2019年07月10日

Debian 10 busterで、軽量で高速と評判のLXQtを使ってみた!?

LXQtはLXDE(Lightweight Desktop Environment)をQtに移植したバージョンであるらしく、軽量で柔軟性があり高速だということで使ってみることにしてみました。

注:Qtとは、クロスプラットフォームアプリケーションフレームワークであるらしい。

Screenshot from 2019-07-10 16-27-20.png
壁紙自体は何も設定されていなくて不愛想だったので変更しました。

インストールは簡単です。

apt-get install lxqt task-lxqt-desktop

x-session managerの切り替えは

update-alternatives --config x-session-manager

ここで、/usr/bin/startlxqtを選択するだけです。

どんな感じか?

・普段はLXDEばかり使っていたので、画面が新鮮に感じる。
・特別に高速だとは感じない。

そんなところ。

まぁその日の気分でLXDEとLXQtを使い分けようかと思います。

ただそれだけのこと。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 01:00| 山口 ☁| Comment(0) | OMEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: