2017年09月06日

Intelの6コア12スレッドのハイエンドCPUについて考えてみた!?

IntelのハイエンドのCore i7で6コア12スレッドに限ったCPUの遷移を表にまとめてみました。

CPU コード名 発売 プロセス 周波数 PassMark値  取引価格
i7-980XGulftown  Q1'10 32nm 3.33GHz(3.60GHz) 8871 12000円
 i7-3960X Sandy Bridge E Q4'11 32nm 3.30GHz(3.90GHz) 12687 12000円
 i7-4960X Ivy Bridge E Q3'13 22nm 3.60GHz(4.00GHz) 13861 35000円
 i7-5930K Haswell E Q3'14 22nm 3.50GHz(3.70GHz) 13650 37000円
 i7-6800K Broadwell E Q2'16 14nm 3.4GHz(3.60GHz) 13627 46000円
 i7-7800X Skylake X Q2'17 14nm 3.50GHz(4.00GHz) 14529 46000円

プロセスを微細化し消費電力を抑える対策を進め、メモリの高速化を実現し、拡張機能を搭載してビデオエンコードなどの時間短縮に効果を発揮するように改良されてきたというのがあたし的な理解です。

それでもSandy Bridge E以降は、CPUの性能を評価する指標のひとつであるPassMark値を動作周波数と合わせてみてみると、ほとんど大差ないとしか見えないのはあたしだけ?(*_ _)

要するに、

6コア12スレッドのCPUは4GHzでのパフォーマンスは既に限界に来ている!?( `ー´)ノ

そう思っているあたしが選んだCPUは「i7-4930K」。

現在の取引価格はi7-4960Xの半額でPassMark値は3.9GHzで13066。

Ivy Bridge Eは正式にPCIe 3.0をサポートしているので最新のグラフィックスボードも大丈夫。

このi7-4930Kですが、

倍率は固定されていないので、動作周波数さえi7-4960Xと同じにすれば、それはもうi7-4960Xと変わらないパフォーマンスを発揮しますよ。

どうせ動作周波数を上げるのならと、CPUの倍率を42倍にして何日かベンチマークテストをやってみても何一つ問題が無いことを確認できました。

この時のPassMark値は、なんと「14990」。

2017-09-04 (4).png

最新のi7-7800Xのパフォーマンスを超えちゃいました。(*´▽`*)

CINEBENCH R15
2017-09-02 (6).png

やっと満足できるハイエンドPCになりました。

お粗末。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 10:09| 山口 ☁| Comment(0) | R4E(Rampage4Extreme) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: