212155.jpgs-1625354502744.jpg
PCMarks-Screenshot_20210728-093514.jpgs-1627433117714.jpg

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gとの性能差は明らかです。

moto g100を3万円台で買えるなら神機と呼んで良いでしょう。

今ならmoto g100は、goosimseller(OCNモバイルONE)で、一括26.000円です。(^^)/

ただそれだけのこと。
posted by 61歳で無職になった男 at 08:58| 山口 ☁| Comment(0) | motoEdgeS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: