2019年07月05日

Windows10(October 2018 Update)+VirtualBox6.0.8+Debian9でデスクトップ環境を作ってみたら、とんでもなく快適でもうWindowsには戻れないかも!?

Kindle Fire HD 10でDebianをデスクトップ環境で使い始めたら思った以上に使い易かったので、メインに使っているゲーミングノート(OMEN by HP 15 207TX)で本格的に使うことを考えるようになって、環境を構築してみました。

用意したものは?

Windows 10(October 2018 Update)
 Windows 10(May 2019 Update)では、VirtualBox6.08で仮想マシンを起動できないようなので、ダウングレードした。
VirtualBox6.0.8
Debian9
 公式の安定版 (stable)リリース用 CD/DVD
 debian-9.9.0-amd64-DVD-1.iso

インストールは簡単か?

 VirtualBox6もDebian9も特別な知識がなくても簡単に日本語環境を構築出来ました。

どんな日本語環境か?

 Windowsに比べて画面に表示される文字がとにかく綺麗という印象が強い。
 日本語入力はmozc、ブラウザはChromiumまたはFirefox、音楽もビデオも鑑賞できる。
 とにかく使えるアプリが豊富で高性能なLinuxマシンだと思える。
 LXDEとGNOMEとKDEとを簡単に使い分けられる便利さ。

 Screenshot from 2019-07-05 15-16-13.png
 WindowsのOneDriveフォルダーを共有フォルダーにできる点は便利。

環境構築時に苦労しそうなところは?

 ・欲しいアプリパッケージをapt-getするには/etc/apt/sources.listの設定が肝心
  追加したアプリは、pitivi,kdenlive,geanyなど多数
 ・ホストOSとの共有フォルダーの設定には情報収集能力を試される
  VirtualBox Guest Additionsをインストールするには追加パッケージが必要
  apt-get install build-essential linux-headers-`uname -r` dkms
  共有フォルダーにアクセスするにはvboxsfにグループ登録が必要
  usermod -aG vboxsf <username>

まぁとにかく快適です。(*´▽`*)

このブログもこの環境で書いてみました。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 01:05| 山口 ☁| Comment(0) | OMEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: