2013年12月04日

Windows 8.1 Classic Shell 4.02 日本語化

Windows 8になってスタートメニューがなくなって使いづらいと感じていたところに「Classic Shell」というWindows 7同様のスタートメニューを使用できるツールが公開されました。

あれから一年余り経過して、現在の最新バージョンは4.02になってWindows 8.1に完全対応しています。

日本語化パッチも公開されています。

情報ソースはこちら

Windows 8.1標準では何とまぁ中途半端なメニューしか表示しませんねぇ。

original.png

Classic Shell 4.02では、Windows 7同様で使いやすいです。

001.png

スタートメニューを右クリックして以下の各種設定が可能です。

 

install.png

すべての設定画面をキャプチャしてみました(^^)↓

011.png

 
021.png
 
022.png
 
031.png
 
032.png
 
033.png
 
041.png
 
042.png
 
051.png
 
061.png
 
062.png
 
071.png
 
081.png
 
091.png
 
101.png
 
102.png
 
103.png
 
111.png
 
121.png
 
131.png
 
132.png
 
133.png
 

141.png

タッチノートのASUS Vivobook X202E-CT3317などではタイルメニューで起動しても良いですが、デスクトップマシンではやっぱりデスクトップで起動して従来同様に使いたいですよね。

従来同様にスタートメニューを使いたい人にお勧めです。

posted by 62歳のガジェットオタク!? at 11:03| 山口 ☁| Comment(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: