2020年12月21日

DELL XPSS 8900 今どきのゲーミングPC性能に近づける!?

DELL XPS 8900をお使いの皆様、新しいパソコンが発売されてその性能を知る度にそろそろ買換えを検討しようかと考えていませんか?

2016年の高性能機種だったものをそれ以上の性能のPCに買い替えるとなると、最低でも10万円は覚悟することになりませんか?

s-1607919514367.jpg

2016年に発売されたDELL XPS 8900の仕様は以下の通りです。

・OS Windows 10 Home
・CPU Corei7-6700 4コア8スレッド 3.40GHz(4.00GHz)
・メモリ 8GB DDR4 2133MHz(4GB×2)
・ストレージ 1TB SATA HDD
・グラフィックス GeForce GT 730
・電源 460W

これだと今どきのPCの性能には、はっきり言って遠く及びませんねぇ。(*´ω`)

これを出費を最小にして、今どきのゲーミングPCに近づけるにはどうするか?

@メモリを増強する
 アマゾンでDDR4-2133(PC4-17000) 8GBX2枚 約8,000円を買って増設する。
 あたしの購入したのはこちら

AストレージはNVMe SSDを拡張ボードを増設して搭載する
 アマゾンでNVME M.2 to PCIe 拡張カード 約1,000円を買って増設する。
 あたしが購入したのはこちら
 アマゾンでSSD 512GB 3D TLC NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 約7,000円を買つて搭載する。
 あたしが購入したのはこちら

Bグラフィックスボードを換装する
 ヤフオクなどで中古のGTX 1060を約1万円で買って換装する。
 例えばこちら

ということで、トータル約25,000円を出費することで、ベンチマーク結果はこうなりました。↓

Windows Score Share
2020-12-21 (1).png
結構良いな数値かと思います。

Performance Test V10.0
2020-12-21.png
5000を超えました。

CrystalDiskMark
2020-12-21 (6).png
メーカー公称値に近い数値です。

FinalFantasy XIV
2020-12-21 (2).png
フルHDの最高品質で、非常に快適です。

こうすることで、最新の15万円程度のゲーミングパソコンに近づけることが出来ます。

DELL XPS 8900を標準のままでご利用の方に、少ない出費で性能アップするお勧めの方法かと思います。

最後に、発売から4年も経過すると内部に溜まった埃とボタン電池の寿命によって、電源が入らなくなることがあるのでご注意くださいませ。

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 20:53| 山口 ☁| Comment(0) | XPS8900 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: