2020年11月28日

DELL XPS 8900を手に入れた!?

先日知人からパソコン(DELL XPS 8900)の電源が入らないと連絡があって調査しに行きましたが、短時間で調べただけでは原因を究明できませんでした。

s-1606461480648.jpg

持ち帰っても電源とかテスターとかも無いので、ヤマダ電機の5年保証内を利用して修理に出すことを提案したところ、「戻ってくるまでの時間が待てない」ということで新しいパソコンを購入することになりました。

エディオンまで付き添って購入したのはマウスコンピューターのGTUNE(EGPR536G166S5)を選択しました。

スペックは以下の通りです。

●OS:Windows 10 Home
●CPU:AMD Ryzen(TM) 5 3600XT
●メモリ:16GB
●グラフィックボード:GeForce(R) GTX 1660 SUPER(TM)
●HDD+M.2 SSD:2TB+512GB(SATA)
●ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
●電源:500W

それと同時に無線LANアダプターとMicrosoft Officeを合わせて、合計約20万円でした。

そんな金額をサッサッと決断できるってことは凄いです!

やっぱりお医者さんの家庭の金銭感覚はうちとは随分違うみたいです。(^^;

ひと通りネットワークの設定やOfficeのインストールなど、普段使いに問題無いように調整してあげました。

すると、古いパソコンは「処分して欲しい」ということで持ち帰ったわけです。

持ち帰って2日がかりで分解、清掃、電池交換などを行ったら、あら不思議!?

ちゃんと電源が入るようになりました。(^^)v

故障の原因は、どうも4年間で積った埃による影響のようでした。

動くとなると処分するのは勿体ないので、スペックアップして使うことにしました。

メモリを16GB追加して、512GBのM.2 NVME SSDを追加して、HDDを2TBに換装して、GPUを乗せ換えて、Windows 10 Proにアップグレードして、4年前の発売当時の最高級グレードに近いスペックにしてみました。

・OS Windows 10 Pro 20H2
・CPU Corei7-6700 4コア8スレッド 3.40GHz(4.00GHz)
・メモリ 24GB DDR4 2133MHz(8GB×2+4GB×2)
・ストレージ 512GB M.2 PCIE、2TB SATA HDD
・グラフィックス GeForce GTX 960 2GB DDR5
・光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
・電源 460W

使ってみた感想としては、比較的快適でした。(^^)/

4年前の高性能デスクトップですが、残念な部分もありました。

一つは無線LANが遅いことですが、これはチップを交換できそうなので手配しようと思っています。

もう一つはM.2のNVME SSDがx2でもx4でも動作しないことです。

2020-11-28.png
SATAのSSDの1.5倍程度のスピードしか出ませんでした。

あとはスピーカーを内蔵していないことも寂しい限りです。

気になるベンチマーク結果は下記の通りです。

WIN SCORE SHARE
2020-11-27 (3).png
結構高性能な数値だと思います。

Super PI
2020-11-27 (1).png
104万桁で10秒を切るのは優秀だと思います。

PASSMARK
2020-11-27 (6).png
4年前の機種としては優秀な部類だと思います。

CINEBENCH R20
2020-11-27 (4).png
CPU値1900(Singleは395)CPU性能の時代の変遷を感じます。

FF14
2020-11-27 (2).png
フルHDの標準品質で非常に快適でした。

FF15
2020-11-27 (7).png
フルHDの標準品質で評価は普通ということで、重いゲームでもそこそこは遊べそうです。

ということで、DELL XPS 8900は4年前の高性能機種ですが、構成次第ではまだまだ現役として活躍できそうです。

以上、参考まで。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 10:01| 山口 ☀| Comment(0) | XPS8900 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: