2019年08月24日

Galaxy Note9 マグネット式アルミバンパーは思った以上に精密に加工されていて問題はない!?

Galaxy Note9にアルミバンパーはどうなんだろう?

ということで、アマゾンでアルミバンパーを買ってみました。

IMAG0033.jpg

IMAG0031.jpg

IMAG0022.jpg

IMAG0028.jpg

IMAG0023.jpg

IMAG0026.jpg

IMAG0029.jpg
分離状態

アマゾンに投稿した感想

 ネジの無い磁石による表裏フレームの結合は初めてで心配しましたが、強力な磁力で軽くは分離しないがその気になれば簡単に分離できるというある意味理想的なものでした。艶消しのアルミのフレームの加工も精密に行われていて、合わせ面の隙間もほとんどない精度の良い感じを受けました。
 背面も確かに硬度の高いガラスのようで、プラスチックとは違った透明感と高級感があると同時に確実に表面処理も施されて適度に滑りがあって良い感じです。
 ボタン部分の作りも丁寧で押した感じも悪くないし、Sペンまわりの開口の作りも良くてペンの取り出しも比較的楽に行えました。
 コストパフォーマンスは高いし、艶消しアルミデザインが素晴らしいと思えるバンパーですが、バンパーの厚み分だけ幅が広がって持った感じがドシッとした感じのごつい板というイメージになることだけは理解して購入すると満足度は高いと思います。

以上、参考まで。



posted by 62歳のガジェットオタク!? at 19:28| 山口 ☁| Comment(0) | GalaxyNote9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: