2020年03月15日

Huawei Watch GT 2 46mm スポーツモデル 入手から2週間経った!?

Huawei Watch GT 2 46mm スポーツモデルを入手してから2週間が経過しました。

debian001.jpg
標準バンドをブラックステンレスバンドに変更、ディスプレイには強化ガラスを貼り付けています。

写真を交えながら思いつくまま書いてみたいと思います。

IMG_0153.jpg
バンドと強化ガラス込みで98gでした。本体のみでは41gらしいです。

時計面を右にスワイプした時の画面を順番に見ていきます。

debian009.jpg
時々設定しているウォッチフェイスです。

debian004.jpg
活動量を表しているようですが、歩数以外は調べないとよく分からないです。

debian005.jpg
単体で音楽を保存してもコントロールできるし、スマホ側もコントロールできます。

debian006.jpg
現在地の気象情報を表示できます。

debian007.jpg
ストレス度合いを計測表示できます。

debian0081.jpg
心拍数を計測表示できます。

下にスワイプすると

debian003.jpg
5分間点灯したり、スマホを鳴動させたり、アラームを設定したり、その他の設定変更が出来ます

スマートフォンのアプリ「ヘルスケア」の画面も見てみましょう。

Screenshot_20200315-124448_Health.jpg
ヘルスケアのホーム画面です。


Screenshot_20200315-124459_Health.jpg
心拍数です。


Screenshot_20200315-124507_Health.jpg
睡眠分析です。


Screenshot_20200315-124519_Health.jpg
ストレス分析です。


Screenshot_20200315-124541_Health.jpg
体重は計っていません。(^^;


Screenshot_20200315-124532_Health.jpg
引きこもり中なので運動していません。


Screenshot_20200315-124559_Health.jpg
デバイスタブです。
まだ78%のバッテリがあるようですが、ここ2〜3日はは充電していません。

Screenshot_20200315-124616_Health.jpg
ウォッチフェースは好みに合わせて変更できます。

このような機能を持った、ヘルスケアアプリと連携できるスマートウォッチです。

GoogleのWearOSのようにアプリを追加したりすることは出来ません。

どちらかというと、スマートフォンのアプリ通知を音と振動で知らせることと、ヘルスケア・ライフログを集めることに特化したスマートフォンと考えるべきでしょう。

デザインがとにかく気に入っていて、バッテリーが超長持ちすることには大いに満足できました。

購入したらきっと満足できるスマートウォッチだと思います。

以上、参考まで。



posted by 62歳のガジェットオタク!? at 14:52| 山口 ☀| Comment(0) | WatchGT2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: