2019年06月13日

FireHD10 Fireランチャーからのパワハラ・セクハラ問題を解消した!?

Kindle Fire HD 10を2台持ちしていますが、1台はroot化しないで使ってきたんですけど、これまでFireランチャーからのパワハラ・セクハラに悩まされ続けてきました。(*´ω`)

Fireランチャーのパワハラ・セクハラとは?

あたしは時々18禁の漫画や写真集を、本当にたま〜にですけど!?観たりするんですけど、その後でFireランチャーは無情にもおすすめメニューや本メニューを表示して、見てしまった本の表紙をこれでもかと表示してくるんです。

(*´Д`)やめて!

あんたはこんなもの読んでるよ!?って感じ。

あたし一人でFireHD10を使うのなら良いんだけど、奥方様だったり孫だったりが画面を開いた時にそんなものが表示されたらどう思われることか!?

これは、Fireランチャーによるパワハラでありセクハラだと思いませんか?

だから、人に見られないように注意しないといけません。(*´ω`)

この問題を解消するには?

追加のランチャーをンストールしてLauncherHijackというものを使っても、一瞬表示されることもしばしばあるのでこれはダメです。

ではroot化すれば良いか?

Rec-Onなどのユーザーの利便性を無視して開発されたアプリはroot化してしまうと使えなくなるのでroot化するのも駄目ですね。

なのでroot化することなく、Novaランチャーをシステムアプリ化して、Fireランチャーを無効化する必要があります。

では、どうやって解消したか?

Fire HD 10搭載のSoC(MT8173)の脆弱性を利用したmtk-suを使用して、一時的にroot権限を取得してNovaランチャーをシステムアプリ化して、Fireランチャーを無効化しました。

そのついでに、Novaランチャーでウィジェット配置許可も行いました。

具体的には?

以下の作業前に、/systemをリマウントして書き込みできるようにします。
その後/data/app/com.teslacoilsw.launcher-1というフォルダをまるごと/system/priv-appにコピーした後、フォルダ名をcom.teslacoilsw.laluncherにして、アクセス権を755に変更します。
その下にあるbase.apkというファイルのアクセス権を644に変更します。
libというフォルダのアクセス権を755に変更します。

adb push mtk-su /data/local/tmp
adb shell
cd /data/local/tmp
chmod 755 ./mtk-su
./mtk-su
UID/GID:0/0でプロンプトが#になったことを確認(ならなければもう一度./mtk-su)
mount -o remount -rw /system
cp -r /data/app/com.teslacoilsw.laluncher-1 /system/priv-app/com.teslacoilsw.launcher
chmod 755 /system/priv-app/com.teslacoilsw.launcher
chmod 644 /system/priv-app/com.teslacoilsw.launcher/base.apk
chmod 755 /system/priv-app/com.teslacoilsw.launcher/lib


しっかりとパーミッションも確認しておきましょう。

Screenshot_2019-06-13-17-31-41.png

そしてリブートします。

reboot

リブート後にシステムを変更しています、みたいなちょっと心配なメッセージは出ますが心配は無いです。

これで、Novaランチャーがシステムアプリになりました。!(^^)!

最後に、Fireランチャーを無効、ウィジェット配置を許可します。

adb push mtk-su /data/local/tmp
adb shell
cd /data/local/tmp
chmod 755 ./mtk-su
./mtk-su
UID/GID:0/0でプロンプトが#になったことを確認(ならなければもう一度./mtk-su)
pm disable com.amazon.firelauncher
appwidget grantbind --package com.teslacoilsw.launcher --user 0 

正常にパワハラ・セクハラから解消されたかどうかの判断は?

Novaランチャーのホーム画面を長押しして、設定ボタンから設定画面を表示した時に、デフォルトホームアプリの選択というところが「Lova Launcher」になっていれば、Fireランチャーの支配下からは外れています。

Screenshot_2019-06-13-17-25-20.png

本当にシステムアプリとして認識されているかは、Link2SDというアプリで確認できます。

Novaランチャー部分を長押しすると?

Screenshot_2019-06-13-17-24-55.png

システムアプリになっているからこそ、ユーザーアプリにするかと問われますよ。

これで、意地悪なFireランチャーからは解放されました。

やったぁ!(*´▽`*)!

やってみるのは自己責任でお願いします。

以上、参考まで。
posted by 62歳のガジェットオタク!? at 22:21| 山口 ☁| Comment(0) | KindleFireHD10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: