2021年04月28日

Xiaomi Mi Note 10 Liteとは8ヶ月でお別れしました!?

昨年の8月にOCNモバイルOneで、セール特価の20,300円で購入したXiaomi Mi Note 10 Liteですが、ついに本日買い取りに出してしまいました。

最初は近所のリサイクルマートに持ち込んだところ査定額は12,000円でした。

次に持ち込んだのは、リサイクルモバイルショップのECOMOですが、査定額は14,000円でした。

ということで、14,000円で買い取ってもらいました。(--;ヤッチャッタ?

section04.png

では、

Mi Note 10 Liteのどこが不満だったか?

・曲面有機ELディスプレイ

 曲面なのでガラスフィルムだと大抵は浮いてしまうし、そのせいか指紋認証の精度も悪くなって使えない。

 画面全体をカバーするフィルムだと皺が出てあまり見栄えが良くなかったです。

 あたし的にはフラットなディスプレイが好きです。

・シングルスピーカー

 音楽や動画を楽しむにはシングルスピーカーだと迫力に欠けます。

 というか、音楽を聴くというのがオモチャみたいで嫌いでした。

 あたし的にはデュアルスピーカーが好きです。

・ROM64GB

 ROM容量が64GBというのは少ないと常々感じています。

 音楽ファイルだけで32GB程度はストックしておきたいので残念です。

 せめて128GBは欲しいところです。

・microSDに非対応

 ROM容量が少ない上にmicroSDに対応していないので、容量的に物足りなさを常に感じていました。

 ROM容量が256GBもあれば必要ないでしょうが、それ以下は搭載して当然かと思います。

・画面内指紋認証

 Android 11になったタイミングで認証精度は多少は良くなったようですが、保護フィルムを貼るとその分認証精度が犠牲になって使いづらいという印象です。

 出来れば電源ボタンまたは専用のセンサーが欲しいと思っていました。

・カメラ性能

 特に不満に思ってはいない部分ではありましたが、カメラ性能は毎年のように向上しているので、次に買うものに期待したいところです。

 まぁビデオを撮影する機会は極めて少ないので、動画性能については期待しなくても良いですが、写真は最新のカメラで撮りたいものです。

ということで、

Xiaomi Mi Note 10 Liteは、そもそも自分には必要なかったということです。(^^;

まぁそうは言っても、最近までデュアルSIMデュアルVolteが必要で、かつ有機ELディスプレイのミドルレンジという条件は必須だったので、まぁ時代とともにその役割を終えたということです。

メインのスマートフォンは、SoftBankのLG G8X THinQをあと1年くらいは使う予定ですが、サブ機が無くなってしまったのでサブ回線用が必要になりました。

さて、次に何を買うか?

実はもう注文しちゃったので、届いたら報告します。(^^)/

ただそれだけのこと。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 13:39| 山口 ☁| Comment(0) | MiNote10Lite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: